フィンランド ヘルシンキでもっとも古いカフェ Café Ekberg(エクべリ)

フィンランド ヘルシンキでもっとも古いカフェ Café Ekberg(エクべリ)

公開日: : 最終更新日:2016/12/12 フィンランド&エストニア旅行2016

EKBERG(エクベルグ)

フィンランドの首都ヘルシンキでは、ホテル インディゴ ヘルシンキ ブールバード Hotel Indigo Helsinki というブティックホテルに宿泊したわけですが、そのすぐ近くにヘルシンキでもっとも古いカフェ「Café Ekberg (エクべリ)」があります。

(※最初、お店の名前は英語風に「エクベルグ」と読むと思っていたのですが、スウェーデン風に「エクべリ」と読むそうです。)

1852年にスウェーデン系フィンランド人が創業したというCafé Ekberg は、創業160年を超える老舗で、現在のオーナーが4代目。もっとも古いカフェであると同時に、もっとも古い自営業者でもあるとのこと。



ekberg1

月曜日は朝7時30分から、土曜日は朝8時から、日曜日は朝9時から開店しています。

ekberg19

カフェとしての利用以外にも朝食ブッフェを目当てに来る人も多いです。

オートミールのおかゆ、シリアル、たまご、ハム、チーズ、サラダ、パン、クロワッサン、フルーツ、ジュース、コーヒー、紅茶を好きなだけいただくことができ、値段は平日は11.5ユーロ(約1,440円)、土日は17.9ユーロ(約2,240円)。

なお、エクベリの朝食ブッフェは平日は10時30分まで、土日は13時30分まで。

ekberg16

店内は落ちついた雰囲気で、古き良きカフェという言葉がぴったり。

ekberg17

入り口にあるカウンターのショーケースには色とりどりのケーキやおいしそうなパンが並んでいます。

ekberg23

フィンランド語、そして(フィンランドの公用語である)スウェーデン語の表記がありますが、英語表記がないので読めません……。パンは3ユーロ(約375円)~4ユーロ(約500円)台のものが中心。

フィンランドのレストランやカフェのメニュー(紙に印刷されているメニュー)は英語が併記されていることがほとんどですが、こうしたポップや、マーケットの手書きの案内などは英語表記がないことがけっこうあります。

ekberg24

クリスマスっぽいデコレーションのついた大きな黒パン。値段がなかったので飾りなのかも?

ekberg25

ekberg27

カウンターのショーケースにはCafé Ekberg特製のケーキがずらり。ケーキは1カットがだいたい5ユーロ(約625円)~7ユーロ(約875円)でした。

実はこのカフェの隣にはEkbergのパティスリーがあり、そちらでは持ち帰り用のケーキを購入することができます。

ekberg13

手前のEKBERGの看板がカフェ、奥のEKBERGの看板がパティスリー(菓子店)です。

ekberg14

ちょうどクリスマスシーズンだったので、パティスリー(菓子店)の通りに面したショーウィンドウにはお菓子の家が飾られていました。残念ながら今回は時間がなくて、店内をのぞくことができませんでしたが、焼き菓子などのお土産を買うのによさそうですね。

ekberg18

EKBERGの外観が描かれたメニュー表。こちらは英語表記ありです。

ekberg20

ちょっとパンキッシュな若いウェイターのお兄さん。

ekberg21

ドリップコーヒー3.4ユーロ(約425円)、カプチーノ4.2ユーロ(約525円)、カフェラテ4.8ユーロ(約600円)。

ekberg22

コーヒーもおいしく、ヘルシンキっ子たちに交じってゆったりとカフェタイムを過ごせるCafé Ekberg (エクベリ)。週末やランチタイムなどはかなり混雑することもあるようですが、ヘルシンキのデザイン地区を訪れたらぜひ立ち寄ってみてください。

※文中に記載している価格は2016年12月現在のものです。
※文中の日本円表記は2016年12月のレート、1ユーロ=125円で計算しています。

お店の名前 Café Ekberg
お店の住所 Bulevardi 9, 00120 Helsinki
公式サイト http://www.cafeekberg.fi/

▼このカテゴリのほかの記事はこちらから
フィンランド&エストニア旅行記

[本記事はLinkトラベラーズの一員として、エストニア政府観光局主催のプレストリップに参加し、執筆しています。]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

タリンのクリスマスマーケットのクリスマスツリー

中世の雰囲気が楽しめるエストニア タリン旧市街のクリスマスマーケットをのぞいてみよう!

フィンランドからバルト海をフェリーで渡ってエストニアに到着したその日の夜、首都タリン(Tal

記事を読む

Leib 店内

店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

エストニアの首都タリンには、エストニア料理の食べられるレストランがたくさんありますが、今回私

記事を読む

【読者プレゼント企画】フィンランド&エストニアのおみやげを5名の方にプレゼント(~12/23)

いつも当ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。 ここ数日フィンランド&エス

記事を読む

エストニアってどこにあるの? どんな国なの? エストニアはフィンランドからフェリーで約2時間

エストニア政府観光局のプレス・トリップに参加し、フィンランド&エストニア旅行中の取材班。2泊

記事を読む

ラヘマー国立公園 ヴィル湿原

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く

中世の雰囲気を今に残すタリン旧市街はエストニアの観光のハイライトですが、何もタリン旧市街だけ

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,265 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑