家計はざっくり把握できればOK

私はかなりおおざっぱな性格です。サイト運営をしていると「マメですね」と言われることもあるのですが、好きなことに対しては人間誰でもマメに取り組めるものです。それに対して、日々の細かい雑事に関しては、私はずいぶんアバウトな正確だと、自分で思っています。

家計簿もつけてはいますが、とてもシンプルなものです。
以前は、各項目がきちんと分けられていて、食費の中にも「肉」「魚」「野菜」etc・・・と細かい分類がしているタイプの家計簿を使っていましたが、
1年ほどそれを使ってみて、自分は細かく記入することがめんどうだと感じること、そして、せっかく詳細を記入しても書くだけで満足してしまい、そのデータを何にも生かせていないということに気づき、詳細記入をやめてしまいました。

いまは、1か月分の生活費を、「生活費」、「食費」、「臨時用」の3種類に分けて予算管理をする、ということだけをしています。

「生活費」:洗剤、ティッシュ、衣料品、交通費、デジカメプリントerc・・・
「食費」: 主食(米)、食品全般、おやつ、ドリンクetc・・・
「臨時用」: 交際費、香典、ギフトなど

買い物の記録も、細かい品名は記載しません。
「△△スーパー(食品) ****円」、「××ドラッグ(洗剤、おむつなど) ****円」などとだけ、書いておきます。電気代や水道代などのおしらせの紙は、そのままページに貼り付けています。



私が使っているのは上の「金銭出納帳」です。子どものころにつけた「おこづかい帳」のように、月日、摘要、収入、支出、残高の欄があるだけの、ごくごく単純なものです。100円位で売られています。 このノートに、毎月「メモ書きのページ」「食品のページ」「生活費のページ」を設けて、下のようなかんじで、引き算で実際の買い物をメモしていきます。

○月分食費のページ
月日 摘要 収入金額 支出金額 差引残高
△月△日 夫給与より、食費として 30,000 30,000
△月△日 ××スーパー(食品) 3,880 26,120
△月△日 ○○肉店(肉) 1,000 25,120
・・・

こんなかんじで、毎月「食費」「生活費」として決めた予算の中でうまく収まるように・・・と考えながら買い物をします。私は、細かい品目記載をやめたことで、却って家計全体のお金の流れを把握できるようになりました。

もちろん、細かい品目を記載して、それを底値表として利用し、今後の買い物に生かすことができるタイプの方もいると思いますので、どのやり方が向くかは人それぞれでしょう。どれが正解というわけではなく、自分に適した、続けることにストレスを感じない家計簿のつけ方をするのが一番だと思います。

スポンサードリンク


自分の体の状態を知ることが健康管理には大切なように、自分の家計を(大雑把な流れでかまわないので)把握することが、節約生活の第一歩だと思います。
だいたい自分の家族がひと月いくらくらいで生活をしていけるのか、年間を通して、車検やボーナス月のローン返済など、大きな臨時支出にはどんなものがあるのか…

1円・10円単位の細かい情報で、混乱してしまったり、家計簿をつけることをストレスだと感じてしまうくらいなら、多少アバウトでもいいから、ざっくり全体のお金の流れ(いくら入ってきて、いくら使って生活をして、その結果いくら貯金できているのか)を把握し、それをパートナーと話し合いましょう。

私はよく夫に「今月は、子どもの洋服を買ったせいで生活費があと○○円だよ。」とか、「今週は実家から野菜を送ってもらったから、1回しかスーパーに行かなくて済んじゃった。」などと話をします。
夫は「ふーん」と言う程度の反応しかしませんが、「協力して家計のハンドルを握っている」という感覚を持ってもらうことで、夫婦の経済感覚を近づけることができると思っています。(やりすぎないように、ほどほどに…。)

夫婦の経済感覚(お金に対する価値観)が近いということは、快適な節約生活を送る上で、とても大切な要素だと思っています。毎月の貯金額をふたりで確認するたびに、「数年後にはこんな家に住みたいね、そのためには・・・」と、わくわくしながら将来の計画を話し合えうことができるのです。

スポンサードリンク
PAGE TOP ↑