ベルメゾンの「ホットコット」は、ムレにくい綿混のあったか発熱インナー

ベルメゾンの「ホットコット」は、ムレにくい綿混のあったか発熱インナー

Posted at 11/08/31

»»

»»

»» Trackbacks(1)


ベルメゾン ホットコット

先日、名駅近くで開催されたリンクシェアカレッジというイベントで、ベルメゾンの秋冬イチオシのインナーウェアを見る機会がありました。それがこの、「ホットコット」シリーズ。
まだ残暑が厳しい時期だというのに、早くも売れ始めていて、購入者の評判も上々とか。
実は、私もこの記事を書く前に、自分用のと子ども用のを早々注文してしまいました♪



スポンサーリンク



ホットコットってなに?

ホットコット(hotcotto)は、コットン混在でやわらかな風合いとムレにくい着心地の、ベルメゾンオリジナル発熱インナー。ここ数年、いろんなメーカーから機能性インナー(発熱インナー)が出ていますが、化学繊維100%のものが多いんですよね。
私は汗を吸いやすく、肌触りのよい綿100%のインナーが好きなのですが、綿100%だと(発熱などの)機能性においては、化学繊維の発熱インナーに負けてしまいます。
「ほんとは綿が好きなんだけど・・・」と思いながらも、あたたかさを優先して、寒い時期は化学繊維100%の機能性インナーを選んでいる人、少なくないのでは?

ホットコットは、綿45%、アクリル30%、レーヨン20%、ポリウレタン5%(ストレッチ天竺)混紡素材で作られています。綿が45%入っているせいか、ふんわりとした柔らかい風合いで、化学繊維100%のインナーにありがちなツルツルした印象がありません。
コットンと化学繊維のイイトコ取り!という気がします。^^


発熱ウエアといえば化学繊維のものが主流です。でも、着たときひんやり冷たかったり、エアコンの効いた室内で汗をかくとムレたりしがちです。
そこでベルメゾンは、お客さまの支持が高い綿混にこだわりました。綿混のやわらかな風合いと、吸湿発熱機能によるあたたかな着心地。余分な湿気はウエアの外に逃がすからムレにくく、肌ざわりはいつもさらさら。からだの動きになじむ薄手のストレッチ天竺で、重ね着アイテムとしても活躍します。
(ベルメゾンの商品説明より引用)


化学繊維の発熱インナーよりも、約+1.7℃もあったかい

ベルメゾン ホットコット

触ってみると、生地は見た感じ以上にやわらかくて薄手。ストレッチが効いています。


ホットコット 温度測定グラフ

科学繊維100%の発熱ウェアと「ホットコット」の機能を比べた実験の結果、「ホットコット」は着用してから4分後には、化学繊維100%のものより約1.7℃あたたかいという数値が出たそうです。
グラフを見ると、温度の上昇率も高く、また、いったんあたたまった後の温度の下がる率も化学繊維のものに比べ、ホットコットはゆるやかに下がっていくということがわかります。

余分な湿気はウェアの外に逃がすからムレにくく、暖房で汗をかいてもしっかり吸収してくれるので、着心地はいつもさらさら、とのこと。


タートルネックの長袖インナー&くしゅくしゅ袖インナー

ベルメゾン ホットコット 着画

上写真は、ベルメゾンの女性スタッフの方が、綿混あったかくしゅくしゅ袖インナー(ホットコット)を着用しているところ。(許可を得て写真を掲載しています。)

襟ぐりはけっこう広めで、鎖骨が見えるくらい。ブラキャミのレースがちらっとのぞく深さです。袖口に指(親指)を通せる仕様になっているので、手の甲までしっかりあたたかさをキープできそう。親指を通したくないときは普通に手首を出して、袖口をくしゅくしゅっとさせておけばOK。着丈が長いので、かがんでも背中が見えないのもいいですね。

肌着ぽくないデザインなので、インナーとしてだけでなく、普通にトップスとして着ることもできます。でも、身ごろはかなりぴたっとした感じで、上写真の彼女はスリムだから素敵だけれど、私が着たらお腹がぽこっと出ちゃわないかしら・・・?と、実は少し心配になりました。(^^;
ボディラインが着になる場合は、重ね着のインにすればばっちりだと思います。薄手で、重ね着ししやすそう。シンプルなデザイン(無地or細ボーダー)だから、ベストのようなものや、半袖のアウターを合わせて、レイヤードスタイル楽しむのも良さそうです。


よりあたたかさを求める方には、綿混あったかタートルネック長袖インナー(ホットコット)がおすすめ。(一番購入者レビュー数が多く、評判がいいのはこのタートルタイプだそう。)
タートル部分が長めなので、くしゅくしゅさせて、温かさを逃がさずキープできるそうです。

いずれも価格は990円(税込)なのですが、2点買えば1点あたり940円(税込)、3点以上で1点あたり890円(税込)と価格が下がるので、まとめ買いがおトクです。
一般的な機能性インナーよりも安めだから、洗い替えや家族の分を買うのもいですね。
まとめ買いは同じ商品でなくとも、同価格のホットコットシリーズから自由に選ぶことができます。長袖インナーだけでなく、半袖インナーもありますし、レギンスもありました。
(※ベルメゾンは合計5,250円以上のお買い物で送料無料です。)

私は長袖タートルのブラック系ボーダー(下写真)を1着と、くしゅくしゅ袖インナーのブラックを1着、合わせて2着を購入しました。(購入者の口コミを読むと、サイズで迷ったら大きい方を選んだほうが良いという意見が複数あったので、普段M~Lサイズの私はLサイズを注文しました。) 届いたら、またレビューを書きたいと思います。


▼枠内の商品は組み合わせてまとめ買いOK


綿混あったかタートルネック長袖インナー(ホットコット)
首元まであたたかいタートルネック。タートル部分、丈とも長めであったか。

ボーダーカラー3色、無地7色の豊富なカラーバリエーション。

価格990円
(2点買えば1点あたり940円、3点以上買えば1点あたり890円)

綿混あったかくしゅくしゅ袖インナー(ホットコット)
首周りが広いのでアウターにひびかない。
指が通せるので手先まであったか。

ボーダーカラー3色、無地7色の豊富なカラーバリエーション。

価格990円
(2点買えば1点あたり940円、3点以上買えば1点あたり890円)

綿混あったか八分丈レギンス(ホットコット)
すっきり着られる8分丈。レギパンとしても履けます。

ボーダー系2色、無地3色の5色展開。

価格990円
(2点買えば1点あたり940円、3点以上買えば1点あたり890円)

綿混あったか長袖インナー(ホットコット)
使いまわしやすいシンプルな長袖。

ボーダーカラー3色、無地7色の豊富なカラーバリエーション。

価格990円
(2点買えば1点あたり940円、3点以上買えば1点あたり890円)


そのほか、組み合わせはできませんが、キッズ用やメンズ用のホットコットもありました。

icon
icon

子ども用(男女兼用): 綿混あったかタートルプルオーバー(ホットコット)
icon


icon
icon

メンズ: 綿混あったかVネック長袖インナー(ホットコット)
icon


▼ベルメゾンのあったか生活特集はこちら
ベルメゾンネット


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


この記事は楽しんでいただけましたか?
ツイッターでもお得情報などつぶやいています。
warashibeをフォローしましょう  My Yahoo!に追加 



試してみました(レビュー)の最新記事5件

プロフィール

管理人ayanイラスト画像 ・ H.N : ayan
 ・ 居住地 : 愛知県
 ・ 年齢 : 30代後半
 ・ 家族 : 夫と娘2人
 (小学生)、ネコ1匹。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています!

>>> 詳細プロフィールはこちら

 warashibeをフォローしましょう

カテゴリ

人気記事

月別アーカイブ

あわせて読みたいブログパーツ

ブログタイムズ