HOME | はがき懸賞 | 懸賞サイト一覧 | 大量当選懸賞 | オークション | バナー広告収入 | ポイント獲得 | | サーバー比較 | ホームページ作成 | わらしべ日記 | コラム | 掲示板



アフィリエイト(バナー広告を自分のサイトに置いて広告収入をGET!)

すでにアフィリエイトの仕組みは知ってるよという人はこちら
アフィリエイトって何? ほんとにお金になるの?
オークション・懸賞より稼げる! 仕入れも発送も不要! 
そんなおいしい話ってあるの?


私もつい最近までそう思っていた一人でした。うまい話には裏がある、というわけじゃないですが、ちょっと怪しんでいたことは事実です。でも、このアフィリエイトというシステムは、企業側にとっても、サイト運営者にとっても、お互いにメリットのある実に合理的な方法なのです。
「アフィリエイト(Affiliate)」という言葉は「提携する、加盟する」といった意味で、商品やサービスを販売している広告主とホームページを運営している個人や企業のサイトが、バナー広告掲載を通して業務提携することを意味します。
例としてテレビのことを考えてみてください。当たり前のことですが、視聴者はお金を払わずに人気ドラマやバラエティ番組を楽しめます。これはなぜかと言うとテレビにはコマーシャルと言うものが必ずあり(*NHKは除外)、その広告収入でテレビ番組が放映されているからです。(そんなこと知ってるよと!と言われちゃいそうですが・・ものの例えですので。)

視聴者 テレビ局 スポンサー(広告主)
無料で番組を楽しめる
広告を見せられていると言う感覚がない
新商品の情報を入手できる
CMの商品に興味を持ち購買
スポンサー(広告主)の宣伝をする
人気のある番組を作れば大手スポンサー
が付き高額報酬がもらえる

自分の番組に人気がなければスポンサーが付かない
人気のあるテレビ番組に広告を出すことで自社製品・サービスの認知度アップ
自社でいちから宣伝をすうることなく、すでに人気のあるテレビ番組の宣伝力を利用できるので効率の良い販売促進ができる

あなたのサイト(ホームページ)はこのテレビ局に該当します。
人気のあるサイトを作り、そこで特定の企業の商品やサービスを紹介することで、あなたにその企業(提携クライアント)から紹介料としての報酬が入ります。この報酬と言うのは、【1】その広告(バナー)が何度表示されたか(=何人の目に触れたか)、【2】その広告が何度クリックされたか、【3】その広告を経由して何人の人が商品を購入またはサービスを申し込みしたか、という3種類が現在の日本での主なパターンです。

このうち【1】【2】はアクセス数のよほど多いサイトでないと効率よく稼ぐのは難しいと言えるでしょう。新しくアフィリエイトを考えてサイトを立ち上げようという方には【3】の報酬体系(=定率報酬または定額報酬といわれるもの)が一番利用しやすく、かつ利益のでるタイプだと思われます。
これは総アクセス数が少なかろうがとにかく自分のサイトの広告を経由していって、相手先企業のサイトで商品購入・サービス申し込みをしてくれれば決まった額の報酬が入ってくるという仕組みです。
定率報酬 自分のサイトの広告を経由して、第三者が提携先企業にて商品を購入した場合、その購入金額の数パーセントが報酬として支払われます。
例えば「楽天ブックス」では5%という定率報酬を採用していますので、もし第三者が2000円の本を購入した場合、100円の報酬ということになります。このパーセンテージは各企業によって異なります。
定額報酬 第三者の購入金額にこだわらず、利用に対して一定の報酬が支払われます。
高額商品を扱う企業の場合(*たとえば通信教育会社、お見合い斡旋会社、クレジットカード会社など)は報酬が数千円~1万円以上といったところも珍しくありまません。こういった企業は、それほどに顧客獲得に苦労しているわけですね。でもまあ、一旦顧客になってくれればたくさんのお金を落としてくれるということですから、これだけの報酬を支払えるのでしょうね。
また、第三者が提携先企業でお金を使わなくても(*たとえば懸賞などのメルマガ会員y、無料の資料請求)、数十円~数百円の報酬が発生するところもたくさんあります。やはりお金を使ってくれる人を獲得するのは難しいですが、こうした無料会員登録などはわりと登録していく人が多いのでおすすめできます。単価は低いですが、ちりも積もれば・・・ということですね。

アフィリエイトは上記の「視聴者→テレビ局→スポンサー」の図を見てもらえば分かるように、三者ともにメリットがあります。
ここに「Win Win シチュエーション」と呼ばれる相互利益の構図が成り立つわけです。(両者、この場合は三者に利益があるの意)あなたが人気のあるサイトを運営すれば、おのずと人・お金が集まってくるという理屈がお分かりいただけたでしょうか。

でもサイト(ホームページ)運営なんてとてもじゃないけど私には無理?
そんなことないですよ! かくいう私もほんのすこし前までインターネットといえばメールとオークションと通信販売くらいしか利用していませんでした。
アフィリエイトのためのサイト運営といっても、必ずしも私のようないわゆる「お小遣い系」のサイトにする必要はありません。どんなジャンルのサイトであろうとも、ものを言うのは、あなたがその分野においてどれだけの知識を持っているかということに掛かっています。

例えば、お料理が得意でしたらお料理情報のサイトを作り、そこにAmazonのキッチンウェアの個別商品リンクを貼って紹介するという方法が考えられます。(これで3~5%の報酬)
本が好き、という方でしたら自分の読後感想や批評・採点などを添えた本の紹介ページなんてのもいいですね。そこで管理人(あなたです)によるベストテンとかを作ったりすると、好みの本の傾向が似ている人たちが常連になってくれる可能性もあります。商品写真は楽天市場の個別商品リンクを使用すれば、5%の報酬です。
時々広告のバナーをこれでもか、と言わんばかりにペタペタと貼っているサイトがありますが、あれではクリックしようかという気も起こりにくいです。
画像を多用することでページが重くなり表示されるのに時間がかかってしまいますし、なによりページ自体にあまり魅力を感じません。目もチカチカして疲れます。ただでさえパソコンの画面を長時間眺めるというのは(本人は気づかなくとも)ストレスを与えるものですから。


自分が見るほう(買うほう)の立場になってみればおわかりかと思いますが、ただ商品写真と商品名と価格が載っているだけのそっけない広告よりも、「私はこれを使ってこんなよいことがあった」だとか「いままでは○○だったのが△△になった!」とかいう体験談が載っているほうが購買意欲をそそられますよね。特に私は雑誌のダイエット関係の特集で「○○キロやせました」とか「今まで何をやってもやせられなかった私でもできました」というような写真つき体験談が載っているのにヨワいですね(笑) 
でも気をつけないと、何でもかんでもべた褒めすれば良いというものではありませんよ。あくまでも、あなたが本当に良いと思って薦めているものでないと信憑性がありません。あなたのサイトを気に入って訪れてくれる人ちはあなたのいうことを信用して買うわけですから。

目先の利益のみではなく、長く続けていこうと思ったらやはりサイト訪問者のことを一番に考えたサイト作りを心がけるべきでしょう。私がよく訪問しているサイトでも、管理人さんの人柄が伝わってくるようなサイトはアクセスが多く、リピーターも増え、その結果として広告収入も付いてきているという印象を受けます。
逆に広告収入を意識しまくっているサイトは肝心のコンテンツの充実を図っていないせいか、アクセスが減る傾向にあると思います。サイト訪問者は広告を見にあなたのサイトにやってくるわけではなく、あくまでもコンテンツ(内容)を観にやってきてくれるのだということを忘れないようにしましょう。

それではどうやって実際にアフィリエイトを始めればよいの?
アフィエイリト・プログラムは多数あれど、その性格は企業により異なり、一長一短な面があると言えます。
こちらに私の登録しているアフィリエイト代行会社をリストアップしてみましたので、ご自分に合うと思われるものがありましたら、とりあえず申し込みをしてみることをおすすめします。(登録はもちろん無料です。)
私の感じた各企業の印象もあわせて紹介しておりますので、選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。
                        
       
   アフィリエイト・プログラムの一覧はこちら




HOME | はがき懸賞 | 懸賞サイト一覧 | 大量当選懸賞 | オークション | バナー広告収入 | ポイント獲得 | | サーバー比較 | ホームページ作成 | わらしべ日記 | コラム | 掲示板




当サイトの内容・構成・デザイン・画像の無断転載、複製(コピー)は一切禁止です。
Copy right (C) Since 2004/1/1 「目指せ☆ネットでわらしべ長者」 All Right Reserved.
URL: https://warashibe.info/
mailto: warashibe_ayan@hotmail.com