マルサンアイの豆乳の日キャンペーン +12円でもう1セット or 鍋セットがついてくる!

THE BOLY OSAKA(ザ ボリー オーサカ)宿泊記 大阪・中之島を臨む川沿いのアーバンブティックホテル

先日、仕事で大阪へ行く用事があったので、Go To トラベルキャンペーンもあったので、友人に声をかけ、2人で中之島・北浜エリアにあるホテルに泊まってきました。

中之島・北浜エリアは、大阪の梅田と心斎橋のちょうど真ん中に位置し、ビジネスの中心地でありながら、水都・大阪を代表する水辺のエリアとしても知られる場所です。

こんな雰囲気のある川沿いでホテルステイできたら非日常感が味わえそう、ということで選んだのが「THE BOLY OSAKA(ザ ボリー オーサカ)」。北浜の古いビルをリノベートとして、2019年3月にオープンしたホテルです。

楽天トラベルでTHE BOLY OSAKAをチェックする

実際に宿泊したリバービューツインのお部屋を中心に、ホテルの中を紹介します。

レセプション&サロン

THE BOLY OSAKA レセプション

THE BOLY OSAKAのフロントはビルの6階(このビルの最上階)にあるので、1階入り口から入って、エレベーターで6階まで上がります。

ソファ

大きな窓から陽光が差し込み、明るく開放感のあるフロントロビー。感染拡大防止策として、カウンターには透明のアクリルパネルが設置され、非接触体温計とアルコールスプレーも用意されていました。

ショップコーナー

ホテルオリジナルグッズを販売している棚。客室アメニティの歯ブラシもあります。

スナックバー

スナックバーではクラフトビールやワインのボトルを購入可能(17時~23時)。

サロン

このフロアにはロビーラウンジとして使えるサロンスペースや、ショップ、スナックバーがあり、自由に利用可能です。夜はここでお酒を飲むこともできます。

むき出しのコンクリートなど古い部分と、リノベートとされた新しい部分が溶け合っている雰囲気がおしゃれ。

5タイプの客室(全14室)

リバービューレジデンス59㎡+テラス、定員2名
バスタブ付き
キタハマレジデンス52㎡、定員2名
バスタブ付き
リバービューダブル28㎡+テラス、定員2名
シャワーのみ
リバービューツイン30㎡、定員3名
シャワーのみ
キタハマアトリエ22㎡、定員2名
シャワーのみ


THE BOLY OSAKAの客室数は全14室で、旅のスタイルに合わせて選べる5タイプの客室があります(全室禁煙)。

私が泊まったのはリバービューツインですが、「宿泊記をブログに載せていいですか?」と聞いたところ、ご快諾いただけた上、ほかのお部屋も見せていただけました。

以下、5タイプの客室を簡単に紹介します。

リバービューレジデンス

リバービューレジデンスは、上質さと刺激が混ざり合うおしゃれな59㎡のお部屋です。

パノラマにひろがるテラスからは中之島の景観を一望でき、川沿いをひとり占めするような気分が味わえます。見せてもらったのは午前中でしたが、絶対夜景も素晴らしいはず。

キタハマレジデンス

キタハマレジデンスは、リバービューではない(川は見えない)ものの、同じくレジデンスタイプの52㎡のお部屋です。光が柔らかに差し込み、明るい雰囲気が広がります。

バスルームにはパナソニックの最新システムが導入されており、Bluetoothスピーカーや、調光可能なライトもついたバスタブで、心地よい入浴が楽しめるのが魅力です。

(※リバービューレジデンスとキタハマレジデンスの2タイプはバスタブ付きで、以下に紹介する3タイプにはバスタブがなくシャワーのみとなります。)

リバービューダブル

リバービューダブルは、中之島を一望できるテラスがついた28㎡のお部屋です。

夜にテラスのチェアに腰かけると、ライトアップされた中央公会堂や街灯が揺らめく水面が目の前に広がるそう。水辺の心地よさが感じられます。

リバービューツイン

リバービューツインは、窓から中央公会堂をはじめ中之島の川風景が一望できるツインのお部屋です。30㎡とゆったりしており、デイベッドを利用すれば3名まで泊まれます。

キタハマアトリエ

キタハマアトリエは、”都会のアトリエ”をコンセプトにした落ち着いたお部屋。リバービューではありませんが、南向きの窓から降り注ぐ街の木漏れ日が明るい雰囲気です。

22㎡で定員は1~2名で、観光はもちろん、ビジネスでの利用にもぴったり。

MEMO
ホテルは川沿いにありますが、窓から川が見えるお部屋はリバービューレジデンス、リバービューダブル、リバービューツインの3種類です。また、レジデンスタイプのみバスタブつきで、それ以外はシャワーブースのみとなります。

リバービューツイン宿泊記

リバービューツイン

今回はリバービューツインに宿泊してきたので、お部屋の中の様子と備品、アメニティグッズ、窓からの景色などを紹介します。

ベッドは、アメリカの高級ベッドメーカーSealy(シーリー)社製ベッド(幅103cm× 2台)で、枕は2タイプが置かれていました。窓際にはデイベッドも。

パジャマ

ホテルオリジナルのロゴ入りパジャマ。上下セパレートタイプで着心地がよく、リラックスできます。(女同士で宿泊して同じパジャマを着て寝るのがちょっと楽しかったです。パジャマパーティー?お泊まり会っぽくて)

サイドボードとアラーム付き時計

2台のベッドの間には照明スイッチとUSBポートの付いたサイドボードがあり、枕元でスマートフォンの充電が可能です。(ただし1つのみ。2人で泊まる場合は、もう1人はデスクのコンセントを使う必要があります)

ボードの上にはラジオ内蔵のBluetoothスピーカーと、ホテルオリジナルのケース付き耳栓がありました。

窓際のデイベッドとテーブル。朝はコーヒー、夜はお酒を飲むのにぴったりです。

窓の外には土佐堀川、そして中央公会堂をはじめとする中之島の景色が広がっています。

窓側から室内を見たところ

窓側から室内を見たところ。飾り棚や壁のアートなど、インテリアがおしゃれです。キャビネットの上のミネラルウォーター2本は無料サービスでした。

セーフティボックス

チェストの上段と中段は空で、下段にはセーフティボックス(金庫)が入っています。

洋服掛けはオープンスタイル。ハンガーにはホテルオリジナルのタグが付いた布カバーがかかっています。高さがあるので丈の長いコートも問題なく掛けられそうです。

グラスやカップの棚

居室とバスルームの間にあるキャビネットには、アイスペール(氷入れ)、グラス、カップ、電気ケトル、ドリップコーヒー(2袋)があります。

ドリップコーヒーは、ホテルの1階にも入っている「BROOKLYN ROASTING COMPANY」のもので、深炒りのおいしいコーヒーでした。

電気ケトル

電気ケトルはデロンギのもの(確かにこの部屋にはティファールより、デロンギもしくはラッセルホブスが似合います)。カップ入りのドライフルーツは有料です。

冷蔵庫

その下は冷蔵庫(ミニバー)になっており、中のものを飲んだ場合はチェックアウト時に支払いをします。

バスルーム

続いて、バスルーム(洗面台とトイレ)。扉の正面には大きな鏡の付いた洗面化粧台、その右側にトイレがあります。

歯ブラシとアメニティ

ホテルオリジナルの歯ブラシとアメニティセット。歯ブラシは使い捨てではなく、一般的な歯ブラシとかわらない品質(レセプション横で350円くらいで販売されていました)。

透明ポーチのアメニティセットには、ヘアブラシ、コットン&綿棒、カミソリ、シェービングクリームのパウチが入っています。

バスアメニティ

バスアメニティは「Maison Margiela PARIS(メゾン・マルジェラ)」のレプリカ ジャズ・クラブ。ブルックリンのジャズクラブをイメージした、甘くスモーキーな香りです。

洗面台の下の棚には、ヘアドライヤー、拡大鏡、タオルが置かれています。

洗面台の奥にシャワーブース

シャワーブースは洗面台の奥です(透明のアクリル板で区切りあり)。

レインシャワー

ブースにはレインシャワーとハンドシャワーの2つが備わっています。Panasonic i-Xというバスシステムで、スマホなどに入れてある音楽をBluetoothで聞くことができるそう。

窓からの景色を眺める

なお、リバービューツインの宿泊料は日によって異なりますが、公式サイトの場合、1室23,000円~28,000円ほど。今回は2名で朝食付きで宿泊し、1室28,000円(1人14,000円)のところ、Go To トラベルキャンペーンで35%OFFになりました。

つまり、1室18,200円となり、1人あたり9,100円の計算です。さらに地域共通クーポンを4,000円/室もらえたので、とてもお得に泊まれたと思います。

楽天トラベルでTHE BOLY OSAKAをチェックする

館内設備

ランドリー・乾燥機・電子レンジ

2階から半階上がった踊り場スペースに、ランドリー、乾燥機、電子レンジ、

製氷機、自動販売機

製氷機、飲料自動販売機があり、24時間利用できます。

ルーフトップテラス

ルーフトップテラス

こちらは宿泊者が自由に利用できる屋上のルーフトップテラス。お天気の良い朝昼は開放的で気持ちが良いです。

中央公会堂を地上ではなくこの角度から眺められるのは貴重かも……

中之島の夜景

中央公会堂がライトアップされる夜景もすてきでした。夜に夜景を見ながら6階スナックバーで買ったワインを飲んでおしゃべりしたのが良い思い出です。

リバーサイドモーニング

川沿いでいただくモーニングプレート(朝食)

THE BOLY OSAKAに朝食付きプランで泊まると、隣接するカフェレストラン「OPTIMUS Cafe」でモーニングプレートをいただけます(8:00~11:30)。

お天気が良ければ川に面したテラス席がおすすめ。「大阪の真ん中なのに、なんだかリゾート感あるね」と言いながら、ゆっくりいただきました。

リバーサイドモーニング

私はピーナッツバタートーストにしましたが、ほかに、フレンチトースト、アボカドトースト(目玉焼き付き)も選べます。コーヒー、紅茶、またはオレンジジュース付き。

朝食はサーブがゆっくりめだったので、時間に余裕をもっていくと良さそうです。

まとめ

THE BOLY OSAKA

以上、大阪・中之島のホテル「THE BOLY OSAKA」の宿泊記&口コミでした。

全14室と小さなホテルではありますが、新旧さまざまな感覚がミックスされた、上質なムード漂うTHE BOLY OSAKA。センスの良いお部屋も、窓や屋上から眺める中之島の景色もとても素敵で、ホテルステイを満喫できました。

大阪旅行やビジネスの出張にはもちろん、大阪に住んでいる方が雰囲気と景色を楽しみに泊まりいくのも良さそうです。

住所THE BOLY OSAKA
住所大阪府大阪市中央区北浜2-1-16
最寄り駅大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」から徒歩10分
堺筋線「北浜駅」から徒歩5分
フロント
営業時間
9:00~21:00(平日・土日祝日問わず)
予約公式サイト
楽天トラベル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA