わが家に新しい猫が1匹加わりました。2匹目の猫(もみじ)の話。

公開日: : 最終更新日:2015/05/18 猫との暮らし


IMG_7472

約2年半前から猫(チャイ)を飼っているわが家ですが、このたび、縁あって、新たにもう1匹、猫(5か月メス)を迎えることになりました。猫を多頭飼いするときは最初から2匹以上で飼うほうがよいと聞くけれど大丈夫かな?とか、(主に経済的な面で)ちゃんと終生お世話ができるかな?とか、いろいろ心配で、たくさん家族で話し合ったけれど、それでもやっぱり迎えたい!ということになり、猫2匹との暮らしを決めました。


新たに猫を迎えることになった経緯

こたつのなかの猫2匹

今回、子猫(といっても、もう5か月なので、そこまでちっちゃいわけではありません)の貰い手を探していたのは、同じ町内に住む60代のご夫婦。私とは、いっしょに町内会の役をしている間柄です。
昨年秋に野良猫が赤ちゃん猫をつれてそのご夫婦のお宅の庭にやってきて、赤ちゃん猫を置いて行ってしまったため、保護されたとのこと。しかし、そのお宅にはもともと飼っている老猫がいて、老猫が赤ちゃん猫を嫌がって、ストレスをためてしまっているということで、貰い手を探されていました。

お話を伺い、「うちの先住猫(チャイ)との相性が良いようであれば、迎えたい」というこちらの意向を伝え、まずはトライアル期間(お試し期間)として、1週間ほどその子猫を預かることになりました。

ケージに入れられてわが家にやってきた子猫は、最初ブルブルと震えていて、2日間ほどは、押し入れの奥に入り込んでしまって、出てきませんでした。チャイのほうはというと、シャーッと威嚇するそぶりもなく、「なにこれ?」というな様子で、子猫を見ていました。

「大丈夫かなぁ? 仲良くなれるかなぁ?」と気になりつつも、放っておいたら、初対面から3日目、子猫が緊張(警戒?)を解き、チャイのそばに近づいてくるようになりました。相性が良かったのか、上写真のように一緒にこたつに入ってリラックスしている様子。

IMG_7472

翌日にはくっついて眠ったり、毛づくろいしあう姿も見せてくれました。

momiji2014111

知らない家へ連れてこられた緊張と警戒を解いてくれたあとは、(子猫のときから人に保護されているので)人なれしている猫らしく、平気でくっついてきます。
1週間の予定のトライアルでしたが、チャイとの相性はかなり良いみたいだったので、保護主さんに連絡をし、血液検査をしてもらった上で、正式譲渡をしていただきました。

保護主さんもこのコを数か月飼って愛着を持っていらして、手放すのは少し寂しそうでしたが、それ以上に喜んでくださいました。ご自分たちが60代ということで、今から(20年生きるかもしれない)子猫を責任もって飼うことが、私たちにはできないから、若いご家族に迎えてもらったほうがきっとこのコが幸せになれる思う・・・という言葉が印象的でした。

新猫の名前は「もみじ」です。

猫

新猫の名前は、「もみじ」です。保護主さんが仮につけていた名前だったのですが、猫もそれになれているようだったし、かわいい名前だったので、そのまま「もみじ」と呼ぶことにしました。
2人の娘たちももみじが来てくれて、嬉しくてたまらない様子。先住猫(チャイ)が機嫌を損ねないように、なんでもチャイを優先にするのよ・・・など、新猫を迎えるときの心得(本で読んだり、人に聞いたりしたもの)を教えておきましたが、しばらくはニューフェイスのもみじに夢中になりそうです。(そのぶん、私はチャイをかわいがろうっと。)

飼い猫を1匹増やすことで、経済的な負担(フード、猫砂などの消耗品、ワクチン接種、旅行時のペットホテルなど)は今までよりも増えることでしょう。長生きする猫は15~20年生きることもあると聞くので、もし20年生きたら、私たち夫婦は50代後半・・・。
チャイを飼うようになる前は(猫好きになる前は)想像もできなかったことだけれど、お金がかかっても、手間ひまがかかっても、それでも猫との暮らしは楽しい! くっつきあって眠る2匹の猫を見ているだけで、ニマニマしちゃうくらい、幸せをもらってます。

思うに、お金は、「使うことで、自分が充足感や幸せを感じられることに使う」のが一番ですよね。何に充足感や幸せを感じるかは人それぞれ。猫を飼うことにそれを感じる人もいれば、きれいなネイルをすること(例えです)にそれを感じる人もいる。それは人と違っていて当然だし、自分の感覚に従えばいいと、私は思っています。
(まぁ、家族とはその感覚が近いのがいろいろ便利だと思いますが。)

そんなわけで、我が家はこれから猫2匹との暮らしが始まります。よろしくね、もみじ!

momiji2014111-3

(新しいピンクの首輪を買いました。)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

この夏、初めて飼い猫をペットホテルに預かってもらった話

記事を読む

猫好き、必見! 雑誌『クロワッサン』12/25号はネコ特集ですよー。

猫好きな方、必見! 雑誌『クロワッサン』の最新号(12/25号)は、ネコ特集号ですよ~。

記事を読む

デザインカラーや猫型つめとぎなどかわいい猫グッズがそろうiDog&iCat

私の住む東海地方も梅雨明けし、いよいよ本格的な夏が始まりました。わが家の猫たちも、家の中

記事を読む

雨の日の猫

昨年6月に我が家へやってきた猫のチャイ。里親制度で譲ってくれた方の話によると、2011年3月31日が

記事を読む

換毛期に! 「ガイアの夜明け」で紹介された簡単抜け毛取りクリーナー

この春1歳の誕生日を迎えた我が家の猫、チャイ。最近、冬毛から夏毛にかわる換毛期らしく、抜け毛の量がす

記事を読む

管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス主婦。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。
旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。

>> 詳細プロフィールはこちら

記事数 : 1,288 / コメント数: 2750

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑