大量当選ネット応募懸賞 へっぽこ調理師のごはんレシピ お試しレポート 節約生活 ネットでお得 アフィリエイト

ネットでわらしべ長者HOME > 中古一戸建て 購入体験記 > 掘り出し物の家、見っけ!

 掘り出し物の家、見っけ!

住宅ローン仮審査の結果を待っていたとき、不動産屋さんから電話がありました。いわく、「ご希望の条件に近そうな物件がでてきそうです。」
ん? 「出てきた」じゃなくて、「出てきそう」ってどういうこと?

詳しく聞いてみると、私が先日住宅ローン仮審査を申し込んだ信用金庫で過去にお金を借りて家を買った人がいるそうなのですが、その方のローン返済が滞っているのだとか。詳しい条件などは忘れてしまったのですが、要するに、催促をしてもあと○か月以上返済がないと、抵当権を持っている信用金庫側で、その物件(家)を売る措置が取れるそうなのです。
その措置に入りそうな物件が、私たちの希望に近いのではないか?ということで、不動産やさんは電話をくれたのでした。
(ほんと、金融機関と不動産屋さんのパイプって太いんですねぇ。地元の昔ながらの不動産屋さんなのと、地元の信用金庫だから、余計に・・・なのかもしれないけど。)

「ローンが焦げ付いて、信用金庫に家を処分される」というのは、今その家に住んでいる人から見れば、非常に不本意なことのはず。自らの意思で中古住宅を手離す(売る)人とは、全然状況が違うと思うのです。
「競売(けいばい)」ではないとはいえ、まっさらな物件ではないから、「現在の住人が立ち退きにゴネたらどうなるの?」「夜逃げみたいになってしまったら、荷物の処分などは誰がするの?」と、少しだけ気になったのですが、その物件がすごかった!

広〜い土地(100坪超)、築浅(築5年くらい?)の綺麗で大きな家、駐車場は5〜6台分以上あり、部屋数も多い。
価格は2,300万くらいという話だったので、私たちの希望予算(2,000万未満)をオーバーしているけれど、この条件なら300万くらいオーバーしていてもアリなんじゃないか、と思えてきました。
2,000万円程度では、もっと狭くて古い家しか無理と思っていただけに、「こんな(広くて新しい)家に住めるかもしれないんだ」と思うとテンションが一気に上がってしまいました。

でも、マイナス面もありました、その家は、「市街調整区域」にあり、10年以上住まないと、家の建て替え等ができないこと。かなり市街地から離れた辺鄙な場所にあり、セカンドカーを買わないと買い物にも困りそうなこと、子どもの通う小中学校もずいぶん歩く必要がありそうなこと。

今になって考えてみれば、デメリットが多い(というより、私たちのニーズからずれている、手に余る)物件だったのですが、そのときはとにかく敷地の広さと家の新しさに目がくらみ、「この家を見逃す手はないのでは!?」という心境になってしまっていました。
「これを逃したらこれ以上の物件はもう出てこないのでは?」という焦りが冷静な判断力を鈍らせて、買い物が不便ということも、小中学校がかなり遠いということも、「たくさん歩くのは健康にいいしね、足腰が丈夫になるよ。」と、無理やり納得しそうになっていました。


(2011/10/13 記)

 今の家を見て、目が覚める


▼中古一戸建て 購入体験記INDEX




・ 生命保険を見直しましょう!
・ 引越し業者の見積もり
・ 住む予定の町を知る
 (ベネッセウィメンズパーク)
・ リフォーム
・ インターネットはどうする?
(プロバイだ変更? 見直し?)

▼引越し後の家具購入
・ ニッセン、ディノス、無印、ニトリ
(家具、カーテン、床材、マット)



大量当選ネット応募懸賞 へっぽこ調理師のごはんレシピ お試しレポート 節約生活 ネットでお得 アフィリエイト

目指せ☆ネットでわらしべ長者HOMEへ戻る