中世の雰囲気が楽しめるエストニア タリン旧市街のクリスマスマーケットをのぞいてみよう!

公開日: : 最終更新日:2016/12/26 フィンランド&エストニア旅行2016


エストニア タリン旧市街のクリスマスマーケット

フィンランドからバルト海をフェリーで渡ってエストニアに到着したその日の夜、首都タリン(Tallinn)旧市街で行われているクリスマスマーケットに行ってきました!

このクリスマスマーケットはタリン旧市街の中心にある旧市庁舎の前の広場(ラエコヤ広場)で1441年から毎年かかさず行われている、中世の雰囲気を今に残すクリスマスマーケット。毎年11月20日ころから1月最初の日曜日まで、クリスマスや年末年始も休まずに開催されています。

ニット製品や木工製品、ハンドメイド、クリスマスの飾りやキャンドル、ジンジャークッキーやクリスマス菓子などを売るお店が並び、スパイス入りホットワイン(グロッグ)の香りが漂うエストニアのクリスマスマーケットの様子を、たくさんの写真とともにお届けします。


エストニア タリンのクリスマスマーケット

エストニア タリン旧市街のクリスマスマーケット

エストニア タリンのクリスマスマーケットは、世界遺産でもある旧市街の中心にある旧市庁舎の前の広場(ラエコヤ広場)で開催されています。

上写真に写っているのが旧市庁舎。15世紀に建てられたゴシック様式の建築です。現在は市庁舎としてではなく、レセプションホールやコンサートホールとして使われているとのこと。

タリンのクリスマスマーケットは、開催期間中(今期は2016/11/20~2017/1/7)、雑貨など食品以外を売るお店はだいたい10時~19時ころまで、食品やホットワインなどを売るお店は日曜~木曜は22時ころまで、金曜と土曜は23時ころまでやっています。

では、さっそくタリン旧市街のクリスマスマーケットをのぞいてみましょう。

エストニア タリン旧市街のクリスマスマーケット ホットワイン

エストニア タリン旧市街のクリスマスマーケット ホットワイン

エストニア タリン旧市街のクリスマスマーケット ホットワイン

タリン旧市街のクリスマスマーケットには、あちこちにスパイス入りホットワイン(クロッグ)のお店が並んでいます。ホットワインはクリスマスの定番の飲みもので、ドライフルーツやナッツ、オレンジなどを入れて飲みます。口当たりがよくて飲みやすいのですが、けっこう強いですよ~。

エストニア タリン旧市街のクリスマスマーケット

クリスマスの飾りを売るお店。エストニアには天使(妖精という人も)の人形を窓辺に置く習慣があります。これは窓から悪いものが入ってこないように、一種の魔よけのようなものだそう。

エストニア タリン旧市街のクリスマスマーケット ニットのお店

エストニアは編み物・ニット製品が有名。クリスマスマーケットにも、手袋、帽子、マフラー、セーターなどニット製品を売るお店がたくさん出ています。

ニット手袋 ミトン

ウソのニット手袋(ミトン)

エストニアでクリスマスを象徴する鳥「ウソ」の絵柄が編み込まれたウールの手袋(ミトン)。

tallinn-christmas-market7

tallinn-christmas-market11

カラフルなハンドメイドの手芸小物。

tallinn-christmas-market10

tallinn-christmas-market21

ティータオルや鍋つかみ(ミトン)、やかん置きなどのキッチンリネン。

tallinn-christmas-market9

tallinn-christmas-market19

エストニアは木工製品の産地としても有名です。鍋敷きやキッチンカトラリー、おぼん、まないたなど台所用品、そして木製のおもちゃなどもかわいいものがたくさん揃っていました。
あたたかみのある木工製品はエストニアのおみやげにもおすすめ。

タリンのクリスマスマーケットのクリスマスツリー

12月のエストニアは日没が午後3時半過ぎ。夜がとても長いですが、タリン旧市街のクリスマスマーケットは、夜のほうが中世らしい雰囲気が楽しめておすすめです。

広場中央に飾られたクリスマスツリーのイルミネーションもとてもきれい!

夜の気温は氷点下なので、厚手のジャケットや手袋、帽子は欠かせませんが、きーんと張り詰めた冷たい空気の中に漂うあたたかくて素朴なタリンのクリスマスマーケットの雰囲気は、きっと冬のエストニア旅行の忘れられない思い出になることでしょう。

(フィンランドのクリスマスマーケットも洗練されていて素敵でしたが、個人的には、エストニアのクリスマスマーケットは見たことがないものに出会えるワクワク感がより強いと感じました。)

クリスマスマーケットでサンタクロースに会った

そうそう、後日昼間にタリン旧市街のクリスマスマーケットをのぞいてみたところ、なんとサンタクロースに遭遇! サンタさんとのツーショット写真は子どもたちに自慢しちゃいました♪

11月下旬~1月初めにエストニアを旅行するなら、ぜひタリンのクリスマスマーケットに足を運んでみてくださいね。運が良ければ、サンタさんに会えるチャンスもあるかもしれませんよ。

▼このカテゴリのほかの記事はこちらから
フィンランド&エストニア旅行記

[本記事はLinkトラベラーズの一員として、エストニア政府観光局主催のプレストリップに参加し、執筆しています。]


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

ラヘマー国立公園 ヴィル湿原

エストニアはタリン旧市街だけじゃない!豊かな自然が残るラヘマー国立公園 ヴィル湿原を歩く

中世の雰囲気を今に残すタリン旧市街はエストニアの観光のハイライトですが、何もタリン旧市街だけ

記事を読む

Leib 店内

店名は黒パン。タリン旧市街の隠れ家レストラン Leib Resto ja Aed でおいしいエストニア料理を

エストニアの首都タリンには、エストニア料理の食べられるレストランがたくさんありますが、今回私

記事を読む

LÖYLY(ロウリュ)でフィンランドサウナ体験

フィンランドに行ったらやっぱりサウナ! ヘルシンキのロウリュでフィンランドサウナ体験

サウナ(熱気風呂)はフィンランドの文化とフィンランド人にとって欠かせないもの。 フィンラン

記事を読む

エストニア タリン旧市街近く「ラディソン ブル ホテル タリン」 Radisson Bluに泊まった感想

エストニア旅行、最初の夜はタリン旧市街の近くにある「ラディソン ブル ホテル タリン」(Ra

記事を読む

Restaurant Grön レストラングローンでモダンな北欧料理・フィンランド料理をいただく

北欧フィンランド・ヘルシンキに泊まった最初の夜は、「Restaurant Grön (レスト

記事を読む

管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス主婦。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。
旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。

>> 詳細プロフィールはこちら

記事数 : 1,288 / コメント数: 2750

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑