店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

タリンのおすすめ隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed

エストニアの首都タリンには、エストニア料理の食べられるレストランがたくさんありますが、今回私たちがタリン旧市街散策の合間にランチに立ち寄ったレストラン「Leib Resto ja Aed 」がとても良かったので紹介します。


「Leib」は「黒パン」という意味の店名

ちなみに、店名の「Leib(レイブ)」はエストニア語で「黒パン」の意味。店名に込められた意味を、Leib公式サイトより引用します。

古き良きエストニアの黒パンは、新鮮で、温かく、シンプルで正直。
子どもの頃から黒パンをを食べて育ち、エストニアを離れたときには黒パンを夢に見る。そがエストニア人。

私たちは、シンプルなエストニア産の材料を用い、創造的な季節ごとのメニューを作り上げることに情熱を傾けています。

(上記はLeib公式サイトの英文を私が日本語に訳した文章です。)

Leib レストランの外観と店内の様子

タリンのおすすめ隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed

Leibは、その昔スコットランド人の集まるクラブ(社交場)として使われていたという建物の中にある、隠れ家のような雰囲気の一軒家レストラン。枯れた蔦の絡まる古めかしい外観に、「本当にこの上にレストランがあるの?」と少しいぶかしく思いながら石段を上がっていくと…

タリンのおすすめ隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed

中庭の向こうにかわいい窓のついた建物が見えてきました。

Leib 店内

窓のステンドグラスは、建物の中から見るとこんなにきれい!

タリンのおすすめ隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed

店内はしっとりと落ち着いた雰囲気。12月だったので、クリスマスらしい飾り付けが施されていました。

Leibで今回いただいたランチ

Leib 黒パン

今回はコースではなく、アラカルト(単品注文)でランチをいただきました。

Leib (Black bread with butter)
黒パン+バター

店内で焼き上げられているという自家製の黒パンは、どっしりとしていてライ麦の香りもよく、個人的には、エストニアで食べた中でいちばん好みでした!

メインの料理が来る前に黒パンでお腹を膨らませてはいけないと頭では理解しているのに、ついつい黒パンに手が伸びてしまいます。バターも味が濃くておいしく、黒パンとの相性は抜群。

Leib スープ

Creamy Jerusalem artichoke garlic soup with crisps 6.5€
キクイモとガーリップのクリーミースープ

メニューには前菜とスープがそれぞれ乗っていたのですが、女性の場合は前菜とスープのどちらかにしておかないと、メインの料理が入らなくなります…とアドバイスをもらったので、私はスープを選びました。冬のエストニアは寒いので、温かいスープは何よりのごちそう。

キクイモのスープは、しゃくしゃくした食感のキクイモのスライスが入ったクリーミースープで、ニンニクがけっこう効いています。このスープも黒パンによく合って、ほんとに黒パンが止まらなくなります。

ビーフフィレステーキ

Estonian beef fillet with celeriac and tarragon-bone marrow sause 22€
エストニア産ビーフフィレステーキ

エストニア産ビーフフィレステーキは、かなりの厚切りで運ばれてきたとき驚いたのですが、柔らかくあっさりとしたお肉で、とても食べやすかったです。

付け合わせのぺらぺらしたものは茸か何かかと思ったのですが、セロリの一種みたいでした。

ビーフフィレステーキ

あっさりしたフィレ肉と濃厚でほろ苦いソースがよく合って美味しい!
日本人の口にも合う味だと思います。

クレームブリュレ 黒パン入り

Crème brûlée with black bread 6€
クレームブリュレ 黒パン添え

デザートには、クレームブリュレ 黒パン添え。最初にでてきたような黒パンが添えられたクレームブリュレが出てくるのかと思いきや、細かく砕いだ黒パンが中に入ったクレームブリュレでした。

とろりと濃厚なクレームブリュレに甘酸っぱいベリーがトッピングされていて美味!
そんなに大きなサイズではないので、スープとメインのあとでもぺろっと食べられますよ。

タリン旧市街でおいしいエストニア料理を食べられる隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed(レイブ)。週末はいつも混み合うそうなので、予約をしていくのがベターです。

店名 Leib Resto ja Aed
住所 Uus 31, Tallinn 10111, Estonia
電話 +372 611 9026
ウェブサイト http://www.leibresto.ee/

▼このカテゴリのほかの記事はこちらから
フィンランド&エストニア旅行記

[本記事はLinkトラベラーズの一員として、エストニア政府観光局主催のプレストリップに参加し、執筆しています。]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

エストニア タリン旧市街近く「ラディソン ブル ホテル タリン」 Radisson Bluに泊まった感想

エストニア旅行、最初の夜はタリン旧市街の近くにある「ラディソン ブル ホテル タリン」(Ra

記事を読む

LÖYLY(ロウリュ)でフィンランドサウナ体験

フィンランドに行ったらやっぱりサウナ! ヘルシンキのロウリュでフィンランドサウナ体験

サウナ(熱気風呂)はフィンランドの文化とフィンランド人にとって欠かせないもの。 フィンラン

記事を読む

タリンのクリスマスマーケットのクリスマスツリー

中世の雰囲気が楽しめるエストニア タリン旧市街のクリスマスマーケットをのぞいてみよう!

フィンランドからバルト海をフェリーで渡ってエストニアに到着したその日の夜、首都タリン(Tal

記事を読む

ヴィフラマナーハウス

ヴィフラマナーハウス 16世紀初めに建てられたエストニア ラヘマー国立公園内の荘園に泊まる

エストニアの首都タリンの東にある「ラヘマー国立公園内」は、広さ700平方メートルを超える広大

記事を読む

フィンランドのクリスマスマーケット2016 オルナモデザインマーケットとヘルシンキ・クリスマスマーケット

12月にフィンランドを訪れるのであれば、ぜひ行っておきたいのがクリスマスマーケット!

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,271 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑