ニッピの「食べるコラーゲン」 20日分が初回限定お試し価格987円

ニッピの「食べるコラーゲン」

毎日たっぷり化粧水やクリームで保湿しているはずなのに、夕方になると肌がカサつき、ほうれい線がくっきりしてくるのは、この乾燥した空気のせい?
・・・と思っていたのですが、どうやら足りていなかったようです、コラーゲン。


*
25歳をピークに、年齢とともにどんどん失われていく体内のコラーゲン。コラーゲンが「肌にハリを与える」「関節のクッションの役割をする」「血管をしなやかにする」など、重要な役割を担っているのは知っていたので、私は継続的にコラーゲンを飲んでいました。
でも、しばらく前にストックがなくなってしまったとき、肌の調子がまあまあ良かったこともあり、「まぁ、いいか」と買わずにそのまま(コラーゲン摂取せず)いたのがどうもよくなかったみたい・・・。

なぜそう思ったかと言うと、1週間ほど前にモニターでニッピの「食べるコラーゲン」をいただき、それを毎日飲み物に混ぜて摂るようにしたら、はっきり手ごたえを感じたからです。それで、「あぁ、内側から補うモノが足りなかったのか~」と気付いた次第。

コラーゲンに限ったことじゃないかもしれませんが、飲み続けていると、その良い状態が普通になっちゃって、なんとなくそれが自分のスタンダートだと思い込んでしまうこと、ありますよね。でも、そうじゃなかった・・・(汗)

国内シェアNo.1のメーカー「ニッピ」のコラーゲン

ニッピの「食べるコラーゲン」

私が摂っているニッピコラーゲン100は、国内コラーゲン原料No1シェアを誇る原料メーカー「ニッピ」のコラーゲン粉末サプリ。国内製造された高純度のコラーゲンだそう。

ニッピは国内原料のコラーゲン製品の多くに原材料(コラーゲンそのもの)を提供していて、私たちがが普段目にするコラーゲン原料の多くに使用されているのだそうです。
世界で初めてコラーゲンを水に溶かす技術を開発したのも、ニッピなんですって。

コラーゲンは、動物性の原料を使って作られるものなので、信頼できるメーカーのものであるか、安心安全なものであるか、気になるところ。
ニッピは国内工場で原料から製品になるまで一貫して製造されているというし、「第36回食品産業技術功労賞」やら、「2011年度モンドセレクション最高金賞」受賞など、その功績や品質が認められているので、ここのコラーゲンなら大丈夫だろうと思えました。

無味無臭なので、飲み物や料理に混ぜて手軽に摂取

ニッピの「食べるコラーゲン」

1日に専用スプーンですりきり1~2杯(5~10g)を目安に、溶かして摂ります。
私はコーヒーに溶かすことが多いですが、無味無臭なのでほとんど気になりません。

一度にたくさん摂るよりは、回数を分けて少量ずつ摂るほうがいいらしいですよ~。

ニッピの「食べるコラーゲン」

熱に強く、冷たいものにもサッと溶けるので、お味噌汁やスープ、牛乳やヨーグルトなどに混ぜてもOK。ご飯に混ぜるなら炊飯時に、カレーや煮ものなら作り始めの水分が多いうちに加えれば良いそうです。飲み物や料理の味をじゃましないので、摂り続けることのストレスは、ほぼゼロだと思います。

ニッピコラーゲン 20日分お試し 987円送料無料

ニッピコラーゲン100お試し用は、たっぷり20日分(※付属のスプーンに1日1杯摂取の場合)入って、初回限定価格987円、送料も無料とお手ごろ価格。
1,000円未満なら、「ちょっと気になるな」という方も試しやすいんじゃないかと思います。

「(化粧水や乳液やクリームで)外からしっかり保湿してるのに、カサつく/ハリがない/シワが気になる」という方は、もしかしたら内側からの補給が効果的かもしれませんよ。
(・・・久しぶりにコラーゲン摂取を再開して、つくづくそう思いました。)

DSC09067.JPG
  ニッピ小冊子 誌面より

化粧水や美容液は、それを塗ったところにしか効かないけれど、体内にコラーゲンを入れれば、体全体の肌、髪、爪、骨にまで働きかけてくれるから、ワリがいいと思います。

私は、年末年始に親戚や友達などに会う予定なので、このまま欠かさずコラーゲン摂取しようと思います。久しぶりに会って「老けたな~」って思われたくないですもんね。^^;

ニッピの「食べるコラーゲン」お試し 初回限定987円(送料無料)

ニッピ コラーゲン100お試し用