Restaurant Grön レストラングローンでモダンな北欧料理・フィンランド料理をいただく

Restaurant Grön レストラングローンでモダンな北欧料理・フィンランド料理をいただく

公開日: : 最終更新日:2016/12/12 フィンランド&エストニア旅行2016

Restaurant Grön

北欧フィンランド・ヘルシンキに泊まった最初の夜は、「Restaurant Grön (レストラングローン)」というモダンな北欧料理・フィンランド料理のお店で夕食を食べました。


Restaurant Grönは、いわゆる伝統的な北欧料理・スカンジナビア料理・フィンランド料理を提供するお店ではなく、北欧・スカンジナビアンならではの食材や調理法は取り入れつつも、新しさを織り交ぜたモダン・キュイジーヌをいただけるレストラン。

店内はさほど広くありませんが、金曜の夜ということもあり、ほぼ満席に近い状態でした。

Restaurant Grön パン

最初にでてきたのは自家製の天然酵母パン。長時間発酵をして高温で焼きあげたというパンは、表面の皮がぱりっと香ばしく、内側はややしっとりで、とってもおいしい!

添えられていたホイップバターには、レモンバーベナ(lemon verbena )と呼ばれるハーブ入りソルトが混ぜられており、軽くて酸味があります。初めて食べる味ですが、柑橘系のさわやかな香りと味わいがとっても気に入りました。

Restaurant Grön  マッシュルームのパイ

スターターは、森のキノコ(フォレスト・マッシュルーム)とほうれん草のパイ。上に載っている赤い実は「リンゴンベリー」という北欧で自生するベリーの一種です。フィンランド語では「puolukkahillo」、日本人は「コケモモ」と言うほうがなじみがあるかもしれませんね。

リンゴンベリー(コケモモ)はスカンジナビア料理に欠かせない定番の食材で、実のまま使うほか、保存のきくジャムにして使うことも多いそうです。

パイはバターリッチなデニッシュタイプではなく、タルト生地をごく薄く焼いたような、固くて歯ごたえのあるパイでした。

Restaurant Grön ビーフ

もう一品のスターターは、ドライ・エイジングビーフ(乾燥熟成牛肉)を細かく刻み、揚げたケール(アブラナ科の葉野菜)をのせて、マスタードソースをかけた料理。

ビーフタルタルのような感じというとイメージしやすいかもしれません。味わい深い生の牛肉とケールの組み合わせがおいしくて、ソースは少々塩気が強かったものの、ワインにとてもよく合う味でした。味が濃いので、白いご飯にのせてどんぶり風にしてもおいしいかも!

ケールは、日本では青汁の原料として有名なので、青臭くて食べにくいイメージを持っている人もいるかもしれませんが、このケールは素揚げにしてあり、パリパリ・さくさくとしたクリスピーな食感で、青臭さはちっとも感じませんでした。

Restaurant Grön メインプレート

メインは菊芋(Jerusalem artichokes)などの野菜のグリルと生野菜を濃厚なソースとともに。

上にのっていた湯葉のようなものは何なのかよくわかりませんでしたが、どの料理も盛り付けがおしゃれでモダン。

Restaurant Grön  デザート

デザートはりんごのグラニテ(シャーベットのようなもの)とホワイトチョコレートのクランブル(そぼろ状のもの)に、アップルビネガー入りのキャラメルソースをかけたもの。

グラニテはさっぱりなのですが、ホワイトチョコレートクランブルがけっこう甘く、さらに濃厚なキャラメルソースまでかかっているので、たくさんのお料理とワインをいただいたあとの私は完食できませんでした。日本人感覚では、デザートはグラニテだけでも良かったかも。

でも、どのお料理も、スカンジナビア料理・フィンランド料理をベースにはしているものの、モダンで斬新なアレンジが取り入れられていて、ヘルシンキのおしゃれなレストランとして人気があるのも納得です。

外国人むけの「伝統的な昔ながらのフィンランド料理」を提供するレストランではなく、ローカルの人たちがモダンなスカンジナビア料理を食べに行くレストランなんだろうな、と感じました。

Restaurant Grön スタッフ

若いスタッフたちはフレンドリーで、きびきびとしており、料理の説明なども丁寧にしてくれます。(英語)

Restaurant Grön 店内風景

店内はやや薄暗く、テーブルにはキャンドルの炎がゆらめき、しっとりとした大人の雰囲気。カップルやグループでゆっくりと会話を楽しみながら食事をしている人たちが多かったです。

Restaurant Grön 店内風景

以上、フィンランド・ヘルシンキのレストラン、Restaurant Grön の紹介でした。
とてもおしゃれで女性好みのレストランだと思ので、ヘルシンキに滞在するときのレストラン候補に加えてみてくださいね。^^

Restaurant Grön
Albertinkatu 36, 00180 Helsinki
営業時間 17時~24時
公式サイト: http://www.restaurantgron.com/

▼このカテゴリのほかの記事はこちらから
フィンランド&エストニア旅行記



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

ホテル インディゴ ヘルシンキ Hotel Indigo Helsinki の朝食ブッフェはおいしくておしゃれ

エストニア政府観光局プレストリップに参加し、フィンランド&エストニア旅行中の私。フィンランドのヘ

記事を読む

タリンのクリスマスマーケットのクリスマスツリー

中世の雰囲気が楽しめるエストニア タリン旧市街のクリスマスマーケットをのぞいてみよう!

フィンランドからバルト海をフェリーで渡ってエストニアに到着したその日の夜、首都タリン(Tal

記事を読む

Leib 店内

店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

エストニアの首都タリンには、エストニア料理の食べられるレストランがたくさんありますが、今回私

記事を読む

LÖYLY(ロウリュ)でフィンランドサウナ体験

フィンランドに行ったらやっぱりサウナ! ヘルシンキのロウリュでフィンランドサウナ体験

サウナ(熱気風呂)はフィンランドの文化とフィンランド人にとって欠かせないもの。 フィンラン

記事を読む

エストニア タリン旧市街で、エストニア料理を作って食べられるレストラン Köök(クーク)

エストニアの最初の夜の食事は、タリン旧市街にあるレストラン Köök(クーク)に行きました。

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,265 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑