トリア・スキン エイジングケアレーザー、照射レベル高もすぐ慣れました

トリア スキン エイジングケアレーザー

少し間隔があいてしまいましたが、トリア・スキン エイジングケアレーザー、照射の痛みはどれくらい?の続きです。3段階あるエイジングケアレーザーの照射レベル、最初の1週間は「低」にしていたのですが、個人的には照射の痛みは予想していたよりずっと少なく、「なんだ、こんなもの?」という感じでした。痛みの感じ方には個人差があるので一概には言えませんが、痛みの種類としては、軽く輪ゴムではじいたような痛み、ごく軽めの静電気のような痛み、というとイメージしやすいかもしれません。

セミナーで聞いたお話では、「低」レベルは、照射の痛みに慣れるためのレベル設定なので、正直、効果としてはそんなに期待できない・・・と聞いていたので、早く照射レベルをアップさせたかった私。とりあえず、最初の1週間だけは説明通り「低」を使いましたが、その後は、すぐに「中」そして「高」レベルをスタートさせました。

エイジングケアレーザーのトリートメントレベル 低→中→高へ

トリートメントレベル

どのぐらい痛いんだろう・・・と、恐る恐るレベル「中」を照射してみると、ピリピリ! 低レベルのときよりもずいぶん強い刺激を肌に感じました。痛みの種類としては、やはり、軽く輪ゴムではじいたような感じで、軽めの静電気のような痛み。でも、ガマンできないほどではありません。

その後、「高」レベルを試したところ、正直、「中」との痛みの差はほとんどないように感じました。低→中はけっこうな痛みアップでしたが、中→高は単に照射時間が長くなるだけでは?というくらい、痛みに差がないように思います。

トリア スキン・エイジングケアレーザー 接触ランプ

レベルを上げてすぐは、(ガマンできないほどではないにせよ)やっぱり痛いので、トリア・スキン エイジングケアレーザーをスッスッと肌の上を滑らせるように素早く動かして使いました。一か所に押し当てるよりも、動かしたほうが痛みを感じにくいと思います。

そして、1週間ほど経つと、不思議とレーザー照射の痛みに慣れてくるのか、レベルアップ直後に比べると、照射時の痛みをあまり感じないようになりました。車のドアを触って静電気がきたりするときの痛みなんかはいつまで経っても慣れることはないのに、不思議です。相変わらずピリピリ感は感じつづけていますが、すっかり平気になってしまいました。

目のまわり(目じり、目の下)など皮膚が薄く敏感な部分も、最初はちょっと辛かったですが、慣れると何も考えずスイスイ照射できるようになりました。
(家庭用美顔器で目の周りをケアできる製品はほとんどないらしいですが、トリアはOK!)

あ、ただ、夫が一度「なんだこれ?」という感じで、私がいないといに試しに肌に当ててみたらしく、翌日「痛かった・・・」と言っていました。慣れていなかったせいもあるとは思いますが、「肌の悩みが改善されるなら、きれいになれるなら、多少の痛みはガマンする!」という気持ちがないと、無理かもしれません。(^^;

トリア スキン・エイジングケアレーザー 照射口

トリア・スキン エイジングケアレーザー は、中央部の縦長の口(照射口)からレーザーが出るのですが、左右の小さな穴が両方ともぴったりと肌に当たっている状態でないと、レーザーは照射されません。

使い始めたばかりのころは、肉が薄い額(おでこ)や、凹凸のある鼻に照射をしようとすると、肌から少し浮いてしまって、レーザーが止まってしまうことがよくあったのですが、使い続けるうちにコツをつかめたのか、途中でストップすることはほぼなくなりました。

レベル「高」だと、全体を照射し終えるのに約10分かかりますが、それに苦にならないようになりました。照射直後は頬のあたりが(刺激のためか)たいてい少し赤くなりますが、翌朝には赤みは引いているので、困ることがありません。

クリニック(美容外科や皮膚科)で美容レーザーを受けると、肌表面にかさぶたができて数日~1週間程度、メークができなかったり、外出のたびにマスクで顔を隠す必要があると聞きますが、そういうことがないのはトリアの大きなメリットだと思います。

「8週間使って4週間お休み」がエイジングケアレーザーのサイクル

トリア スキン・エイジングケアレーザー

トリア・スキン エイジングケアレーザーは、「毎日1回×8週間使用したら、4週間お休みする」のが基本サイクル。(8週間が1セットです。)
私は1月下旬に使い始めたので、3月下旬まで使用して、4週間のお休み期間に入ります。

トリア・スキン エイジングケアレーザーは、(充電にかかる電気代以外)ランニングコストも不要なので、いったん買ってしまえば、ずーっと使うことが可能。クリニックや美容外科の場合は、レーザー1回あるいは●回セットでいくら、と料金が決まっていると思うので、最初に申し込んだ回数で満足いく結果が出なかった場合、さらに出費がかさみます。

トリア・スキン エイジングケアレーザーは、もちろんクリニックのレーザーに比べれば出力が弱いので、期間はかかりますが、気の済むまでずーっと使えるので、最初にかかったお金以外に追加で費用が発生することがないのが安心です。
(※トリア・スキン エイジングケアレーザーを2か月毎晩使用することで、クリニック3~5回分に近い効果を実現しているとのこと。)

セミナーで聞いてきたお話の中で、印象に残っているのは、トリア創始者の博士の奥さまが、試作段階からトリア・スキン・エイジングケアレーザーを使い続けているため、使用歴がいちばん長い女性ということになるそうなのですが、その女性が高齢(60代?)にも関わらず、非常に美しい肌をしているというお話でした。

消耗品を買い替えたりする必要もなく、一度買ってしまえば、8週間使用→4週間お休みのサイクルでずっと使い続けることができる、クリニックの美容レーザー比べると時間がかかるけれど、毎晩のホームケアでレーザーの効果を実感できるというのは、美容に十万円以上のお金を使うことはできないけれどキレイになりたい!という女性にとって、非常に心強い存在だと感じます。

私はトリア・スキン エイジングケアレーザーを使い始めて6週間ほどになります。今のところ、シミ・そばかすが消えた!という実感はないものの、色素沈着してしまっていたニキビ跡が目立たなくなってきたり、ツヤ感がアップしたり、嬉しい手ごたえを感じています。ピリピリの軽い痛みがレーザーの実感となっていて、この先の変化が楽しみな気持ち♪

もっと長く使用している人の口コミを読んでみたい方は、トリア公式サイトの「使用者の声」「使用者の体験談」を読んでみてくださいね。

以上、しみ・そばかすに悩んでいる人に向けた、トリア・スキン エイジングケアレーザーの使用感レポでした。

▼公式サイトはこちら
自宅で簡単光エイジングケア
トリア・スキン エイジングケアレーザー