HOME | はがき懸賞 | 懸賞サイト一覧 | 大量当選懸賞 | オークション | バナー広告収入 | ポイント獲得 | | サーバー比較 | ホームページ作成 | わらしべ日記 | バナーギャラリー | コラム | 掲示板

「株」のお勉強しましょ Click Here!
私は最近、株というものにとっても興味津々なんです。でもまだ実際の取引は少ししかしたことがない。
「うーん、株を始めてみたいけど、なにをどうやって始めたらいいんだろう・・・」となかなか株の世界はわかりにくいものですよね。

そんな私と同じで、株に興味はあるんだけどなんとなく近寄りがたくてまだ手を付けていないという方、ぜひ今から私といっしょに株のお勉強をしてみませんか? ビギナーさん向けにわかりやすく説明していきます。
ただ、私はほんとの素人ですので、すでに株式投資をやっていらっしゃる方にはあまり参考にならないかと思います。
もし参考になる部分があれば幸いですが、このページの情報を使用して損害が発生したとしても私は責任を負えませんので、あくまでも自分のご判断のうえで、ご利用をお願いします。


株式投資の魅力
株式投資の魅力といえば、まずなんといっても「売買差益(キャピタルゲイン)です。
すなわち1000円のの株を100枚買って、それが1200円で売れたとすれば100,000円が120,000円になるわけですから単純に20,000円の儲けが発生しますね。(*売買手数料等は別途発生します。)

現在日本の銀行の定期金利は0.05%など、もうほとんどゼロと言っていいようなものです。時間外に引き出しでもしようものなら、そちらのほうが高くついてしまうくらい。(私は過去にオーストラリアに住んでいたことがあるのですが、あちらの金利はとても良いです。私は現地のANZという銀行に口座を作っていたのですが、いまちょっとしらべてみたらANZ銀行の金利は1年で4,13%(*50万円以上300万円未満の場合、2004/1/9現在)と、他の欧米諸国に比べ群を抜いていますね。)
外貨預金にも興味はありますが、話が脱線しそうですので、それはまた別の機会にさせていただくとして・・・。

この売買差益だけを見ても、株式を買うと1%~2%の利回りはいくらでも得られると思いますが、株の魅力はそれだけではありません。最近よく耳にする「
株主優待」もそのひとつ。食事券・招待券・入場券、そしてメーカーでは自社製品セット(食品や洗剤など)なんてのもあります。
また、一定期間ひとつの会社の株を所有し続ければ「
配当金」ももらえます。これも利回りとして考えることが出来るでしょう。

また昨今では、各種証券会社がオンライン窓口を設置してさまざまなサービスを提供していますので、各社ともユーザーに自分の会社を選んでもらえるように、
手数料を安くしたり、口座管理料を無料にしたりといった営業努力を行っていますので、私たちのようにこれから株を始めてみようかというビギナーにはありがたいです。
(昔のように窓口や電話での取引が主流だったころにくらべ、証券会社側でもネット取引の増加に伴い人件費が削減できていることがその理由として挙げられると思います。その証拠に有人対応のほうがネット決済に取引にくらべ手数料を数倍高く設定しているところが多いです。)

さらに、こうしてインターネット上でこのサイトを見ていただいている皆さんでしたら
ネット上のさまざまな情報をいくらでも集められますし、24時間自分の好きなときに取引を行えますので、お仕事の忙しい方でも売買の好機を逃さずに済みます。(*営業時間外のネット上での操作は翌営業日にならないと実際の売買は行われませんので、そのタイムラグがあることはご承知置きください。)
いつでも・どこでもアクセス可能というのはほんとうに便利ですよね。


株主優待って何?
株主優待っていったい何?

株を買って株主となると、「配当」はもちろんですが、銘柄・条件に応じてとプレゼントがもらえることがあります。
これが「株主優待」と言われるものです。この制度を導入する企業はここ数年どんどん増えてきており、現在およそ800社が実施しているようです。(ほとんどの企業で年1~2回)
企業側メリットとしては"優待を目的に自社株に興味を持ってもらえる・ひいては個人株主になってもらえる"、"自社商品・サービスの宣伝になる(知名度アップ)"、などが挙げられます。

どんなものがもらえるの?

■自社製品(主に食品関係・飲料関係・洗剤や化粧品など)
■自社サービスの優待券・割引券
■一般販売されない自社のオリジナルグッズ(いわゆるレア物)
■ギフトカード・全国共通百貨店商品券・クオカード・図書カード・ハイウェイカードなど
■お米・地方特産品
■その他、カタログ商品から選ばせるもの


《参考サイトです。別ウインドウが立ち上がります。》
・「株主優待同好会」:http://www.techan.info/kabuyuu/
・「株主優待倶楽部」:http://www.miobeans.com/kabuyou/
・ジェット証券のサイト:http://www.jetsnet.co.jp/


どうすればもらえるの?

株主優待を受けるには各企業が株主優待の条件として定める株数(たいていは最低の単元株)を保有していること、「割り当て基準日」(たいていは決算日)にその株の名義人になっていること、このふたつの条件をクリアしていなければなりません。
基本的には、株式の売買は売買が成立してから4日目に決済されることになっているため、決算日の4日前までに株式を購入し、名義書換を行う必要があります。
こう聞くと、それなら決算日の4日前に株式を購入して、株主優待の商品だけもらってすぐ売ればいいのか、と思われますが、やはり誰でも考えることは同じなので決算日の直前には株価が上昇することが普通です。
(そしてそれが過ぎると価値が少なくなるため、株価は下がる傾向にあります。これが「配当落ち」)
また企業によっては長く株を保有してほしいため、保有期間の長さに応じて優待内容が良くなる、という場合もあります。


デメリットはないの?

魅力的な株主優待が多いですが、注意しなくてはならないこともあります。
まず、優待の内容をチェック。いくら魅力的な商品でも自分が使えないものでは意味がありません。自分にとって不必要なものならネットオークションで売って利益を得ることもできますが、サービスを提供(特定の施設の入場券など)の場合は、本人以外の使用が可能かどうかをよく確かめてからにしましょう。
市販されている飲料・食品などは、オークションでは市場価格より安くしか落札されませんから(*基本的に単価が安い生活消耗品はオークションに不向き)、基本的には自分が欲しいものを選ぶのがベストでしょう。
(ただ、例えば「トミー」は株主限定のオリジナルトミカを優待内容としており、こういうマニア受けするもの・一般に手に入らないレア物などの場合は、オークションに売る目的で選んでも良いと思います。)

また、優待だけを目当てに銘柄を選ぶのはたいへん危険です。優待内容を抜きにしても魅力銘柄かどうか・売買差益の出る銘柄かどうかを念入りに調べましょう。そうしないと、たとえ優待で目当ての商品・サービスが得られたとしても、購入した株価が値下がりして売るに売れないという状況になったり、肝心の企業が倒産してしまっては元も子もありません。


どうやって銘柄を選んだらいいの?
実際にどうやって銘柄を選んだらいいのかは一番の思案しどころです。
大穴狙いではなく、確実に利益を出していこうと思ったら下記のことに注して銘柄を選びましょう。

優待が魅力的な会社 でも、本当に自分にとってメリットがある優待かを再確認!
優待に気を取られて肝心の値上がり率のことを良く考えないと、購入後に大きく値下がりすれば優待のメリットなどないも同然です。
安心して割り当て基準日まで待つことのできる、安定した経営の企業をしっかりと選ぶことが大切です。
●利益がきちんと出ており 自己資本比率の高い会社 上場している株式会社の資本金には一定の基準がありますが、その資本金の大きさによって、大型・中型・小型の銘柄に分類されます。
大型の銘柄は大きな売買がない限りあまり変動がないので売買出来高をみてチャンスを狙う必要があります。市場全体の相場の動きや、その会社の業績の向上に関連大。
小型の銘柄は少しの売買でも激しい動きをしますので個人投資家向き。
売買のチャンスは多いです。市場の動きに関係なく動くこともあります。売りと回の「需給バランス」に注目しましょう。
●無配継続・赤字拡大など不安要素がないかどうか業績や経営姿勢を確認 配当が増えることを「増配」、減ることを「減配」といい、これも株価の上下に大きく影響を与えます。「増配」は明らかに会社の儲けが増えてきていることを示すので、「増配」が発表されると、その会社の株価は上がる傾向が見られます。逆に「減配」というのは会社の経営が苦しくなってきていることを示すものですので、「減配」が発表されると売りが増え、一般的にその会社の株価は下がる傾向が見られます。(ただこのときは株価の上では一番安いタイミングですので、ここで買って上昇を待つ、という方法も取れます。)
無配」というのはその名の通り、配当がまったくゼロという意味です。無配が継続したり、赤字経営が続いたりしている会社はいつ倒産するかわからないというリスクが高いので、堅実に行こうと思う人は手を出さないほうが無難です。
やっぱり買うタイミング 株価にはそれぞれの銘柄でクセがあるので、過去の株価を調べるのは非常に大切なことです。安値になったときは、過去の最安値はいくらだったのか、高値になったときは、過去の最高値はいくらまでだったのか、そのことがひとつのターゲットになってきます。
過去に高値で買った人は、その株価に近づいてくることで「ああ、ようやく売れる("やれやれ売り")」と言って売りに出すことが多いためです。
ヤフーファイナンスのチャートや、会社四季報など過去3年分くらいのデータをチェックしてみましょう。
傾向やパターンがつかめるかも知れません。
●情報収集はこまめに! 
 証券会社選びも大切
最近ではネットの普及からか、情報源も非常に豊富です。
会社四季報』(東洋経済新報社、年4回発行)や『日系会社情報』はもちろん、各証券会社のサイトでもいろいろな情報を得ることが出来ます。
ネットで見るのには「ヤフーファイナンス」などが一番メジャーかもしれません。
自分の買おうとしている銘柄の会社のホームページも確認してみましょう。


Click Here!




HOME | サイトマップ | わらしべ日記 | ごはん日記 | 大量当選懸賞 | オークション | HP作成 | アフィリエイト | サイト運営 | | 掲示板リンク集
デザインうんちく | しあわせ妊娠生活 | 心に効く言葉 |