【今だけ】オラクルトライアルセット1,600円→1,000円キャンペーン! 送料無料

吸水速乾で足裏さらさらと評判の日本製 珪藻土(けいそうど)のバスマット

珪藻土バスマット

以前お友達の家に泊まりに行ってお風呂を借りたときに、浴室の出口(脱衣所)に置いてあった珪藻土(けいそうど)バスマット。
硬いプレート(石板?)みたいなのに、お風呂上りの濡れた足をのせると、みるみる水分を吸い込み、あっという間に濡れた跡が消えてしまうのに驚きました。

「わ、なにこれ、足の裏があっという間にサラサラになる!」
「家族が続けて使ってもマットが濡れて気持ちわるい、なんてこともなさそう。」

と、すごーく気になっていたのですが、今回やっと注文することができました。

『soil』の珪藻土バスマットとは

Soil 日本製 珪藻土バスマット

私が注文したのは、珪藻土製品のトップブランド『soil』の珪藻土バスマット
建物の壁や床などを鏝(こて)を使って塗り仕上げる技術、「左官(さかん)」。左官に使われている珪藻土は吸水性と保湿性に優れており、「呼吸をする素材」として知られています。

soil 珪藻土バスマット

その左官の伝統技術で、吸水性と保湿性に優れた珪藻土を、なめらかな手触りのやさしい形に仕上げたのがこのバスマット。シンプルで主張しすぎず、どんなお家にも違和感なくなじむデザインです。

Soil 珪藻土バスマット

Soilの珪藻土バスマットはデザインがいくつかありますが、私は最も安価でポピュラーな「BATH MAT light」を選びました。

重さは約1.8kg、商品サイズは奥行425×幅575×厚9.5(mm)。
サイズはけっこう大きめですが、持ってみると、意外なほど軽いのに驚きます。(約1.8kgなので、2Lペットボトルのお水より軽いです。)

珪藻土にパルプ(紙)繊維を混ぜ圧縮形成することで、従来のモデルより、丈夫で割れにくく、片手で持てるほど薄く軽量になったとのこと。

珪藻土バスマットなら、吸水速乾で足裏さらさら!

珪藻土バスマット

珪藻土バスマットのよいところは、吸水性と保湿性に優れているため、水分をすばやく吸い込み、時間がたつと自然に乾燥するという点。

消臭性や調湿性にも優れ、自然素材のため、皮膚の弱い方やお子さんも安心して使うことができます。

珪藻土バスマット

お風呂からびしょびしょに濡れた足で出てきても・・・

珪藻土バスマット

2、3度足踏みをすれば、足裏が乾きます。珪藻土バスマットに残った足跡(水跡)も、少しすると自然に消えてしまいます。これなら家族が続けてお風呂に入っても、びしょびしょのマットで足裏が気持ち悪い・・・なんてこともなさそう!

我が家はまだ使い始めたばかりなので、これからしばらく使ってみて、また使用感や気づいた点などをブログに書きたいと思っています。

珪藻土バスマット、日本製と中国製の違い

日本製 珪藻土バスマット

ところで、珪藻土バスマットを買おうと思ってチェックしたことがある人はお気づきかと思いますが、珪藻土バスマットって、値段がピンキリなんですよね。
2000円~3000円程度のものがあるかと思えば、8000円以上するものもあって…。

もちろんメーカーによって多少の違いはありますが、価格差のポイントは生産国/原産国です。安価なものはほとんどが中国製、日本製のものは一般的に値段が高い傾向にあります。(企画だけ日本で、製造は中国、なんてのもありますけど。)

中国製の珪藻土バスマットがなぜ安いかというと、それはケイ酸カルシウムという建材(壁材)を使用して作られているから。以前、アスベストが人体へ影響があるとして社会的問題になりましたが、中国製珪藻土バスマットにはアスベスト混入の危険性が否定できないと言われています。

また、セメントのような異臭がする、使用しているとすぐに吸水性が低下する・・・などの口コミも少なからずあるようなので、値段だけで中国製珪藻土バスマットを選ぶのはおすすめできません。

珪藻土バスマットは、直接素肌が触れるもの・家族が毎日使うものなので、多少お値段が張っても、日本製のしっかりしたメーカーのものを選ぶのが良いですね。

▼珪藻土バスマットを実際に使った感想はこちら
珪藻土(けいそうど)のバスマットってどう? 使い心地、お手入れ方法

私はBONNEで珪藻土バスマットを買いました

珪藻土バスマット

高品質で安心できる日本製の珪藻土バスマットは安くありませんが、少しでもお得に買いたい!というのが本音。私はこのsoil珪藻土バスマットを、当ブログでも何度か紹介しているソーシャルセレクトショップBONNE(ボンヌ)で買いました。

BONNEでは、新規会員登録するとすぐに使える1,000円分のポイントがもらえたり、ときどき全商品が割引になるクーポンコードを出していたりするので、これを使うことでなかなか値下がりしにくい商品をお得に買うことができます。

なお、BONNEは税抜3,000円以上のお買い物で送料無料となるため、珪藻土バスマットは送料無料です。

商品ページ: soil 珪藻土バスマット
公式サイト: BONNE(ボンヌ)

なお、すぐにお買い物の予定がなくても、BONNEは新規会員登録するだけで1,000円分のポイントがもらえるので、とりあえず登録だけしておいてもいいと思います。
もちろん、登録・利用はいっさい無料です。

※今回はBONNEよりブロガー向けポイントをいただき、買い物に使用しました。