【今だけ】オラクルトライアルセット1,600円→1,000円キャンペーン! 送料無料

おかねのつかいかた

「今月、お金使いすぎちゃってちょっとピンチだわ・・・」
なんていうときに、さらに他の出費が重なると、お金を使うこと自体に罪悪感を感じてしまうことがあります。

お金を使うことは、損をすること?
お金を使うことは、自分の持ち物(資産)を減らすこと?
・・・お金を使うことは、悪いこと?

誰しも、こんな風な思いを少なからず感じたことがあるのではないしょうか。
これはある意味では正しくて、ある意味では間違っています。

* * *

あなたが1万円の時計を買うとしましょう。
あなたはお財布から1万円札を抜き取り、お店の人にそれを手渡します。そして、時計を受け取ります。

一見すると、あなたは1万円の損をし、お店の人は1万円の得をしているようですが、もちろんこれは錯覚です。
そもそも、あなたは”その時計”を気に入って、”その時計”に1万円以上の価値があると判断したからこそ、自分の財布の中の1万円札と交換したのですよね。
1万円以上の価値がないと思えば、お金と時計を交換したりしないはずですから。
つまり購入時のあなたの心理状況では、”その時計”>1万円になっているのです。

だとしたら、1万円よりも価値のある”その時計”を手に入れられてあなたはハッピー、そしてお店の人も商品が売れてハッピーということになります。
「お金」というものが介在するから話はややこしくなるわけですが、この話の場合、もしあなたの日給が1万円なのだとしたら、あなたは”その時計”と、自分の一日の労働を交換したという見方もできるでしょう。

結局、何かを買うと言う行為は、その品物(あるいはサービス)に、値段以上の価値を見出しているからこそ、行う行為であるわけです。
自分が必要だと思うもの・欲するものが、自分にとってその値札以上の価値があると判断できないのであれば、それは正しいお金の使い方ではないのかもしれません。

たとえ世間一般の人にとってただのゴミとしか思えないような古本でも、もしあなたが貴重な書物であると判断するのであれば、たとえその本が何万円しようとも、あなたにとっては買う(=お金ととりかえっこする)価値のあるものということになります。
逆に、10万円の宝石が、バーゲンで2万円で売られていたとしても、あなたがその宝石と現金2万円とを取り替えたいと思えないのであれば、買うべきではないのでしょう。
(2万円で買って、4万円で売って、その利ざやを取るという考えは置いておきます。)

資本主義社会で品物やサービスの値段を決めるのは需要と供給のバランスですが、私たち個人がお金使う際に意識しなくてはいけないことは相対的評価ではなく、絶対的評価。すなわち、自分の中に存在する、自分だけのものさしを使って、その品物やサービスの価値を推し量ることでしょう。

Myものさしで、値段以上の価値があれば買う。値段ほどの価値がないと思うのであれば買わない。実にシンプルなこと。でも、そのときの感情や、懐具合や、いろいろな要素で、このシンプルなことが実践できていないのも、また人間だと思うのです。
できることなら、・・・私は自分自身のものさしを信じてお金を使いたい。

最後にひとつ、私の好きな言葉を紹介します。

『かしこい節約とかしこい贅沢は、まったく同じもの。
私たちのお金は、安物を買うほど ありあまってはいないのです。』

(中山庸子著『自分の運命を動かす言葉』

4 COMMENTS

銀の夢

はじめまして(掲示板に1度おじゃましてます)
いつも読ませてもらってます。

若いのにしっかりとした生き方をしているなーと感心してばかりです。

お金の使い方って難しいですよね。

私事ですが、いきつけのヘアーサロンと同じビルにあるセレクトショップで半年ほど前に手持ちの爬虫類系のバッグにぴったりの靴を見つけたんですが、ナ、ナ、ナント15万円もするんですよ。でも、ホントに私のために作ったように思えるほどだったんです。ほんのちょっとだけ迷いました。何日も頭から離れなかった。

髪をカットに行く度にまだあるかなーって見に行きます。昨日行ったらまだありました。ほれぼれとしちゃうんです。私の選択肢の中に買うってのは無いんですが、そのたび夫にまだ売れてなかったとか話してました。

先日夫が「買ってやろうかーそんなに気に入ってるんなら」と言うのですね。夫はちょっと金持ちなんです。私の返事はといえば「いらなーい、ぜーんぜん買う気無いもん」
やっぱりいくらステキなものでも見合う金額ってありますよね。そのブランドは大体7~8万円なんです。バーゲンまで待って5万円台になったら買ってもいいかなというのが私の基準。15万もする靴、こわくて履いて歩けないじゃないですか。賢い贅沢も限度がありますよね。

私も自分のものさしを信じてお金を使いたいです。
夫の言葉に躊躇無くNOと返事したことに正直自分でもビックリしましたが、自分のものさしが狂っていない事に自信を持てました。

ムーン

ayanさん、こんばんは。
トラックバックさせていただきました。。。が、もし失礼がありましたら削除してください~^^;

読み返してみて恥ずかしくなってしまいました。

今の自分の「ものさし」というものを改めて考えてしまいました。

ワタシは自分の記事のタイトルどおり

満足感-価格=オトク感

だと思っていたけど、それ以外にもあるんだなと少しだけ視野が広がったように思います。

ありがとうございました。

レイ

そうそう!!!
私は節約してるけど、1人暮らしの独身OLながらおいしっくすの愛用者です。
みんなには「子供ができてからでしょ!!」なんて言われるけど、もともと体が丈夫じゃないから気を遣っても損はないと思うのですよ。
だから贅沢とは思わないんですね。

旅行先でも絶対ケチなことはしません!!
もう二度と行くことはないかもしれないんだから、節約して思い出まで少なくなるのはイヤ。

人それぞれ価値観はそれぞれだけど、自分がハッピーに満足できるのが一番ですよね!!

管理人ayan

★ 銀の夢さんへ ★
コメントありがとうございます^^
以前、掲示板に書き込みしてくださったこと、覚えていますよ~。
ハンドルネームがとっても印象的だったので(*^-^*)

15万の靴、すごいですね。
でも確かに、いくら素敵でも、ものさしに見合わない金額ってありますよね。
例えば大きな仕事が終わった後に、おいしい夕ご飯を食べに出かける贅沢はいいと思うけれど、5000円のコースは食べられても、5万円のコースは食べられない・・・と私の場合は思います。

銀の夢さんのなかにも、しっかりとしたものさしが存在しているようですね。素敵です。

★ ムーンさんへ ★
遅くなりましたが、トラックバックありがとうございました。
ムーンさんのお考えを聞くことができて、とても嬉しかったです。
こうしてブログに自分なりの考えを書いて、そのことについてほかの方がどんな風に考えているかを知ることができるのは、本当に嬉しいです。
ありがとうございました(*^-^*)

★ レイさんへ ★
節約って、自分が欲することをひたすら我慢することではないですよね。
レイさんが、何に価値を見出してお金を支払うかは、レイさんのものさししだいですもん。
おいしっくす、いいじゃないですか!

自分自身をいかにハッピーにしてあげられるか。それが大切ですよね!

現在コメントは受け付けておりません。