ビビットなカラーと透明感が夏らしい クロックス カラーブロック フラット

クロックス カラーブロック ウィメン

crocs(クロックス)から、イベントで展示に使用したカラーブロック フラットウィメン ColorBlock flat wiconをモニターとしていただきました。どの色が来るかはお楽しみ・・・だったのですが、私のところに届いたのは、上写真のMelon / Pool(メロン/プール)というカラーでした。(このピンク色はあまりメロンっぽくない気がしますが。)
自分ではなかなか選ばなそうな色ではありますが、キャンディーみたいなポップでビビットな色の組み合わせはとてもかわいくて、ウキウキした気持ちになりました。^^

では、いろいろな角度からの写真とともに、詳しく紹介していきますね!

カラーブロックシリーズ カラーブロック フラット ウィメン

クロックス カラーブロック フラット ウィメン

クロックス カラーブロック フラットウィメン(ColorBlock flat w)は、ビビットなカラーと透明感が夏らしい”トランスルーセント(translucent)”コレクションの中のひとつ。

トランスルーセントコレクションには、カラーブロック、リオ、ワラチェ、アドリナなど、いろいろなアイテムがありますが、カラーブロックシリーズは、2015年春夏商品の中で、クロックス女性社員さんたちの一番人気アイテムなのだとか。

クロックス カラーブロック

透明感のある素材と、鮮やかなキレイ色の組み合わせは、確かに夏によく似合いそう!
素材は甲がTPU、底が合成樹脂と書かれています。「TPUって何だろう?」と思って調べてみたところ、「熱可塑性ポリウレタン」のことでした。プラスチックの一種で、スマホカバーなどにも使われており、ゴムのようなしなやかな弾力性と、プラスティックの強さを持つ素材なのだとか。

クロックス カラーブロックフラット

上の写真で、ピンク色(melon)の部分と、水色(pool)の部分は、見た目も触った感触も全然違うんです。足の側面から踵を囲むピンク色部分はややざらっとした滑りにくそうな感触、水色の部分はつるっとした柔らかめの感触。(※クロックスサイトの説明によれば、水色部分は、ゼリーのような質感をイメージして新開発されたそうです。)

ソール(足の裏が触れる面)はクロスライト素材で、軽い履き心地とほどよいクッション性があります。この感触は一般的なクロックス製品をイメージしてもらえばよいと思います。

クロックス カラーブロックフラット

カラーブロック フラット ウィメンの側面。ヒールの厚さは約3センチです。
高いヒールのものより気負わず普段履きできて、ぺたんこのビーチサンダルよりはかかとが気持ち上がる分、歩きやすそうです。

カラーブロックフラット 履いてみたところ

カラーブロック フラット ウィメンを履いてみたところ。私の足はやや甲高ぎみで、普段は23.5cmの靴を履いています。(23cmより24cmに近い23.5cmです)
今回サイズを迷ったのですが、クロックスのサンダルはW7でちょうどいいので、カラーブロックフラットもW7(23cm)を選びました。結果、サイズはきつすぎずゆるすぎず、ちょうどよかったです。踵にひっかける部分も、ぴたっと止まる感じ!
足のかたちが細身・普通の方は足の実寸から-1サイズ、甲高・幅広の方は足の実寸サイズそのままが良いようです。ご参考まで。

まだ試し履きしただけなので、これからたくさん履いて歩いて、また感想を書きますね♪

続き書きました→ クロックス生誕祭 全品20%OFF&カラーブロック フラットの履き心地

クロックス公式オンラインショップ

トランスルーセントコレクション

クロックス 公式オンラインショップ

▼新規メルマガ登録(無料)で、今すぐ使えるクーポンもらえます。
クロックス オンラインショップ