オラクルトライアルセットを購入すると1,500円相当のシート状美容液マスクがついてくる!

せめて、笑うことくらい

私の年上の友人(女性)に、いつもすっごく幸せそうな人がいます。彼女はごくふつうの主婦で、高校生と大学生の2人のお嬢さんのママさん。私はちょくちょく彼女のブログを読ませてもらっているのですが、その日記からは、「毎日が幸せでたまらない!」というオーラがでていて、読んでいるこっちまでニコニコ笑顔になってしまうくらい。

でも、彼女の生活が「ラッキー&ハッピーのオンパレード」なのかというと、決してそんなことはなく、当たり前のように大変なこともあるし、深刻な悩みもある生活だと思います。
それにも関わらず、彼女の日記には、日常生活の中の確かな幸せが、きらきらと光りながら、たくさん散りばめられている…。

20年くらい連れ添っていらっしゃるであろう旦那さまと手をつないで、
お酒を飲みながらDVDで映画を見る時間を、至福だと感じている彼女。
天気のいい日にシーツをありったけ洗濯するのが大好きだという彼女。

ある日、私は彼女にこう言ってみたことがあります。
「○○さんって、いっつも何かにワクワクしてて、ほんとに幸せそうですね!」

そのとき彼女から返ってきた言葉に、私はハッとしました。


  「私、何もできないの。
  笑うことしかできない。
  でも、これが一番いいって今は思っている。。。 」

なんだか、心にズシーンと響きました。彼女は「笑うことしかできない」っていうけれど、「毎日笑って暮らせること」って、ほんとうにすばらしいことだと思います。
例えば、体の痛みに対する感受性は人によって違いますよね。痛みに我慢強い人と、弱い痛みでもほんとうにツライと感じる人がいる。同じように、「幸せに対する感受性」も人それぞれなんだろうな、と彼女を見ているとつくづく思います。

「自分の人生には幸せが少ない。」と不満に思うのなら、その運命を憂うのではなくて、自分自身の「幸せに対する感受性」に磨きをかけること必要なのかも。
もし、毎日の暮らしの中に、今よりも10個・・・いや、5個でも多く幸せを見つけることができたら、私も彼女のようにいつも笑って暮らせるようになるのかな?

「笑うことしかできない」という彼女。でも、忙しい日々の生活の中で、その「笑うこと」さえできていない人がどれだけいるだろう、と思います。(私も含めて。)
毎日騒ぎまわるおチビふたりに振り回されて、夜になるとグッタリした顔で夫の帰りを迎えてしまう私。でも、せめて、疲れて帰ってきた夫に笑うことくらい、してみよう。
彼女の言葉で、そう思った私でした。

hoshinopoujisama.jpg

「さっきのヒミツをいおうかね。なに、なんでもないことだよ。
心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目には見えないんだよ。」

「星の王子さま」 サン=テグジュぺリ作、内藤濯訳より)

12 COMMENTS

みころん

こんばんは^^
いいお話聞かせていただきました♪
忙しかったり、体調が優れなかったりと
いろいろなことがある中で、いつも笑顔で
いるのは、大変かもしれませんが
少しでもプラス思考になって
いっぱい笑っていたいなと思いました。

しるばぁ

ayanさん おはようございます
ガツンときました。
今まで「フツーの主婦って つまんなそー」って
思ってたもんですから、、、反省です。
こんなにステキな生き方があるんですね。
地に足の着いた生活と それを当たり前でなく 
幸せと感じる心、貴重です。  

ナナミ

笑うこと。
誰でもできそうなことだけど、
毎日笑って暮らすって難しいですよね。
この文章を読んで、
改めて自分が毎日どう過ごしたいのか
思い出しました。
未来も大切だけど、今楽しく過ごすことも忘れたくないですね。

ミルク

こんにちわ。笑うことって本当に体にも心にも良いですよね。私は以前にすごーく落ち込んで笑えなかった時期があったんだけど、やっぱり顔から笑顔が消えるってことに恐ろしさを感じたときもありました。顔もふけ顔、心にも元気がなくて・・・でも、あるときから笑うってことがこんなに素晴らしいことなんだって感じてから、自然と毎日、笑顔を絶やさなくなっていました。笑いって病気も吹き飛ばす力があるから!こうやってayanさんのブログを読んで、また改めて感じるものもありました。

えくす

いい話ですね。欲を出せばきりがないですし、逆に幸せだと思えば、何でも幸せに感じてくると思います。
笑う門には福来るともいいますし、出来るだけ笑顔で毎日を過ごしたいものです。

管理人ayan

★みころんさん

こんにちは、コメントありがとうございます。
そうそう、忙しかったり、体調が優れなかったりすると
いつの間にかムスッとした仏頂面になってしまっているんですよね。
私も、できる限り笑顔を心がけたいものだと思いました。

管理人ayan

★しるばぁさん

コメントありがとうございます。

> 地に足の着いた生活と それを当たり前でなく 
> 幸せと感じる心、貴重です。 

ほんとうに、その通りだと思います。

誰かが幸せかどうかは、まわりの人のモノサシではなく、
その人自身のモノサシでしか、計ることはできないんですよね…

 

管理人ayan

★ナナミさん

コメントありがとうございます。

> 未来も大切だけど、今楽しく過ごすことも忘れたくないですね。

同感です。
「今さえ良ければ(あとはどうでもいい)。」というのとはもちろん違いますが、
今この瞬間だって、昨日の自分から見れば「未来」なんですもんね。

管理人ayan

★ミルクさん

コメントありがとうございます。
やっぱり、笑顔ほど人間の顔を魅力的に見せ、
心を元気にしてくれるものはないですよね。

私のブログ記事が、ミルクさんの心に響いたことを、とてもうれしく思います。

管理人ayan

★えくすさん

コメントありがとうございます。
えくすさんにそう言っていただけてとても嬉しいです^^

> 笑う門には福来るともいいますし

福の神様も、人間も、やっぱり笑っている人のそばにいたいと思いますものね。

ムーン

ayanさん、こんにちは。

とても幸せに感じた話です。ステキな方とお知り合いなんですね(^-^)

今さら。。。なんですが、「世界がもし100人の村だったら」という本を読みまして、最近もテレビの番組で観ましたが、ワタシは足元に当然のように転がっていると感じている日常は実は幸せなことなんだと痛感したばかりなんです(^-^)

笑うことって案外難しいけど、こわばった顔ばかりしていると「ブルドッグ顔になるんだって~」なんて立ち話で盛り上がっていたくらいだから、笑うようにはしているんですけどね。はたから見たら気持ち悪いかもしれません(笑)

管理人ayan

★ムーンさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

> 「世界がもし100人の村だったら」

私もこの本、持っています。
(友人がプレゼントしてくれたんです^^)

テレビ番組のほうは残念ながら見たことがないのですが、
ジゾウさんがブログで記事にされていましたね。

http://www.350days.com/archives/002219.php

傍から見てどう思われようと、ブルドッグ顔のおばあさんより、笑いじわがいっぱいのおばあさんになりたいなーって、私も思います♪

現在コメントは受け付けておりません。