目指せ☆ネットでわらしべ長者HOME > ayan流・サイト運営のヒント


11 ) 3つの能力

どのようなサイト運営をするかによって、webマスターに求められる能力の比重は変わってきますが、サイトを作成・運営していく上で、欠かせないと思われる3つの能力があります。それが、以下のものです。

・ 情報処理能力
現代社会はインターネットのおかげで、欲しい情報を探すことにさほど苦労しません。それよりも、情報の洪水の中で必要な情報を取捨選択する能力が、より求められるのではないかと思います。
つまり、「情報を得て、自分なりにフィルタリングし、まとめる」という能力です。
長い文章を読んで概略をまとめたり、誰かの話を簡潔に要約できるというのも、この能力でしょう。
この能力を鍛えないと、必要な情報を探し出すのに時間ばかりかかってしまって、ちっとも作業がすすまないという状態に陥ります。


・ 構成力
何かを作リ始めるするときに、その完成予想図がイメージできているのといないのでは仕上がりがまったく変わってきます。
家を建てるときには、必ず全体の設計図を描いてから作業に移るように、自分が作ろうとしているもの・組み立てようとしているものの全体図を頭に置いて、作業にかかるようにしましょう。

サイト全体に対しての構成力ももちろん必要ですし、一つ一つの文章に対しての構成力も必要だと思います。(例えば、ブログでひとつのエントリを書く前に、書き出しから結びまでが頭のなかでイメージできていること。)

・ 発想力
何もものすごく変わった画期的なアイデアを出しましょう、ということではありません。「こんなものがあったらいいのに。」「こんな企画をやってみたら面白そう!」という、ちょっとした思い付きに、骨組みを与えて、形にしていく作業のことです。
発想力の源は、それまでに自分の頭の中に蓄積されてきた情報です。
インプットなくして、アウトプットはありえません。
常に頭を使うように意識していると、発想力が鍛えられるはずです。


などとなんだか偉そうに書いてしまいましたが、この文章を書くきっかけになったのは、夫のこちらの文章です。
夫は「デザイナー」の場合について書いておりますが、サイト運営を含め、クリエイティブな作業をする以上、この3つの能力は絶対必要なものだと思います。

   参考にした文章:「ayanpaのでら偏見 デザイナーの条件
(別ウインドウで開きます。)


(書いた日: 2005/6/3)
 視点の切り替えへ進む


目指せ☆ネットでわらしべ長者HOMEに戻る