子育て中の主婦に映画館のレイトショーがおすすめな理由

公開日: : 最終更新日:2016/01/06 暮らしを便利にするモノ・技


写真素材 PIXTA (c) naka写真素材 PIXTA


昨晩ひとりで映画館のレイトショーに行ってきました。観たのは『太平洋の奇跡 – フォックスと呼ばれた男-』という映画。太平洋戦争まっただ中のサイパン島を舞台に、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いて、最後には敵であるはずのアメリカ軍から称賛を得た、日本軍大尉、大場栄の真実の物語を元にした作品です。

戦争映画なので銃撃戦や爆発のシーンも多いのですが、映画館の大きなスクリーンと音響で観る『太平洋の軌跡』はすごい迫力で、どっぷりと映画の世界に浸ることのできました。約2時間、日常から切り離された空間で、子どもに邪魔されることもなく、心行くまで映画を楽しめました。



映画館のレイトショーが子育て中の主婦におすすめな理由

私は1~2か月に一度くらい、夜ひとりで映画館にレイトショーを観に行きます。レイトショーは(映画館によって多少の違いはあるかもしれませんが)20時以降の映画が対象で、私は21時前後に始まる映画を観ることが多いです。

わが家の場合、普段夫の帰宅時間がとても遅いので、レイトショーに行くのは夫が休みの日。うちの夫は平日休みなので、私がレイトショーに行けるのも必然的に平日になりますが、旦那さんの帰宅が早いご家庭であれば、別に旦那さんの休みの日にこだわる必要はありません。

家族そろって晩ご飯を食べ、後片付けをして、子どものお風呂も済ませたら、後のこと(子どもの寝かせつけ)は夫にまかせて、一人で車に乗って映画館に出かける、というわけ。

劇場によって多少異なるとは思いますが、レイトショーには以下のような利点があります。

レイトショーは観賞料金が安い!

私が普段利用している映画館は、通常料金が1,800円。毎月1日の映画の日や、レディースデーなどは1,000円で観賞できますが、タイミングが合わせられないことも。でも、レイトショー(毎日20時以降の作品)なら毎日1,000円で観ることができます。(除く土曜日)
1,000円でたっぷり2時間近く映画の世界に浸れるのはうれしいです。

(補足: 劇場によりレイトショー料金は異なります。同じ系列の映画館でも劇場により異なるようですが、1,000円~1,200円程度が一般的みたいです。詳細は映画館の公式サイトで確認できます。)


レイトショーは空いている

公開直後の話題作などは別として、レイトショーはたいてい空いています。私のほかに、1~2組しかお客さんがが入っていない、なんてことも何度かありました。
半ば借り切りのような贅沢感があるし、前の人の頭でスクリーンが見づらい、隣の人の何かを食べる音が気になる、近くの人のヒソヒソ話が聞こえる・・・なんてことも、まずありません。


夜遅めの時間なら、育児や家事から解放されて一人の時間を楽しめる

主婦なら自由になる時間が多いんじゃない?・・・と思われる方もいるかも?
でも、子どもが小さいうちは、細切れのフリータイムはあっても、まとまった時間(2~3時間)を取るのは難しかったりします。
子どもが未就園児の場合、ママは日中ひとりの時間を取ることはほとんどできません。子どもを置いていけませんから。でも、夜、家族で夕食やお風呂を済ませた後のレイトショーなら、子どものことはパパに頼んであるから安心です。


余韻に浸ったまま、眠りに就くことができる

子どもが幼稚園や保育園、または小学校に行っていれば、主婦は昼間ひとりで映画館に行くこともできると思います。でも、映画が終わったら、幼稚園・保育園のお迎え、習い事の送り迎え、夕飯の支度、洗濯物の取り込み・・・とやることがたくさんで、気持ちのスイッチをぱっと日常モードに切り替えなくてはなりません。

けれど、レイトショーなら、映画を観終わったあとは、帰って眠るだけ。
「あれしなくちゃ、これしなくちゃ」と気が急くこともなく、ゆったりした気持ちで、映画の余韻に浸りながら眠りにつくことができます。私の場合は、レイトショーの時間がかなり息抜きになっていて、レイトショーに行った翌日はいつもより気分よく起きることできています。^^


深夜の帰り道に気をつけてレイトショーを楽しみましょう

いいことづくめのようなレイトショーですが、ひとつ気をつけることがあるとすれば、帰り道のこと。レイトショーは終わるのが深夜になるので、女性ひとりの帰り道は十分気をつけましょう。私は車で行きますが、徒歩や自転車の場合、人通りのある明るい道を通って帰った方がベターです。

家庭の状況や、映画館が近くにないなど、環境によってはレイトショーが難しい場合もあると思います。でも、「子どもが小さいうちは映画なんて無理だと思っていた。」という方でも、旦那さんが帰ってきた後の夜の時間なら、劇場で映画を楽しむことができるかもしれません。

ママがひとりでリフレッシュする時間を持つことは、贅沢でも何でもありません。ママが息抜きをして、笑顔を増やすことができたら、それが家族全員の笑顔にもつながるんじゃないかなぁ、と思っています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!

関連記事

no image

生ごみ処理機の話[2] 経験者の声を聞く

先々週、「家庭用生ごみ処理機の購入を検討」という記事を書いたのですが、そのあと生ごみ処理機についての

記事を読む

イオンショップで日用品をまとめ買いして、時間と労力の節約

まわりのブロガーさんにも愛用者の多いイオンショップ(イオンのオンライン通販)。 前から興味はあっ

記事を読む

「クリーニング屋さん行かなくちゃ…」の負担がなくなる宅配クリーニング

「衣替えはだいたい済んだけど、夏物まだクリーニングに出しにいってないのよね~。」

記事を読む

こするだけで赤サビ・コビリつき汚れが落とせる「サビとり消しゴム」

こするだけで赤サビ・コビリつき汚れが落とせるという「サビとり消しゴム」を買いました。 きっかけは

記事を読む

Na Kids(ネイキッズ) 子供用ハンガーシェルフで片付け習慣

 「ほら! かばんを玄関に置きっぱなしにしないで。ジャケットも脱いだらきちんとハンガーに・・・」

記事を読む

管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス主婦。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。
旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。

>> 詳細プロフィールはこちら

記事数 : 1,236 / コメント数: 2773

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
kcud(クード)エコな生ゴミ水切り器かさばる生ごみをこれでギュッ! kcud(クード)エコな生ゴミ水切り器
清潔感のあるモダンなデザインのクードの生ゴミ水切り器。水気を切ってゴミの軽量化!
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
ホコリを吸着して離さないフロアモップホコリを吸着して離さないフロアモップを4週間無料お試ししてみました!
無料で4週間も使えて、プレゼントまでもらえちゃいました。勧誘もされませんでしたよ。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑