マイカーにステッカーを貼ってドライブすると、スポンサー料がもらえる!

クセ毛・うねり髪ケアに! 美容室EARTHの「シルクワンチャージシャンプー」

アースハート シルクチャージ シャンプー

最近、空気が乾燥してきたせいか、髪のうねり・パサつきが気になるようになってきたので、美容室「EARTH」のシルクワンチャージシャンプーを使い始めました。
私が普段使っているシャンプーに比べ、かなりお高かったのですが、コンディショナーやトリートメント不要、このシャンプーだけでサラツヤ髪に・・・という口コミを読んで、買ってみた次第です。

「シルクワンチャージシャンプー」は、現在公式オンラインショップで購入できますが、それに先駆けて、全国のEARTHサロンで先行発売をしたところ、わずか5か月で10万本も売れたという人気のシャンプーなのだそうです! アミノ酸主成分のシャンプーで、サロン専売なので、決して安くはないのですが、それでも10万本も売れるなんて!とびっくり。
(サロンで、このシャンプーで洗ってもらったお客さんが、気に入って買っていくのでしょうか?)

シルクワンチャージシャンプーの特徴

アース シルクワンチャージシャンプー

シルクワンチャージシャンプーは、その名前の通り、洗いながら髪を補修し、シルクのようなサラサラでツヤツヤの質感に導いてくれるシャンプー。傷んで乾燥しがちな髪を洗いながら補修し、ツヤ髪へ導くシルク由来成分が通常の100倍も配合されており、その贅沢な成分は「まるで洗う美容液!」と言われるほどなのだとか。

洗浄成分として、「天然由来シルク界面活性剤」というものが使われているそうです。天然由来シルク界面活性剤は、ハイグレードな原料で、洗いながら髪を補修するトリートメントシャンプー基材とのこと。その天然由来シルク界面活性剤を筆頭に、グルタミン酸、アラニン、グリシンなどアミノ酸系素材を配合することで、髪にシルクのようなサラサラツヤツヤの質感を与えるのだそうです。

シルクワンチャージシャンプー 全成分

シルクワンチャージシャンプーの全成分は以下の通り。

水、ラウロイルシルクアミノ酸K、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドプロ ピルベタイン、ココイルメチルアラニンNa、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、コカミドDEA、ココイルグリシンK、 ラウリルグルコシド、グリセリン、ラウロイル加水分解シルクNa、白金、加水分解シルク、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒ ドロキシプロピル加水分解シルク、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、カンゾウ根エキス、チャ 葉エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、イソステアロイル乳酸Na、オレイン酸ポリグリセリル-10、セルロースガ ム、ソメイヨシノ葉エキス、ポリクオタニウム-10、ダマスクバラ花油、ステアリルトリモニウムサッカリン、ペンチレングリコール、 DPG、エタノール、BG 、クエン酸、炭酸水素Na、ペンテト酸5Na、香料、フェノキシエタノール、イソプロパノール、メチルパラベン

 (公式サイトより引用)

一般的に、シャンプーは「石油系シャンプー」「石鹸系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」に分かれますが、このシルクワンチャージシャンプーは「アミノ酸系シャンプー」ということになるようです。
ただし、アミノ酸系100%…というわけではないみたい。メインとなる成分がアミノ酸系(シルク由来)なので、私は別に気になりませんが、ご参考まで。

シルクワンチャージシャンプー

クセ毛・うねりの原因となる「髪の内側の乾燥ダメージ」を補修

このシルクワンチャージシャンプーの何がいいの!?というと、髪一本一本の表面(キューティクル)のケアをするだけではなく、髪の内側(コルテックス)までしっかり補修してくれる、というところ。

私はもともと髪にクセがあり、広がりやすかったり・うねったりしてしまう髪質です。でも、そのうねりが30代半ばから、なんとなくひどくなってきたように感じていたんですよ・・・。それで、美容院に行ったとき、美容師さんにそのことを相談すると、「それは髪の乾燥老化です。」と言われました。髪一本一本の内側の水分量の差が「伸び」と「縮み」をもたらし、うねりやハネの原因になるのだとか。

つまり、髪の表面だけでなく、髪の内側の成分を補修しないと、根本的な解決ができない・・・
シルクワンチャージシャンプーは、表面(キューティクル)のケアだけでなく、水分が流出してしまった髪の内側のコルテックスの成分を補修してくれるので、髪のうねりが改善されやすいのでしょう。

シルクワンチャージシャンプーの使用感

フェイスライン

私はまだ使い始めて一週間くらいですが、確かに、このシャンプーだけで、コンディショナーもトリートメントも使っていないのに、髪が落ち着いて、まとまりやすくなってきたように感じています。

ちなみに、シャンプーを泡立てた状態で3分ほど放置する(泡パック)と成分がよく浸透するらしいので、私はそうしています。(ただ、香りは、個人的にはあまり好きとは思えない香です・・・)

ノンシリコンなので、洗い流したあと、トゥルントゥルンの指通りにはなりませんが、きしむということはありません。ドライヤーでしっかり乾かすと、うねりにくく、素直な毛流れになってくれます。
(※私はドライヤーはイオンドライヤーEH-NA94を愛用しています。風量が大きく、パワフルで、髪を早く乾かせるのでおすすめ! 自然乾燥だとどうしてもうねりが出やすいので。)

現時点の感想を簡単に書くと、

私が思うシルクワンチャージシャンプーのいいところは、髪表面だけでなく、内側まで補修してくれるので、健康な髪状態に近づき、うねり・パサつきがへってきている気がするところ。コンディショナー、トリートメントなしでもしっかり髪がまとまるところ。(※ただし、ドライヤーでちゃんと乾かした場合。)

私が思うシルクワンチャージシャンプーのイマイチなところは、(石油系シャンプーに比べ、原材料が高価な)アミノ酸系シャンプーなので仕方がないですが、1本3,150円と価格が高いところ。

まぁ、まだ髪の乾燥はしているし、パーフェクトとはいいがたい髪状態ではありますが、シルクワンチャージシャンプー1本を使い終わる頃に髪がどんなふうに変化しているのか、今から楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA