【期間限定】オラクル1週間分トライアルセット1,100円キャンペーン!

イワタニのカセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」なら外はカリッ・中はトロ~ッのたこ焼きが作れる!

スーパー炎たこ

10年くらい使ったホットプレート(たこ焼きプレート付き)が経年劣化で焦げ付くようになってしまったので、新たにたこ焼き器を買いました。選んだのは、イワタニのカセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」です。

おいしいもの好きの友人が「ガスのたこ焼き器は電気のとは焼き上がりが違う。イワタニのスーパー炎たこがおすすめだよ」と教えてくれたので、同じものを買いました。身近で実際に使っている人の口コミを聞くと背中を押されますね。

楽天市場 イワタニ CB-ETK-1 カセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」

届いたイワタニのスーパー炎たこを実際に使ってみたので、たこ焼きを作っている様子の写真を交えて、感想をお伝えします。

イワタニのスーパー炎たことは

カセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」

こちらが届いたイワタニのカセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」。箱の中には、たこ焼き器本体にたこ焼きプレートが重ねられた状態で、マジックテープ付きのベルトで留められて入っていました。このベルトは収納時に便利です。

カセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」

ビニールなどの包装を取り除いたところ。カセットボンベは付属していません。

たこ焼きプレート

たこ焼きプレートはアルミダイカスト(フッ素加工)でできており、大きさは21cm×26cmほど。プレート穴の直径40mmで、大玉のたこ焼きが一度に20個作れます。

プレートに切り溝(縦横の細い溝)が付いているので大玉が作りやすく、フッ素加工されているので、こびりつかず簡単に返せるのも特徴です。

たこ焼きプレート

たこ焼きプレートの裏面はこんな感じ。

たこ焼きプレートを熱するのは専用のU字バーナー。U字なのでムラなく焼けて、電気式のものと比べてとても早く短時間で作れます。使い終わった後はプレートを丸洗いするだけでOKです。なお、本体は洗えません。

【イワタニ スーパー炎たこの魅力】
  • きれいな大玉を作る便利な「切り溝」付き
  • 返しやすいフッ素加工プレート
  • 炎の力で素早くまん丸たこ焼き
  • 後片付けがラクラク
たこ焼きレシピ

たこ焼きレシピのリーフレットが同梱されていました。たこ焼きはミックス粉を使うのでレシピは要らないかなと思ったのですが、材料よりも焼き方の手順(図解)がわかりやすくてありがたかったです。

切り溝に沿って格子状に切り込みを入れるところや、半分だけ返して中火にするところなど、その通りにしたらうまくできました。

特にこの「まず半分回転」→「さらに半分回転」→「蒸気の噴射」のこだわりを守ると、外はカリッ&中がトロ~ッに仕上がるのでおすすめ。

楽天市場 イワタニ CB-ETK-1 カセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」

スーパー炎たこで実際にたこ焼きを作る

スーパー炎たこ(たこ焼き器)

ここからは、実際にわが家でイワタニのスーパー炎たこを使ってたこ焼きを作った様子をお届けします。スーパー炎たこにはカセットボンベは付属していないので、イワタニのカセットボンベをスーパーで買ってきました。3本入りで500円弱でした。

たこ焼きの材料

同じくスーパーで買いそろえたたこ焼きの材料。たこ焼粉、たこ焼ソース、天かす、たこ、紅生姜、キャベツ、ネギなど。今回は家にあった材料(餅・ベーコン・ピザ用チーズ・海老)も使うことにしました。

日清 だし醤油仕立てのカリッと仕上がるたこ焼き粉

たこ焼粉は、前に友達に教えてもらって以来気に入っている「日清 だし醤油仕立てのたこ焼粉」です。市販のたこ焼粉の中ではこれが一番カリッと仕上がると思います。

おすすめの天かすは、オタフクの「天華」。キャノーラ油100%使用でサクサク、いか天(皮付きのするめを薄くのばし衣をつけて揚げたもの)を砕いて混ぜてある&いか粉ブレンドで風味豊かです。

たこ焼きにもいいけれど、この天華を刻みねぎと麺つゆ少々といっしょに炊きたてご飯に混ぜておむすび(たぬきむすび?)にするのもおいしいですよ。

たこ焼き粉

たこ焼粉に溶き卵と水を混ぜて生地を準備します。この時点ではシャバシャバでOKです。

スーパー炎たこに火をつけたところ

スーパー炎たこにカセットボンベをセットし、たこ焼きプレートをのせて点火します。そのあと、プレートにまんべんなく油をひき、強火で熱します。

たこ焼きづくり

プレートに十分熱がいきわたったら、溶いた生地を穴から少しあふれる程度に流しいれ、たこを穴に1切れずつ置いて、全体に刻んだキャベツ、天かす、紅生姜を散らします。

たこ焼き

今回はたこ入りのほかに、ベーコン餅チーズも作りました。

四隅の生地がはがれるくらいまで焼けたら、串で切り溝に沿って切り込みを入れます。この溝がしっかりついているから、固まり切っていない生地も上手に分けられました。

生地に火が通りすぎないうちに、全部のたこ焼きを半回転させて火力を中火に。

返した面はカリッときつね色に焼けています。プレートにこびりつくことなく、スルンッと返せるので気持ちいいです。

さらにもう半回転、はみ出た生地を巻き込みながらひっくり返し、球形になるように形を整えます。キツネ色になるまで転がしたら完成です。

そのままでも味がついていますが、好みでソースやかつおぶしをかけていただきます。

キャッチコピーの通り、外がカリッ、中はトロ~ッ! 電気式のたこ焼き器と比べると強い火力で一気に外側を焼けて、中をクツクツ蒸し煮状態にするから、中心部に火が通りすぎず、たこが硬くなりません。

プリッとしたタコもおいしいけれど、とろけるチーズ&ベーコンも◎

次は贅沢に海老入りも作りました。(海老はカットしておくべきだったかも)

1回目より2回目のほうがコツをつかめてきて、返すタイミングもばっちりでした。

電気式のたこ焼き器だと、焼けるのに時間がかかって「まだ~?」と待ちぼうけの時間ができやすいですが、ガス式はテンポよく次々焼ける感じ。4人で食べても「待ち」の時間はほとんど気になりませんでした。

子どもたちに特に人気だったのはベーコン餅チーズ。ハフハフしながら頬張って、すごく嬉しそうでした。

ちょっと材料を奮発したとしても、家でのたこ焼きパーティーは外食をするのに比べれば安上がり。お出かけや外食がしにくい昨今、おうち時間を楽しくするためにたこ焼き器を用意してタコパを計画してみるのもおすすめです。

スーパー炎たこを使った感想まとめ

たこ焼き

イワタニのガス式たこ焼き器は、電気式のものに比べて、火力が強く、まんべんなく焼けるので、外がカリッ&中がトロ~ッの状態が作りやすくて、大玉にもかかわらず焼けるのも早い気がしました。

外をカリッと固くして、中がトロトロのうちに手早くまわすのは、タイミング&火加減に少しコツがいりそうですが、何度かやっていくうちに慣れるはずです。実際に、今回も初回より2回目、3回目のほうがうまくできました。

電気式たこ焼き器でなかなか火が通らなくて時間がかかる、ゆっくり加熱されるから「外がカリッ&中がトロ~ッ」の状態にならない(外も中も同じような火の通り方になる)という不満を持っているなら、ぜひガス式のたこ焼き器を試してみてください。

電気式のたこ焼き器プレートを長年使ってきましたが、たこ焼きの仕上がりに関してはガス式の圧勝だと感じました。

今回わが家ではダイニングテーブルでたこ焼きを作りましたが、カセットガス式のたこ焼き器はコンセント要らずなので、電源のない屋外でも使用できます。ウッドデッキや庭、あるいはキャンプ場に持っていって使うのも楽しそうです。

実際に買って使う前は、「たこ焼き器ってたこ焼きしか作れない(1台1役)なのがね~」という気持ちもあったのですが、一機能に特化したシンプルな器械はやはり使いやすく、長持ちもしそうな気がします。

基本的にはたこ焼きを作るためのものですが、余ったご飯でオムライスボール、ホットケーキミックスとココアパウダーでボール型のチョコケーキなども作れるとのこと。子どもといっしょに作ったら楽しそうですね。

オムライスボール
後日作ってみたオムライスボール

スーパー炎たこの価格は5,000円ちょっと。旅行や外食がしにくい時期が続く中、家族で楽しいおうち時間を過ごせるたこ焼き器は、有意義な買い物だったな~と思っています。

楽天市場 イワタニ CB-ETK-1 カセットガスたこ焼器 「スーパー炎たこ」