ふろしきやのお弁当風呂敷(おべんとふろしき) 500円也。

ふろしきやのお弁当風呂敷(おべんとふろしき) かまわぬ&とんぼ

もう何年も使っている夫のお弁当箱(プラスティック製)がちょっと変形してしまい、容器と内ブタがうまくはまらなくなってしまいました。慣れ親しんだお弁当箱ですが、そろそろ買い替えの時期かもしれない・・・といろいろネットショップを見ていたら、曲げわっぱのお弁当箱に目を奪われてしまいました・・・。曲げわっぱ、格好いい!
前にDECOさんの曲げわっぱ弁当の写真を見たときから、素敵だな~と思っていたんですが、こんなお弁当箱なら、私が作るなんてことないお弁当でもおいしそうに見える気がします。

    

ですが、曲げわっぱのお弁当箱にも種類・サイズがいろいろあるうえ、値段も安いものではないので、もう少し熟考して購入を決めたいと思っています。とはいえ、気分はすっかり曲げわっぱの方を向いている私。一足お先にお弁当を包む布だけでも・・・と思い、購入したのが、上写真「ふろしきや」のお弁当風呂敷(おべんとふろしき)。1枚500円也。


*
「ふろしきや」は、その名の通り、楽天市場の中にある風呂敷やさん。
風呂敷や手ぬぐいなど、常時2万点以上の在庫を揃えているほか、オリジナル風呂敷の制作を受けつけていたり、はたまた店主さんはふろしき活用術の本を出版されていたり・・・と、まさに
”風呂敷専門店”と呼ぶにふさわしいショップです。

お弁当を包むのにちょうどよいサイズのお弁当風呂敷(おべんとふろしき)にもこんなにたくさん図柄があるので、選ぶのに少し迷いましたが、今回私が購入したのはこちらの2柄。↓

      

 江戸の粋-かまわぬ         とんぼ(いせ辰)

粋でしょう~。雰囲気あるでしょう~っ!? ^^
左側の「かまわぬ」というのは、元禄時代・江戸の町奴の間で流行した柄だそうで、金茶の縁どり、縞は明るい灰緑、濃藍、赤錆、生なりの色。文字は「鎌」と「輪」と「ぬ」で、”かまわぬ”。
・・・洒落てますね。

サイズは48cm×48センチ。綿100%シャンタンでしっかりとした生地です。
(※シャンタンとは、たて糸に生糸、よこ糸に玉糸(節をもつ生糸)を用いて交互に交差して織られた平織物のことだそうです。つむぎのような節があり、見た目に趣があるのが特徴とのこと。)

「かまわぬ」柄は、広げた状態だと派手かなと思うのですが、上写真のようにお弁当箱を包んで結ぶとじつにいい感じになります。(サイズもちょうどいい!) 実はこの写真、中に入っているのは透明のタッパーウェアなのですが、早くほんものの曲げわっぱが欲しくなりました。。。

右側の「とんぼ」は、額取は革色(暗い灰みの緑)、地色は鉄紺(暗い紫みの青)、とんぼは白。
とんぼは「勝ち」を呼ぶといわれるそうで、武道の方に好まれるのだとか。渋めの男性に好まれそうな図柄という印象です。サイズ50センチ×50センチで、同じく綿100%シャンタン。

こちらのおべんとふろしき、どれでも1枚500円なので、2枚で1,000円。送料もメール便対応なので80円で済みました。お手ごろ価格なのが嬉しいです。
丁寧に手書きの送り状も添えてくださっていて、店主さんのお心遣いが感じられるお店でした。

想像以上に素敵なお品だったので、日ごろ自分用のお弁当を作ることのない私も、MYおべんとふろしきが欲しくなってしまったほど。何もお弁当箱を包むだけでなくて、ちょっとした小物を包むのに使ったり、かばんの中に忍ばせておくのにもいいですよね。

ちなみに、私が自分用に欲しいなと思っているのはこちらの柄。
ちょっと季節はずれではありますが、特に「ほたる」がすごく素敵です・・・。
(ぜひ拡大して見てみてください。パッと見、蛍ってわかんないかも?)

      

   ほたる            市松あさがお・紺

500円という手ごろな価格ということもあって、ちょっとしたプレゼントや、さりげないお礼の品としてもよさそうですね。私なら、無難なタオルとかをもらうよりも、こんな実用性の高い、粋なおべんとふろしきを贈られるほうがずっと嬉しいし、贈り手のセンスを感じるだろうと思います。^^

あ、外国の方へのお土産とか、ホームステイに行くときの手土産などにも喜ばれそうですね。
(伝統的和柄、手ごろな価格、軽い、かさばらない、実用性があるという点でうってつけ!)

ハンカチやバンダナでお弁当箱を包んでいる方は多いかと思いますが、たまには気分を変えてこんな風呂敷で包んでみるのはいかがでしょう。ぐっと雰囲気が変わるかもしれませんよ。^^

>> ふろしきや おべんと風呂敷(おべんとふろしき) 図柄一覧を見る
※1枚500円、少ない枚数ならメール便対応可(80円~)

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。

2 COMMENTS

Jewel

ayan さん、こんばんは~^^
わたしもこの春からまげわっぱのお弁当箱使っているんです。
白木のと漆塗りのと2種類購入して、交互に使っていたのですが、
白木のほうのは早くも劣化してしまって(一部がカビっぽくなってしまったのです。)先日処分したところです。白木のはずぼらなわたしにはお手入れが難しかったみたい。
漆塗りのは何の問題もなく使えています。
まげわっぱのお弁当箱だとほんとになんてことない手抜きのお弁当でもおいしそうに見えるのが不思議です。
ふろしきも素敵ですね。ほたる、とても上品!

管理人ayan

★Jewelさんへ

こんばんは、コメントありがとうございましたっ!
(お返事ものすごく遅くなっちゃって、失礼いたしました。m(_ _)m)

Jewelさんもわっぱのお弁当箱をお使いなのですね。
白木のわっぱって、扱いが難しそうなのですね。カビっぽくなってしまうなんて。
白木も素敵だな~(でも高いな・・・)とちょっと惹かれる気持ちもあったのですが
Jewelさんのお話を聞いたら、「やっぱり塗りよね!」という心を決めた私です。
(ズボラです。。。^^;)
教えてくださってありがとうございました。

塗りのまげわっぱのお弁当箱を買ったら、今回買ったおべんとふろしきで
包むのが今から楽しみです。わくわく♪

PS: 先日のホワイトゴマージュ、愛用しています!
香りも好みだったし、なにより洗い上がりが気持ちいいですね~。
Jewelさんのおかげでいい商品に出会えましたっ。ありがとうございました。

現在コメントは受け付けておりません。