初めての家族スキー旅行! リフト代、レンタル代などスキーにかかる費用はいくらぐらい?

公開日: : お金の節約ワザ, 旅行・お出かけ


家族でスキー旅行
年末に家族4人で初めてのスキー旅行に行ってきました。長女は昨年春に親戚に連れて行ってもらってスキーを一度経験していますが、次女(小6)は生まれて初めてのスキー、私は20数年ぶりの人生2度目のスキー。

親がスキーやスノボをしない家庭だと、子どもがスキー・スノボを経験する機会はあまりないのではないかと思うのですが、我が家もそのパターン。それでも一度くらいは経験させてあげたいなと思い、この冬休みに思い切ってスキー旅行を計画した次第です。

家族でスキー旅行に行くのは、わが家にとって初めての経験。リフト代、スキーレンタル代など、家族スキー旅行にかかる費用がいくらぐらいなのかもわからない状態からいろいろ調べて、できるだけ安く済むように工夫をしてスキーを楽しんできました。

以下、家族スキー旅行にかかる費用の目安と、スキーにかかる費用の節約ワザを紹介します。



家族でスキー旅行に必要なものは?

スキーに必要なもの
▼スキー旅行に行くのに必要なもの

・スキーウェア上下
・スキーセット(スキー靴・スキー板・ストック)
・帽子(ニットキャップなど)
・防水手袋
・ゴーグル

▼スキー旅行にあると便利なもの

・ネックウォーマー
・ホッカイロ
・厚手の靴下
・リフト券ホルダー(スキーウェアに最初からついている場合もあり)
・防水スプレー
・日焼け止め(雪焼け防止)
・ポケットに入る小さなおやつ(カロリーメイト、チョコレート、羊羹など)

(※おやつは、万一のときのためという意味もありますが、あるとちょこっとエネルギー補給できるし、スキー場の高いスナックを買わなくても済むので。)

スキーに必要なウェアなどの費用を節約する方法

スキー用品
初めての家族スキー旅行の場合、スキーウェアやスキーセットは持っていないことがほとんどだと思いますが、今後継続的にスキーに行くかどうかわからないのであれば、最初から新品の良いものを揃えるのはちょっともったいないかな、と思います。

我が家の場合は、スキーセット(スキー靴・スキー板・ストック)はレンタルをし、私と子どものスキーウェアとゴーグルは妹に借り、夫のスキーウェアはメルカリでUSEDを安く購入しました。

「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ。ネットオークションと異なるのは、値段のせり上げがないこと。基本的には提示されている金額で納得できれば簡単操作で購入完了です。

一度使用しただけのスキーウェアなど、誰かにとっての不用品を安く購入することができます。

>> メルカリはこちら

(メルカリをまだ利用したことのない方は、会員登録時に私の紹介コード「PCSMHF」を入力すると300円分のポイントが付与されるので、よかったらどうぞ。)

私の場合は、メルカリでスポーツ用品のプライベートブランドのメンズスキーウェア上下を送料込3,000円で買うことができました。レンタルも考えたのですが、今回のスキー旅行は2日間の予定で、2日間レンタルをするよりもメルカリで中古ウェアを買ってしまうほうが安かったです。

まとめると、スキーに必要なウェアなどの費用を節約する方法としては、今後も継続してスキーをするかどうかわからないのであれば、レンタルショップを利用したり、兄弟姉妹や友達に借りるのがおすすめ。

(個人的には、スキーセット(靴や板)はサイズもあるのでお店でレンタル、ウェアは人に借りたりメルカリで中古を格安で手に入れるのが良いかなと思っています。)

車があるならスキー場併設でないレンタルショップを利用

スキーレンタルショップ
レンタルショップを利用する場合は、スキー場併設(スキー場直営)のお店よりも、少し離れたところにあるショップのほうが安い傾向があります。(空港直営駐車場より空港から少し離れた民間の駐車場のほうが安いのと同じですね。)ただし、スキー用品を載せられる車があることが前提。

旅行前に、あらかじめスキー場の近くのスノーボード・スキー・ウェアのレンタルショップを調べておき、ウェブ割引券やネット予約割引がある場合はそれを利用しましょう。

「〇〇スキー場 スキーレンタル」、「〇〇インター スキーレンタル」など、スキー場名もしくはスキー場の最寄りインターチェンジの名称を入れて検索すると、見つかりやすいと思います。

参考までに、私が利用した岐阜県の格安レンタルショップは、大人用のスキーセット(靴・板・ストック)のレンタルが1日3,000円、2日間で5,500円(税込)。ジュニアのスキーセット(靴・板・ストック)のレンタルが1日2,000円、2日間で3,500円(税込)でした。
(※どちらもウェブ割引適用後の価格です。)

スキー場直営のレンタルショップでは、大人用スキーセットのレンタルが1日4,600円、2日で9,600円だったので、かなりレンタル費用を節約できたことになります。
(我が家の場合、大人2人+中学生1人+小学生1人で計算して、15,000円以上の差が出ました。)

リフト券代の節約になるクーポンを入手する方法


スキー場でかかる費用といえば、リフト券! できることなら安く購入したいものですね。
スキー場の公式サイトをチェック、あるいは「〇〇スキー場 リフト券 クーポン」などで検索をして、目的のスキー場で使えるリフト券割引券を探して行きましょう。

私はマックアースという複数のスキー場共通のクーポンを出しているサイトに無料会員登録し、WEBクーポンを提示して割引を受けました。スキー場で登録することもできますが、あらかじめ登録していくと現地でのリフト券購入がスムーズです。

クーポンがない、あるいはクーポン利用対象日時が限られる場合は、1日券ではなく5時間券を利用するなども一つの方法。

また、スキーウェアの項目で書いたフリマアプリ「メルカリ」でも、スキー場のリフト券やリフト割引券が出ていることがあります。自分が行く予定のスキー場名を入れて、「〇〇スキー場 リフト券」などで検索してみてくださいね。

有効期限が間近なリフト券などは、メルカリでかなり安く買えることもあるので、シーズン終盤(春スキーなど)は狙い目です!


家族スキー旅行(1泊2日)かかった費用の内訳

スキー場
スキーセット(靴・スキー板・ストック)レンタル 18,000円
内訳:
大人 5,500円×2名=11,000円(税込)
子供 3,500円×2名=7,000円(税込)
大人2名+子供2名の合計18,000円

スキー場駐車場 2,000円
1日1,000円の駐車場代×2日間

リフト券 1日目 10,800円
内訳:
大人1日券クーポン使用間券3,000円×3名=9,000円(税込)
子供5時間券1,800円×1名=1,800円(税込)
大人3名+子供1名の合計10,800円(税込)

リフト券 2日目 12,300円
内訳:
大人5時間券3,500円×3名=10,500円(税込)
子供5時間券1,800円×1名=1,800円(税込)
大人3名+子供1名の合計12,300円(税込)

※2日目は年末年始期間に入っていたため、平日でも土日クーポンしか使えず、クーポン使用を使用するよりも5時間券を購入するほうがお得だったので、5時間券を選びました。

※うちの子どもは中1と小6ですが、中学生が大人料金になるか、子供料金になるかはスキー場によって異なります。(子供=中学生以下、となっているスキー場もあり。)
今回行ったスキー場は、中学生は大人料金だったので、我が家の場合は大人3人+子供1人で計算しています。

スキー場での昼食(ラーメン) 4,400円
ラーメン1杯1,100円×4人分=4,400円(税込)

2日目スキー場に来る前のお昼(コンビニ) 1,500円
コンビニでおにぎり、お茶、パンなど約1,500円。

ゲレンデの飲食店は市中より高めなので、スキー場到着が昼くらいになるなら、外で食べてからスキー場に来るほうが安く済みます。が、午前中から夕方までお昼を挟んでスキーを楽しむ場合は、スキー場で食事をとるのが現実的ですね。


スキーレンタル(家族4人分×2日間)、スキー場駐車場代(2日間)、リフト券(家族4人分×2日間)、2日分の昼食(ラーメン4杯・コンビニおにぎりなど)で、かかった金額の合計は49,000円でした。

実際には、これ以外に高速道路料金(往復で約5,000円)とガソリン代もかかっています。
さらに、家族4人で民宿に泊まったのですが、そちらが1泊2食(夕食・朝食)つきで家族4人で27,540円 (税込)でした。

スキー場近くの宿
スキーがメインの旅行の場合は、宿は本当に「寝るだけ」になってしまう可能性が高いので、ほどほどの予算で食事がついている民宿などがおすすめ。わが家は6畳間に布団が4組敷いてあるだけの宿に泊まりましたが、疲れで21時には寝てしまったので、十分でした。

▼全国のゲレンデ情報と周辺宿をCheck!
楽天トラベル スキー&スノーボード特集2016-2017



スキー場併設のペンションなども便利かとは思いますが、車があるなら近場の宿泊施設でも特に問題ないと思うので、内容と価格を比較して、選ぶと良いですね。ともあれ、事前のリサーチ&準備がスキー旅行のトータル費用を大きく変えるのは、間違いありません。

初めての家族スキー旅行 費用と感想のまとめ

家族でスキー旅行
家族スキー旅行(1泊2日)かかった費用の内訳は上記の通りです。
交通費(高速道路料金+ガソリン代)は、スキー場と自宅間の距離によってまったく変わってくるので除外して考えると、家族4人の1泊2日スキー旅行にかかった費用は、スキーに約5万円、宿泊に3万円弱で、合計8万円弱という結果になりました。

ざっくり計算して1人あたり2万円弱。安くはありませんが、1泊2日の家族旅行と考えれば、妥当な金額ではないでしょうか。(クーポン利用や格安レンタルショップ利用などの工夫で節約しなかったら、あと2万円以上は高くなっていたと思うので、無駄なコストは抑えられたと思います。)

もっと節約したい、格安で家族スキーに行きたいということであれば、1泊2日ではなく日帰りにして、丸一日しっかり遊ぶ、というのもひとつの方法だと思います。ただし、低年齢のお子さんがいる家族の場合は、朝から夜まで丸一日遊ぶのはやや体力的にハードなのと、せっかく交通費を掛けてスキー旅行に行くのであれば宿泊をするほうがより家族旅行を楽しめるのも事実。

どちらを選ぶにせよ、家族でのスキー旅行にかかる費用を安く抑えたい、節約したいと考えているのであれば、行き当たりばったりはNG! 事前に情報収集(クーポンを入手しておいたり、スキーレンタルの安いショップを探しておく、など)をすることで家族スキー―旅行の費用を抑えることができますよ。

節約できるところは節約し、楽しむところは思い切り楽しむことで、満足度の高いスキー旅行ができると思います。予算と、日程的な都合、自宅からスキー場までの距離などを考えて、自分たち家族にあったスキー旅行プランを考えてみてくださいね♪

我が家の場合は今回が初めての家族スキー旅行ですが、久しぶりに子どもたちとたーっぷり遊べて、子どもたちのとっても嬉しそうな顔をたくさん見ることができたので、行って良かったなと思ってます。家族全員で楽しい思い出を共有できるのって、ほんとうに素敵なことですから。


▼春休みの家族スキーの計画はこちらから
楽天トラベル スキー&スノーボード特集2016-2017


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

子連れで神奈川旅行 ~海(湘南)へ、山(箱根)へ~

一週間ほど更新がストップしてしまい申し訳ありません。家族で帰省&旅行していました。 旅行先は神奈

記事を読む

あけましておめでとうございます。2013~2014 年末年始のこと

あけましておめでとうございます! 今回の年末年始は、12月27日~1月1日まで、実家に長

記事を読む

ヘアアクセサリーを安く買う方法

今現在の私の髪は、鎖骨のあたりまで届くの長さ。 そのままおろしているか、後ろにひとつで束ねている

記事を読む

神戸ハーバーランドでチャイナドレス写真撮影

神戸・南京町&ハーバーランドでチャイナドレス撮影会をしてきました!

「チャイナドレスを着て撮影会しません?」「いいね、おもしろそう!」 ライターの吉見夏実さん(@

記事を読む

大阪万博記念公園 太陽の塔

家族で大阪に行く用事があったので、少し早く家を出発し、夫がずっと 行きたがっていた大阪万博記念公

記事を読む

管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス主婦。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。
旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。

>> 詳細プロフィールはこちら

記事数 : 1,268 / コメント数: 2750

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

チェコ旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑