東京子連れ旅行2日目 友人とランチ、そしてキッザニア再び

東京子連れ旅行2日目 友人とランチ、そしてキッザニア再び

Posted at 10/05/18

»»

»»

»»


【16日朝】
前日に続き、東京2日め。ホテルでぐっすり眠れたので、気分すっきりで起きられました。
この日は、私の高校時代からの友だち(東京在住)と新橋でランチの約束をしていたのですが、そのあとは特に予定がなかったので、「東京タワーでも上って、東京見物して帰ろうか?」などと子どもと話していました。ところが・・・


スポンサーリンク


*
子どもたちは昨日のキッザニアがそうとう楽しかったらしく、「今日もキッザニアに行きたい!」「昨日やれなかったお仕事をしたい!」と主張。え~、連日!?とも思ったのですが、この次いつ東京まで来られるかわからないし、そんなに楽しかったなら行かせてやりたいという気持ちに。

当然のことながら予約はしていないし、当日券が買えるのかどうかも不明。でもまぁ、やるだけやってみようと、朝10時頃にいったんキッザニアに行き(ホテルからひと駅の距離で良かった!)、当日券の残数があるか確認したところ、あるとのことだったので、「フレックスパス」を購入。
フレックスパスとは、第2部限定で、2時間からキッザニアを楽しめるチケット。子ども1,500円、大人1,000円と低めの価格設定がされているチケットのことです。(通常の第2部は5時間で、価格は子ども3,500円、大人1,900円です。)
さらに、16時からの第2部の「順番ご案内カード」(整理券)も配布していたので、それももらって帰りました。整理券があると、入場時に最後尾につかなくても、スムーズに入れるのだそうです。

当日券を購入し、ホテルに戻るともう11時。急いでチェックアウトをして、友だちと待ち合わせの約束をしていた新橋のレストランに向かいました。


【16日昼】
お子様ランチ

友人が予約してくれた新橋のレストランにて昼食。私と彼女はレディースランチを、子どもたちはお子様ランチを注文。数年ぶりの再会で、私は積もる話もたくさんあったのですが、子どもたちといえばキッザニアのことであたまがいっぱいの様子。ランチを食べ、コーヒーを飲んでから、レストランを出て、新橋からゆりかもめで豊洲に向かいました。(その友達も「じゃあ、ららぽーとまで送るよ。」と、豊洲までつきあってくれました。ゆりかもめの中でおしゃべりできてよかった♪)


【16日15時】
キッザニア到着。まさか、2日連続で来ることになるとは・・・。
そのくらい、子どもたちにとっては楽しい場所のようです。この日にしたお仕事は、

DSC05566.jpg
1,宅配センター(クロネコヤマト)
お客さんの荷物を集荷して、センターに持ち帰り、車or台車で配達する。
パビリオン内だけでなく、キッザニアの街の中を出歩くので楽しいみたい。^^


DSC05582.jpg
2,ジューススタンド(ロックフィールド)
果物と野菜がたっぷり入ったオリジナルのフレッシュジュースを作る。できあがった
ジュースは自分で飲むことができます。小さな子でも体験しやすく、楽しめる内容。


DSC05599.jpg
3,商店街(花屋のお客様)
キッゾ(仮想通貨)を払って、生花のようなアイスフラワーでミニブーケを作る。
できあがったブーケはおみやげに持ち帰れます。


DSC05611.jpg
4,ハンバーガーショップ(モスバーガー)
用意されたバンズに具材をのせ、ハンバーガー(キッザニアバーガー)を作る。
できあがったバーガーは、バーガーラップでくるんで持ち帰って食べられる。


DSC05626.jpg
5,理容店(お客様)
キッゾ(仮想通貨)を払って、顔に特製のヒゲをペイントしてもらい、刃の代わりに
ゴムがついたT字カミソリで顔そり体験をする。(ほんとうに剃ってはいません。)
希望すればヒゲをペイントしたまま帰ることも可能。ひげの記念写真をもらえます。

2時間の予定が、結局1時間延長してしまいましたが、5個もお仕事ができて大満足。^^
終了後、まっすぐ東京駅へ向かい、新幹線で帰路につきましたが、家についたのはもう深夜。
すごく疲れたけど、すごーく楽しい1泊2日の東京旅行でした。


(おまけ)
今回のキッザニアで使ったお金のメモ。(子ども2人+大人1人)

1日目
キッザニア入場料(子ども2人、大人1人): 8,900円
カードホルダー(唯一買ったキッザニアグッズ)2個: 960円
ペットボトルのお茶2本: 300円

2日目
キッザニア入場料(フレックスパス利用): 4,000円
延長料金1時間ぶん(子ども2人、大人1人): 2,500円
ピザーラでグレープフルーツジュース: 200円

========

計 16,860円でした。


キッザニアは入場料だけ払ってしまえば、中であまりお金を使うことがないのでありがたいです。ピザーラのピザや、モスのバーガー、ソフトクリームなど、食べ物がおみやげになるパビリオンがけっこうあるので、そういうのをキッザニア内で食べれば、事足りてしまう感じ。

飲食物の持ち込みは不可ですが、モスバーガーやピザーラの軽食が食べられるし(普通の値段です)、ペットボトルも150円で販売されていたので、おみやげの食べ物だけでは足りない場合も、たいしてお金をかけずに食事をとることができます。入場料金のほかに、中でけっこうお金のかかるテーマパークや遊園地の多い中、キッザニアのこういうシステムはありがたいな~と思いました。(企業からのスポンサー料とかがあるから、そこまでお客さんからお金をとらなくても運営していけるのかしら?)


地方在住の場合、キッザニアに行くにはそれなりに時間とお金と体力を使うわけですが、子どもが目をキラキラ輝かせて”お仕事体験”をする様子を見られただけで、連れていった甲斐があったな~と思えます。TDLなどと異なり、キッザニアの場合、大人は傍観者でしかないのですが、夢中になっている子どもの様子を見たり、「おっ、 意外としっかりしてるんだ、うちの子。」なんて発見があったりで、親もじゅうぶん楽しめると思います。^^


【参考】 キッザニア東京の写真と口コミ: キッザニア東京 by 楽天トラベルたびノート


▼今回、この本で予習していきました♪

   

キッザニア裏技ガイド東京&甲子園


(余談ですが、ニッセイ公式サイトで、ぬりえコンテストに応募すると「10万円の旅行クーポン券」+「キッザニア」(東京または甲子園)ご招待券が当たるキャンペーンをやっていました。応募期間2010年5月1日~5月31日まで。詳細はこちら。私も応募してみようっと!)


あと、セシールでも、会員登録をすると抽選でキッザニア甲子園の招待チケットが20組60名に当たるキャンペーンをやってました。登録は無料なので、チェックしてみては?

セシール - キッザニア甲子園 ご招待チケットプレゼントキャンペーン


宿・ホテル予約ならじゃらんnet


[この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています]


スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ


この記事は楽しんでいただけましたか?
ツイッターでもお得情報などつぶやいています。
warashibeをフォローしましょう  My Yahoo!に追加 



お出かけ 家族旅行 レジャーの最新記事5件

プロフィール

管理人ayanイラスト画像 ・ H.N : ayan
 ・ 居住地 : 愛知県
 ・ 年齢 : 30代後半
 ・ 家族 : 夫と娘2人
 (小学生)、ネコ1匹。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています!

>>> 詳細プロフィールはこちら

 warashibeをフォローしましょう

カテゴリ

人気記事

月別アーカイブ

あわせて読みたいブログパーツ

ブログタイムズ