鍋でパスタ!? お鍋ひとつで簡単にできる「鍋パスタ用クリームソース」

鍋パスタ

実はこの鍋パスタ、ブログにアップするつもりは全然なくて、スマホで撮った適当な写真しかないのですが、某SNSにアップしたところ、お友達から意外なほどコメントをいただき、「あら、鍋パスタって私が思っていた以上に斬新なアイデアなのかも!?」と思ったので、書いてみたいと思います。

作ったのは、鍋パスタ。クリームソースベースの汁に、豚バラ薄切り、ソーセージ、キャベツ、ブロッコリー、ぶなしめじ、舞茸、人参の具と、パスタ(乾麺)を入れて煮込みます。おいしくて、野菜と茸たっぷりとれて、体もあったまりました♪

この鍋パスタの写真にいただいたコメントは、「温まりそう! ナイスアイデアですね、真似して作ります」、「スープパスタのイメージですか?」、「これいいですね!パスタは伸びにくいから鍋には向いてそう。」、「簡単でいいな~」などなど。
といっても、別に私が考案したわけではなく、キユーピーから出ている「鍋パスタ用クリームソース」というパウチ入りソースを買ってきて、書かれているとおりに作っただけです。

キユーピー 鍋パスタ用クリームソース

ポイントは、”お鍋ひとつで簡単にできる”という点。パスタ(乾麺)を別茹でするのではなく、野菜といっしょに鍋で煮込んじゃおう!というコンセプト。一つの鍋で簡単に作れるので、洗いものも少なくて済むし、忙しい主婦の時短調理に役立ちそう。

パスタ(乾麺)とソースを一緒に煮込む新発想

 鍋パスタ用ソースは、➊鍋にソースと水900mlを入れて加熱し、➋パスタ(乾麺)を加え、➌具材を入れて10分ほど煮込む ことで『鍋パスタ』が完成する、新しいタイプの調理用ソースです。パスタを乾麺の状態から具材と一緒に煮込むことで、具材とソースのうま味がパスタにしみこみ、同時に、全体にほどよいとろみがつきます。ソースはパスタと具材にしっかりと絡む濃厚な仕立てですが、野菜と一緒に煮込むことで最後までさっぱりと食べられます。

(キユーピー ニュースリリース 2014 No.44より引用)

見た目はちょっとシチューっぽいかもしれませんが、シチューよりむしろ薄ーいカルボナーラというほうが近いかもしれません。パウチのソースを牛乳ではなく水で溶いているので、比較的さらっとしてますが、味は割としっかりしてると思います。夫は取り分けたお皿に黒コショウを振りかけて食べていました。粉チーズも良さそうですね。汁が残ったら雑炊、いや、リゾット!?と思ったけど、汁まできれいになくなっちゃいました。^^

私は普通の土鍋で作りましたが、ル・クルーゼなどの洋風の鋳物ホーロー鍋などで作るともっとオシャレな感じに仕上がると思います。お試しあれ。

各メーカーからいろんな「鍋の素」パウチが出ていますが、洋風鍋はちょっと目先が変わって家族も喜んでくれるし、和風鍋には入れにくい冷蔵庫の余りもの(ブロッコリーとかキャベツとか)も使えるしで、また時々作りたいなーと思いました。

参考小売価格は320円(税抜)と書かれていましたが、私が買ったスーパーでは247円(税抜)でした。なお、ホワイトソースのほかにトマトソース味もありました。ご参考までに。