こんなスリッパ欲しかった! ディアフォームズのルームシューズ

こんなスリッパ欲しかった! ディアフォームズのルームシューズ

Posted at 12/10/24

»»

»»

»»


dearfoams(ディアフォームズ) ルームシューズ

アメリカのスリッパブランド「dearfoams(ディアフォームズ)」のとってもかわいいルームシューズをいただきました。ニット地&ファー使いで、見るからに暖かそうです。
ポンポンもついていて、いかにもアメリカらしいかわいいデザイン♪

ディアフォームズは、日本にはこの秋初上陸だそうですが、アメリカ国内では年間3千万足の販売実績があり、"ルームシューズと言ったらDearfoams"と言うくらい有名なのだとか。


スポンサーリンク


*

【dearfoams】 ディアフォームズ

アメリカのスリッパブランド"ディアフォームズ"は、1947年に極上の履き心地を目指した低反発クッションのスリッパを誕生させてスタート、スリッパのほかタオル地のサンダル風スリッパなどカラフルでおしゃれなルームシューズもラインナップ。

アメリカンドラマの登場人物が履いてそうですよね~。(妄想?)


DSC01653.JPG

私のは、ルームシューズフェアアイルニットクロッグ fair isle clogというデザイン。
雑誌「Mart」でも紹介されたことがあるそうです。

このルームシューズの魅力は、見た目のかわいさだけではありません。インソールには、Dearfoamsが独自に開発した低反発状のフォームを使用しているので、履き心地がほんとにいいんですよ。履いていてこんなに快適なスリッパって初めてです、私。
ゴム底があって、低反発フォームがあって、その上にニット地なので、足裏が床(フローリング)から遠く、床の冷たさや硬さが伝わってこないのがいいな、と思いました。


dearfoams(ディアフォームズ)のラインナップはどれも可愛いと思うけれど、個人的にはこのフェアアイルニットクロッグがナンバー1だと思っています。^^
(ブーツタイプやモカシンタイプも可愛いとは思うけれど、ルームシューズとして考えると、ちょっと脱ぎ履きが面倒かも...と思っちゃいました。でも、くるぶしまで包んでくれるから、暖かさはブーツタイプのほうが上だろうな~。)


DSC01677.JPG

素材アップ。色違いもあります。(Black、Peacoat、Sandshell、LighHeatherGrey、Cayenne)


DSC01644.JPG

裏側はゴム底になっているので、すべりにくく、丈夫そう。


DSC01649.JPG

スリッパとルームシューズの違いって、「かかとがあるか、ないか」なのでしょうか・・・?
このルームシューズは、つっかけて履くスリッパみたいなのですが、実はちゃんとかかとがあります。低いですが、かかとはちゃんとホールドされた状態になります。
なので、歩いてもカパカパしないし、フィット感があって、スリッパと足の間にほとんど隙間ができないので、普通のスリッパに比べてかなり保温性がいいんじゃないかなーと思いました。なんかこう、包み込まれているような感じなのです。

S(約22.5~23cm)、M(約23.5~24.0cm)、L(約24.5~25cm)と、サイズが3つあるので、自分に合ったサイズを選ぶのがポイント。(かかとのあるデザインは特に。)
ちなみに、私は普段の靴サイズが23.5cmで、Mサイズを選びましたが、ジャストサイズでした。

dearfoams(ディアフォームズ)のルームシューズはオンラインショップ・イルビアンコで購入可能。

価格は税抜1,900円~3,800円(商品により異なる)ですが、主流は2,000円前後。
可愛くて暖かいルームシューズは、これからの季節の贈り物にも喜ばれそうです。


[この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています]


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


この記事は楽しんでいただけましたか?
ツイッターでもお得情報などつぶやいています。
warashibeをフォローしましょう  My Yahoo!に追加 



おうち暮らしを楽しむの最新記事5件

プロフィール

管理人ayanイラスト画像 ・ H.N : ayan
 ・ 居住地 : 愛知県
 ・ 年齢 : 30代後半
 ・ 家族 : 夫と娘2人
 (小学生)、ネコ1匹。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています!

>>> 詳細プロフィールはこちら

 warashibeをフォローしましょう

カテゴリ

人気記事

月別アーカイブ

あわせて読みたいブログパーツ

ブログタイムズ