ツイート数がわからない、誰がツイートしてくれたか知りたい…ならこの方法

「ツイッターがブログのツイートボタンのツイート数表示をやめたから、自分の記事の反響(ツイート数)がわからない、誰がツイートしてくれたかわからない…」

とあるブロガーさんがそんな風にぼやいていたので、私が日ごろ「誰が自分の記事をリツイートしてくれたか」を見るときに使っている方法を教えたところ、「そんなやり方があったんだ!」と驚かれました。

私自身は、誰に教わったわけでもなく、ずっと自然にやってきたことなので、その方法を知らない方がいたことにびっくり。でも、知らない人がいるなら、ブログ記事にしておけば誰かの役に立つかなーと思ったので、この記事を書いています。

誰が自分の記事をツイートしてくれたか知りたいなら

Twitter ツイッター 検索

誰が自分の記事をツイートしてくれたか知りたいなら、ツイッターの右上にある検索窓に、「自分のサイトのドメイン」もしくは「記事タイトルの一部(単語)」を打ち込んで、虫眼鏡アイコンの検索ボタンを押せばOK!

スマホからの場合も、右上に虫眼鏡アイコンがあるので、それをクリックして現れた検索窓に「自分のサイトのドメイン(http://の部分は不要)」もしくは「記事タイトルの一部(単語)」を打ち込めばOK。

誰かが自分のサイト/ブログ記事のツイートボタンを押してツイートしてくれてると、そのツイート(投稿)には、ページURLとページタイトルの文字列が含まれると思います。なので、それを検索で探す、というわけですね。

(記事タイトルで検索する場合、あまりに短い文字列だと、関係ないツイートがたくさん出てきてしまいます。個人的にはドメイン名で検索のほうが好きです。)

ツイッター 検索結果

こんな感じで検索結果が出ますが、最初は「トップ」というタブ(?)で検索ワードのドメイン名や記事タイトルが含まれるツイートが表示されるのですが、「トップ」ではなく、その右側の「ライブ」というタブを開いて見るほうが、数が多く出てきます。

(どういう仕組みなのかよくわかりませんが、「トップ」のほうには表示されず、「ライブ」のほうにだけ表示されるツイートが結構あります。)

ツイッター 検索結果 スマホ

スマホからの場合は、「トップツイート」ではなく「すべてのツイート」のほうを見るようにすると良いと思います。

これで100%もれなく表示される・・・のかどうかは私にもわかりませんが。

誰がツイートしてくれたかを知ると、お礼も伝えられる

私はこの検索方法で、自分の記事をツイートしてくれた人を確認しています。
記事のツイートボタンにツイート数が表示されなくても、自分の記事を読んでくれた人がどんなコメントを書いてくれているか、誰が自分の記事を読んでツイートしてくれたかは知りたいですし、お礼(リプライ)も言いたいからです。

(私に限らず、文章を書いている人は、読んでくれた人の反応が次の記事のモチベーションになっている部分が大きいと思います。)

別に、毎日毎回これをする必要はないと思うのですが、想いを込めた記事を公開したときなど、やっぱり反応が気になる人も多いと思うので、そういうときに言及ツイートを探せるのは便利なんじゃないかな、と思います。

「以前はツイートボタンのツイート数の吹き出しをクリックすれば、その記事をツイートしてくれてる人が全部わかったのに、今はそれができないから不便」「反響がわからないのがさみしい」と思っている方は、試してみてください♪

【補足】
短縮URLなどの場合は、検索にひっかかってこない可能性があるかもしれません。また、体感として、実際のツイートから検索結果に上がってくるまで少しタイムラグがあるような気がしています。

自分の記事のツイートボタンからツイートしてくれたすべてのツイートが表示されるわけではない(かもしれない)ことをご理解ください。
(ドメイン名で検索+記事タイトルの一部の両方で検索するとベターかも。)