目指せ☆ネットでわらしべ長者 > 出費を見直してみよう!

INDEX
00 ) はじめに
01 ) 保険の見直し
02 ) 自動車保険の見直し
03 ) クレジットカードの見直し
04 ) コンタクト代を見直し










クレジットカードを見直してみよう!
  質問 :   あなたはクレジットカードを何枚持っていますか?
私の答え:  3枚持っています。(夫名義のも別にあります。)

一昔前、クレジットカードを持つことは悪い習慣で、クレジットカードなんか使っているようでは貯金なんてできないよ、という考えの方が多かったように思いますが、昨今はあまりそう言った偏見はなくなりましたね。思うに、インターネットの普及が、その大きな要因ではないでしょうか。

はっきり言ってクレジットカードはお得で便利です!
確かに使い方を誤るとトラブルのもとになりますが、それは包丁だって、灯油ストーブだって同じこと。賢く正しい方法で使用すればこんなに便利でお得なものはありません。

クレジットカード会社の儲けは、どこから出るのでしょう?
まず、販売店ではクレジットカード利用による売り上げの数パーセントを、クレジット会社に納めます。(なので、その数パーセントを納めなくても済む現金払いを、店側は喜びます。本音はすべてのお客様に現金で支払って欲しいのだろうけど、カード払いを受け付けることで支払い方法の選択肢を増やし、お客さんを呼び込めるので、導入しているのだと思われます。)

私たち消費者は、クレジットカードを使おうが、使わまいが、1000円のものを買ったら1000円を支払うだけですから、この理屈では、クレジットカード会社は販売店からの儲けしか得ることができません。
ではクレジットカード会社の儲けは、販売店からだけなのでしょうか?
そんなことありません。(そんなんじゃやってられません。)

その秘密は、リボルビング払い(分割払い)です!
ご存知のように、リボルビング払い(分割払い)は月々の返済額が安いので、一見消費者にありがたいシステムのように思えますが、このリボ払いでは返済に対して金利がかかってきます。つまり、この金利がクレジットカード会社の儲けになるわけです。

私はインターネットショッピングでよくクレジットカード払いを利用しますが、絶対に一括払いしか利用しません。トータルで払うお金が多くなるのは馬鹿馬鹿しいからです。私はクレジットカード会社にとってはありがたくない(うまみのない)お客さんってことになるんでしょうけど(笑)

その他、クレジットカードにはいろいろなメリットが付いてきます。例えば、イオンカードは、ジャスコなどのイオン系列のお店で毎月19・20日に 5%割引でお買物ができます。この特典だけを利用する、というのももちろんOK!

またポイントを貯めてキャッシュバックできたり、豪華景品と交換できたりするサービスも多くのクレジットカードでやっています。これだけカード会社が増えると、どこも自分の会社のカードを利用してくれるお客さん獲得に必死なんですね。だから、各社いろんな「うまみ」を呈示して、カードを作ってもらおうとしてます。(もちろん本音は特典だけ利用しようとする賢い顧客ではなく、リボ払いをしてくれるオイシイ顧客が欲しいわけですが)

その他、レストラン利用や、ホテル宿泊、プロバイダ料金の支払いなどで、クレジットカードを利用すると割引が受けられたり、海外旅行の際の保険が標準で備わっていたりと、おいしい面がたくさんあります。

いろいろとクレジットカードの利点を書きましたが、クレジットカードを手にしたら調子に乗ってどんどん買い物をしてしまうという自覚のある人は、使わないほうがいいです。何のメリットもありません。(クレジットカード会社には、うまみのあるお客さんってことになりますね。)

ウチの妹なんか、クレジットカードで買い物をしたら、その分のお金を当月分の家計費の中から抜き出して、封筒に入れておき、銀行に行ったついでにそれを口座に入れてくるのだそうです。こうすることで、お金を使った実感が残りますし、家計簿の帳尻も合います。


ところで、クレジットカードの年会費って結構もったいなかったりしますよね。「年会費無料!」と書いてあっても、よ〜く読むと「初年度年会費無料」で2年目以降は1,000円〜10,000円の年会費がかかります、って書いてあったりします。(絶対小さく書いてあるんです、こういう部分は。)

例外もありますが、ほとんどの場合カードの年会費はもったいないもの。
年会費永久無料のカードでもお得なものはちゃんとあるんです。

下記に紹介したカードは、いずれも年会費無料のものばかり。
もしあなたが、特典目当てで複数の年会費有りのカードを使い分けているのなら、有料カードは一枚にしてそこで集中的にポイントを貯め、あとの特典(割引など)は無料カードのサービスで恩恵にあずかる、という使い方がよいのではないかと思います。

私自身が持っているクレジットカードのうち、年会費有料カードは1枚だけ。
これは航空会社のマイルをためるために利用しています。あとの2枚は無料カードです。こちらは特典利用として考えています。

(そして裏技。ネットショッピングにしか利用しないカードは、事故防止の意味もかねて、私はカードにはさみを入れてしまっています。これが良いのか悪いのかわかりませんが、ネットでカード番号を打ち込むのには困りませんし、実際の財布に入れて持ち歩いているのは別の1枚だけですので不自由は感じません。)


▼私自身も利用していておすすめできるお得カードを紹介。

☆★ネットでのお買い物も公共料金のお支払も楽天カード!★☆  



、「楽天カード」は楽天市場でお買い物をされる方なら、作らなきゃソン!と思えるほどメリットの多いお得なカードです。
入会金・年会費永久無料のうえ、入会時に楽天ポイント2,000ポイント(2,000円相当)がもれなくもらえます♪
楽天カード入会で楽天スーパーポイントが2,000ポイントもらえる!

入会時の楽天ポイントプレゼントも嬉しいですが、それ以外にも楽天カードはメリットがいろいろあります。特に、楽天市場をよく利用される方にとってはお得度たっぷり! 以下に楽天カードの特典詳細を転載しますね。


入会時の楽天ポイントプレゼントも嬉しいですが、それ以外にも楽天カードはメリットがいろいろあります。特に、楽天市場をよく利用される方にとってはお得度たっぷり! 以下に楽天カードの特典詳細を転載しますね。


1. 入会金・年会費は永年無料

2. 入会者に楽天スーパーポイント2,000ポイント進呈
入会された方全員に楽天スーパーポイント2,000ポイント(2,000円分)をプレゼントしています。

3. VISA加盟店やJCB加盟店ならどこでもポイント1%分還元
世界3,000万店以上のVISA加盟店(JCB加盟店1,200万店以上)と提携しているので、世界中のどこで使っても楽天カード利用ポイントとして、100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント(1%)貯まります。

4. 楽天グループの利用ではポイント2%分還元
楽天グループの利用では、楽天会員登録を用いてのお買い物や各種サービスのご利用で貯まる楽天スーパーポイント(原則1%)に加え、上記の楽天カード利用ポイント(1%)が加算され、合計2%分のポイントが貯まります。

5. 安心の各種保険
海外旅行での万が一の事故に備えた「海外旅行傷害保険」、カードの紛失や盗難などの思いがけないアクシデントにも安心の「カード盗難保険」、インターネットショッピングでも安心してご利用いただける「ネット不正あんしん制度」を付帯しています。

このなかで私が「嬉しい!」と思っているのは、4の「楽天グループの利用では2%分還元」というところ。つまり、楽天カードで1万円の買い物をすると、通常は100円のポイントがつくのですが、楽天グループ(楽天市場)でのお買い物の場合は200円分のポイントがつくことになるんです。

私はお米やコーヒーなど日常的な必需品は楽天市場で買うことがほとんどなので、このポイント2倍システムは嬉しい! それに、ときどき開催される「ポイント5倍」や「ポイント10倍」キャンペーンを狙って買いものをすれば、かなりポイントも貯まるんです♪ 
楽天ヘビーユーザーなら、(ヘビーユーザーでなく、ときどき利用する程度という人も)楽天カードを作らなきゃもったいない、とさえ思ってしまうほど。


セキュリティ面においても、カード利用をメールでお知らせしてくれるサービス(万一不正利用されても早期発見が可能になります)があったり、海外旅行中の病気やケガを補償する海外旅行障害保険がついていたりと、私たち利用者にとって嬉しい・ありがたい機能が満載。
(私も実際に利用してみて、この「カード利用お知らせメール」ってすごく安心するな…と実感しています。)

楽天市場の利用頻度はともかく、作って損はないカードだと思います。




くれぐれも、節度ある計画的なご利用をおすすめします。
クレジットカード会社を儲けさせるのではなく、私たち消費者が、自分にとってメリットのあるサービスだけを賢く利用するのが、「賢いお得」です。


※消費者金融・キャッシングなどは、私自身が利用していないので、このサイトにも掲載していません。理由は節約主婦に向いているサービスだと思えないからです。

「目指せ☆ネットでわらしべ長者」に戻る

当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/1/1 「目指せ☆ネットでわらしべ長者」 All Right Reserved.
URL: http://warashibe.info/