油なしでもOK 4層コーティングのダイヤモンドコートフライパン

ダイヤモンドコートフライパン

テレビ愛知のネットショッピングで人気という油なしでもOK 驚きのフライパン「ダイヤモンドコートフライパン」のモニターをさせていただけることになりました。ちょうどわが家のフライパンのテフロンがはげはげになって、こびりつきが気になっていたところだったので、すごく良いタイミング!
「ダイヤモンドコートフライパン」って、なにやら立派なネーミングですが、さてさて、どんなフライパンなんだろう。わくわくして到着を待ちました。

3種類のダイヤモンドコートフライパンがセットになってます

ダイヤモンドコートフライパン 到着時

届いた大きな段ボール箱には、26cmフライパン、20cmフライパン、24cm中華鍋のフライパン3種と、耐熱ガラス蓋が入っていました。中華鍋は深型で、炒める、揚げる、煮る、茹でると幅広い調理に使用可能とのこと。これだけあれば一通りの料理に対応できそう。(※IH非対応です。)

ダイヤモンドコートフライパン 26cm

26cmサイズのダイヤモンドコートフライパン。ステーキやハンバーグを複数個まとめて焼いたり、ギョウザを並べて焼いたりするのに重宝しそうなサイズ。(ディナーパンていうのかな?)

ダイヤモンドコートフライパン 20cm

20cmサイズのダイヤモンドコートフライパン。小さい分軽いので、目玉焼きやオムレツ、ウインナーを焼いたりと、一番気軽に使えそう。

24cmサイズのダイヤモンドコート中華鍋は、深さがあるので、炒め物はもちろん、揚げ物、煮物、茹で物と、幅広く使えそう。ただ、空っぽでもけっこう重たいので、これに食材がどっさり入ると、片手で振るのは難しいかも・・・(3種類の中でこの中華鍋が一番重くて、約840g)

ダイヤモンドコーティングって、そもそもなに?

ダイヤモンドコートフライパン 構造説明

このダイヤモンドコートフライパンは、本体(ベース)に3mmアルミを使用し、下から順にプライマーフッ素樹脂、ミドルフッ素樹脂、セラミックコーティング、TOPフッ素樹脂(ダイヤモンドコーティング)と、4層のコーティングが施されているそうです。

では、そもそも「ダイヤモンドコーティング」とはなにか? 

ダイヤモンドコーティングとは・・・
人体に無害な人工ダイヤモンドを最新技術でナノレベルに粉砕し、フッ素樹脂に配合して、トップにコーティングしました。
摩耗に強く、密着力も強いため剥がれにくく、コーティングの効果が長持ちします。

(商品説明書より引用)

ご存じのように、ダイヤモンドは地球上でもっとも硬い物質。そのダイヤ(人工ダイヤだけど)を粉砕し、フッ素樹脂に配合してあると聞くと、すごく丈夫そうな印象を受けますね。

ダイヤモンドコートは、30万回の耐摩耗性テストをクリアした丈夫なコーティングだそう。30万回というのがどれほどのものなのか、まるで見当もつきませんが、相当丈夫なことは間違いなさそうです。

毎日朝と晩にフライパンを使うとして、1年で730回、10年で7,300回・・・。30万回って、もしかして半永久的にコーティングが持つということなんだろうか? いや、でも、耐摩耗性テストと通常の家庭での使用は違うかもしれないし。このあたりは、ある程度長く使い続けてみないとわからないですね。

さっそくダイヤモンドコートフライパンを使ってみました

ダイヤモンドコートフライパンを使う場合、肉や魚など脂を多く含む食材は、基本的に油をひかずに焼いてもくっつかないそうです。

ただし、初めてご使用の際は必ず「油」を使う必要があるとのこと。油を使用せずに火にかけると材料がこびりつく場合があります・・・と説明書きがあったのに、私ときたら「油なしでもOKなフライパン」という先入観があったためか、油を引かず、いきなり卵を割り入れて目玉焼きを作っちゃいましたよ・・・(^^;

目玉焼きにフライ返しを差し入れる

でも、目玉焼きはこびりつかず、フライ返しを差し込むと、するっと気持ちよく取れました。
(結果オーライだったけれど、次からはちゃんと説明書きを読んでから使うようにしよう。)

ちなみに、卵は油との相性がよいため、(初回以降も)少量の油を引いたほうがおいしく焼き上がるそうです。なんでもかんでも「油なしでOK」ってわけじゃないみたいだけど、極々少量の油でいいみたいだから、ヘルシーにはなりそうです。

プレーンオムレツ

今度はごく少量の油を引いて、プレーンオムレツを焼いてみました。こびりつかないので、半熟状態でまとめて形作るのもらくらく。

ダイヤモンドコートフライパンで焼きショウロンポー

こびりつきやすそうな焼きショウロンポーもこの通り。菜箸でつまんで皿に移せました。フライパンを斜めにすると、焼きショーロンポーがするっとすべるくらいなんですよ。

続いて、「こびりつかないフライパン」で試してみたいものがあったのですが、長くなりそうなので記事を分けます。
⇒ ダイヤモンドコートフライパンで、ぐりとぐらのカステラにチャレンジ!

商品詳細: 【ダイヤモンドコートフライパン】

[この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています]

2 COMMENTS

根本

どうやら家には第三者機関が30万回擦ったフライパンが届いたらしくて、もうこびりついてどうにもならないよ・・・

管理人ayan

★根本さま

コメント欄の内容だけでは、私と同じフライパンなのかどうかわからないのですが、
もし初期不良のものが届いたということであれば、メーカーや販売サイトに問い合わせを
されてみるのが良いのではないかと思います。お役に立てず申し訳ありません。

現在コメントは受け付けておりません。