サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotelはタリン旧市街にある女性好みのホテル

公開日: : フィンランド&エストニア旅行


サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel 外観
エストニア旅行最後の夜は、タリン旧市街にある五つ星ホテル「サヴォイ ブティック ホテル(Savoy Boutique Hotel)」に泊まりました。

サヴォイ ブティック ホテルは、旧市街の端のほうにありますが、旧市庁舎広場(ラエコヤ広場)までは徒歩3分、エストニア演劇音楽博物館やタウンホールスクエアも歩いてすぐの好立地。

客室数は全44室とこじんまりしたホテルで、レトロ感はあるものの、ホテルロビーやゲストルームはとても雰囲気がよく、女性好みのホテルだと感じました。口コミサイトでの評価も高め。

以下、タリンのサヴォイ ブティック ホテルのロビー、客室内の様子、バスルーム、朝食ブッフェの紹介と、実際に泊まってみた感想を紹介します。



サヴォイ ブティック ホテル ロビー

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel ロビー
サヴォイ ブティック ホテルのロビーは、それほど広くはないものの、ゆったりと身を預けられる革張りのソファや、ぱちぱちと音を立てて薪の燃える暖炉があり、あたたかく親密な雰囲気。

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel ロビー
ホテルロビーを抜けた先には、ホテルのバーがあります。

サヴォイ ブティック ホテル バー
こちらは23時までの営業となっていて、夜お酒を飲みながらおしゃべりを楽しむのにぴったり。

サヴォイ ブティック ホテル 客室内の様子

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel 客室
こちらがサヴォイ ブティック ホテで実際に私が泊まった2階の客室(ゲストルーム)です。
窓の外にエストニアの国旗が見えたので、ホテル正面の真ん中あたりの部屋でしょう。
(※1枚目写真参照。)

口コミサイトによれば、表の通りに面した部屋と、そうでない部屋では、かなり眺望が異なるとのこと。屋根裏のような部屋もあるらしく、近代的な高層ビルのホテルとは全然違った雰囲気です。

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel チョコレート
窓際の丸テーブルの上には花が一輪飾られ、ウェルカムチョコレートが用意されていました。
(このチョコレートと奥にあるボトル入りのミネラルウォーターは無料サービス。)

メッセージカードには私の名前がきちんと印刷され、歓迎のメッセージが。こういう心遣い、女性はとても嬉しいですよね♪ 無料のお水サービスはけっこういろんなホテルにありますが、名前入りカードとチョコレートの盛り合わせは特別感があります。

コーヒーマシーン
部屋にはコーヒーマシーンと専用ポッドもあるので、チョコレートをつまみながらおいしいコーヒーを飲めますよ。

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel ベッド
ベッドはこんな感じ。左右にサイドテーブルと灯りがついています。

バスローブも用意されており、ピロー(枕)の上にはタリンのチョコレートが一粒ずつ。

ホテルロビーでも感じたのですが、ここのホテルの部屋の壁は独特のコテ跡が印象的な塗り壁で、すごく素敵。間接照明の生み出す影でコテ跡が浮かび上がり、旧市街で味わった中世の雰囲気が、夢の中まで続いているよう。

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel 客室
部屋には薄型液晶テレビも備え付けられていますが、何だかこの部屋には似合いませんね。
やわらかな黄色の灯りのもと、ゆったりと過ごしたくなります。

サヴォイ ブティック ホテル バスルーム

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel バスルーム
大理石調のバスルームは広々としていて、とてもきれい。タオルもたっぷり用意されています。

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel バスタブ
バスタブも深さがあります。(添え付けの踏み台を使って入るのがベター。)
肩までしっかり湯船に浸かれるので、日本人には嬉しいです。寒いエストニアの冬は、特に。

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel 洗面台
洗面台も広く、鏡も大きいので、女性にはありがたいですね。

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel アメニティ
アメニティは、1730年の創業の国王室御用達 最高級ブランド「FLORIS(フローリス)」のもの。
「香りの最高級ブランド」という評判通り、とっても素敵な香りでした。

ヴァニティキットやシャワーキャップなどの用意も。(しかし、それでもやっぱり歯ブラシやくしがないのはエストニアならでは。マイ歯ブラシの持参をお忘れなく。)

サヴォイ ブティック ホテル 朝食ブッフェ

サヴォイ ブティック ホテル 朝食ブッフェ
サヴォイ ブティック ホテルでは、1階にあるレストラン「MEKK」でブッフェ形式の朝食をいただけます。

サヴォイ ブティック ホテル 朝食ブッフェ
このレストランもホテルロビー同様、素敵なインテリアとあたたかみのある雰囲気が素敵。

サヴォイ ブティック ホテル 朝食ブッフェ
黒パン、カッテージチーズ、ピクルス、サーモン、魚の酢漬けなど、エストニアらしい食材が並びます。ハムやチーズもとっても美味しい!

サヴォイ ブティック ホテル 朝食ブッフェ
私が食べた朝食。このあとベリーとナッツをトッピングしたヨーグルトもいただきました。ケーキも美味しそうだったのですが、お腹がいっぱいになりすぎて食べられなかったのが残念。

朝食ブッフェでは、ジュース類はセルフサービスですが、コーヒーはテーブルまで運んできてもらえるので、欲しい方はスタッフに注文しましょう。

サヴォイ ブティック ホテル 朝食ブッフェ
エストニアの冬は日の出が遅いので、朝早い時間の朝食ブッフェは窓の外が暗いですが、このレストランは窓から見える石畳や中世風の建物が雰囲気たっぷりで、「タリン旧市街の中に泊まっている」感覚をたっぷり味わえます。

(ちなみに、この「MEKK」は、夜はモダン・エストニアン・キュイジーヌが楽しめるおしゃれなディナーレストランになるそうです。夕食で利用する場合は、予約をするのがおすすめ。)

サヴォイ ブティック ホテル

サヴォイ ブティック ホテル
サヴォイ ブティック ホテルは、ロビー、客室の雰囲気、ウェルカムチョコレート、バスルームやアメニティ、すべてにおいて女性が嬉しくなるポイントがたっぷりのホテルだと思います。

唯一残念だったのは、ホテルが小さくて古いため、エレベーターがとても狭く、一度に少人数しか乗れないことと。階段もちょっと狭めなので、上の階になると若干不便かもしれません。

とはいえ、タリン旧市街の中にあり、いろいろな観光スポットはショッピングモールにも歩いていくことができる便利な立地と、とても雰囲気の良い客室、おいしい朝食ブッフェには大満足。

チェックインの際に渡されるカードキーがないと、客室はもちろんのこと、客室フロアにも入れないので、セキュリティ面も安心。女性の一人旅にもおすすめできるホテルです。


▼トリップアドバイザーでこのホテルの最安値をチェック
Savoy Boutique Hotel


ホテル名称 Savoy Boutique Hotel
ホテル住所 Suur-Karja 17, 10148 Tallinn, Estonia




▼このカテゴリのほかの記事はこちらから
フィンランド&エストニア旅行記

[本記事はLinkトラベラーズの一員として、エストニア政府観光局主催のプレストリップに参加し、執筆しています。]


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

タリン旧市街の下町

タリン旧市街の見どころは? まるで中世にタイムスリップしたようなタリン旧市街の下町を散策

エストニアの首都タリンの旧市街は、タリン歴史地区(Historic Centre (Old Town

記事を読む

【読者プレゼント企画】フィンランド&エストニアのおみやげを5名の方にプレゼント(~12/23)

いつも当ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。 ここ数日フィンランド&エス

記事を読む

ヴィフラマナーハウス

ヴィフラマナーハウス 16世紀初めに建てられたエストニア ラヘマー国立公園内の荘園に泊まる

エストニアの首都タリンの東にある「ラヘマー国立公園内」は、広さ700平方メートルを超える広大

記事を読む

エストニアってどこにあるの? どんな国なの? エストニアはフィンランドからフェリーで約2時間

エストニア政府観光局のプレス・トリップに参加し、フィンランド&エストニア旅行中の取材班。2泊

記事を読む

ホテル インディゴ ヘルシンキ Hotel Indigo Helsinki の朝食ブッフェはおいしくておしゃれ

エストニア政府観光局プレストリップに参加し、フィンランド&エストニア旅行中の私。 フィンラ

記事を読む

管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス主婦。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。
旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。

>> 詳細プロフィールはこちら

記事数 : 1,268 / コメント数: 2750

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

チェコ旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑