祖母の葬儀

祖母の葬儀

Posted at 08/01/30

»»

»» Comments(6)

»»


私事ですが、1月26日の夜、祖母が病院で亡くなりました。
88歳と高齢でしたし、昨年から入院していたのである程度の覚悟はしていたのですが、実際に訃報を受け取ったときは、体の力が抜けてぼんやりとしてしまいました・・・。


スポンサーリンク


昨年末に帰省で病院へお見舞いに行って会ってきたのが、私にとってこの世での最後のお別れになってしまいました。痴呆が進んでしまって、孫である私のことも、当然ひ孫である私の娘たちのことも(誰なのか)わからない様子でしたが、それでも娘たちの顔を見せてあげると、「かわいい子だねぇ」と微笑んでくれたのが印象に残っています。
年末に会いに行っておいて、本当によかった・・・。

病床では体がむくんでしまい、つらそうだった祖母。でも、私は知らなかったのですが、亡くなる前に(水がたまってしまって)パンパンにむくんでいても、息を引き取ると、うそのようにスーッとむくみが引くものなのだとか。実家の一室に寝かせられ、死化粧を施された祖母の顔にはむくみがなく、きれいに紅をさしてもらっていました。「痛いのもつらいのもなくなって、楽になったね、おばあちゃん。」と声をかけ、頬をなでてきました。

友引を挟んでいたので、28日に通夜、29日に葬儀を執り行いました。
田舎なので、親戚や地域のつながりも濃く、たくさんの人が参列してくれて、よいお式になりました。曾祖母(ひいおばあちゃん)のお葬式のときは、私は3歳か4歳くらいだったので、わずかに断片的な記憶が残っている程度なのですが、(身内にとって)お葬式がこんなにたいへんなものだとは思いませんでした。 しんみり・・・というとりも、とにかくバタバタバタバタ動き回っていたような気がします。

私たち家族は昨晩自宅に戻ってきて、今日からは平常どおりの生活です。私は何だか少し気が抜けたような状態ではありますが、大丈夫です。ご心配をおかけしました。


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


この記事は楽しんでいただけましたか?
ツイッターでもお得情報などつぶやいています。
warashibeをフォローしましょう  My Yahoo!に追加 



日々雑感(未分類)の最新記事5件

    "祖母の葬儀"へのコメント

    CommentData » Posted by Tetsu at 08/01/30

    お婆様の件、ご愁傷さまでした。
    お辛い気持ちの中で、バタバタと式を取り行わなければならなかったのでしょうから、お気持ちをお察しするに、心より哀悼の意を述べさせて頂きます。

    でも、お婆様の「血」はayanさんの中で、あるいはayanさんのお子様の中で生き続ける事でしょう。

    お婆様が、最期、どのような事をお考えになっていたのか?知るよしもありませんが、ひ孫さんのお顔をご覧になれたのは、不幸中の幸いだったのではないでしょうか?

    ayanさんが今まで同様、ご活躍になる事が最高の供養になるのでは?と愚考致します。

    お辛いのなら、今は無理をなさる必要はないと思いますが、ayanさんの心の傷が癒え、今後もご活躍になる事を祈ってやみません。

    「頑張って下さい」などとは軽々しく言えません。
    ただただ、ayanさんの心の傷が癒える事をお祈り致します。

    Tetsu


    CommentData » Posted by maxbeet at 08/01/30

    おばあ様のご冥福をお祈りします。
    私もGW入院してる祖父のお見舞いに息子を連れて行って帰ってくる朝亡くなったの。主人を亡くして日が経ってますがやはりしばらくはボーッと過していました。ayanさんのサイト楽しみですが無理せずに。

    CommentData » Posted by yakko at 08/01/31

    お婆様がお亡くなりになったとの事…

    心からお悔やみ申し上げます。

    私のお婆ちゃんも5年前に他界し、1月26日が命日でした。
    私はとってもお婆ちゃん子で、未だに無くなった事が信じられません。

    一番心残りなのが、ひ孫(私の娘)の顔を見せてあげられなかった事なんです。
    無くなった時、ひ孫(私の娘)は私のお腹の中でした。

    お婆ちゃんは初ひ孫の顔を見るのを楽しみにしていましたが
    その願い叶わず、天国へ行ってしまいました。

    今だからそう思えるのかもしれませんが…

    実はお婆ちゃんは、ひ孫の(私の娘)の身代わりになってくれたんではないかと…。

    安産お守りをずっと身に着けていたのですが、ある日外出先で
    私としたことが、なんと公衆トイレの中にそれを落としてしまったんですね。なんか胸騒ぎがして嫌な気持ちがしていたのを
    覚えています。

    そして2ヵ月後、お婆ちゃんは自宅のお風呂の中で息を引き取っていたんですね。母からその連絡を聞いたとき泣き崩れて
    身重の私を旦那が落ち着かせようと必死だったようです。

    お守りのせいという訳ではないとは思いますが、「水」に
    何か不安な思いがあったので、お婆ちゃんが守ってくれたん
    ではないかと思わずにはいられませんでした。

    そして今、娘は元気にすくすくと育ってくれています。

    ayanさんもお気を落とさず頑張ってくださいね。

    CommentData » Posted by 管理人ayan at 08/02/01

    ★Tetsuさんへ

    とてもとても温かく、心に染みる言葉をありがとうございました。
    祖母の件は(物理的にも、精神的にも)落ち着き、平常の生活を取り戻しています。

    (薄情なのかもしれませんが)つらい、悲しいという気持ちよりも、
    祖母が楽になれたことにホッとしている・・・というのが本音です。
    あちらの世界で、痛みから解放されて、楽しく過ごしていてくれるといいなと思います。

    CommentData » Posted by 管理人ayan at 08/02/01

    ★maxbeetさん

    ありがとうございます。
    maxbeetさんのお言葉に感謝いたします。

    (お礼が遅くなってしまいましたが、お手紙届きました。
    またお返事書かせてくださいね。)

    CommentData » Posted by 管理人ayan at 08/02/01

    ★yakkoさん

    心のこもったコメント、どうもありがとうございます。
    yakkoさんのお婆様も、1月26日が命日だったのですか・・・

    お守りの話、不思議なできごとでしたね。
    そういうお話を聞くと、やはり何か目に見えない力が存在している
    ような気がしてなりません。


    yakkoさんのお婆様も、きっとお嬢さんのことを天から見守ってくれていると思います。
    私も空の祖母に笑われないよう、ちゃんと生きていかなくては・・・と思いました。


プロフィール

管理人ayanイラスト画像 ・ H.N : ayan
 ・ 居住地 : 愛知県
 ・ 年齢 : 30代後半
 ・ 家族 : 夫と娘2人
 (小学生)、ネコ1匹。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています!

>>> 詳細プロフィールはこちら

 warashibeをフォローしましょう

カテゴリ

人気記事

月別アーカイブ

あわせて読みたいブログパーツ

ブログタイムズ