珪藻土(けいそうど)のバスマットってどう? 使い心地、お手入れ方法

珪藻土バスマット

先日、吸水速乾で足裏さらさらと評判の日本製 珪藻土(けいそうど)のバスマット の記事を書きましたが、珪藻土バスマットを使い始めてから10日ほど経ったので、使用感、使い心地、お手入れ方法などについて書いてみたいと思います。

珪藻土バスマットの使い心地、使用感

珪藻土バスマット

わが家が珪藻土バスマットを使い始めて約10日が経ちました。初日から家族の評判はかなり良くて、「足裏がサラサラして気持ちがいい」「続けてお風呂に入っても湿ったバスマットの上に足を置かずに済むのがいい」とみんな気に入った様子。

硬質でさらっとした珪藻土バスマットの上に素足を置くのはホント気持ちがいいんです。届いたばかりのときは、少し紙粘土のようなにおいがしたのですが、すぐにそれも気にならなくなりました。

そして、普通の(布製の)バスマットを使っていたときは毎日洗濯が欠かせませんでしたが、珪藻土バスマットに変えてからはその必要がなくなり、洗濯物が減ったのも嬉しいことのひとつ。雨の日など、厚みのあるバスマットは乾きにくいのが悩みだったのですが、そのストレスもなくなりました。

珪藻土のバスマットは本当に吸水速乾なの?

珪藻土バスマット

「あんな粘土プレートのようなものにびしょびしょに濡れた足を乗せて、ホントに水分を吸収してくれるの? すぐに乾くの?」

珪藻土のバスマットを使ったことのない方の多くは、そんなふうに思うんじゃないかと思います。私も初めて(友達の家で)使ったときは、おそるおそる足を乗せ、珪藻土バスマットがみるみる乾いていくのを見て驚きました。

珪藻土は、植物性プランクトン類の化石、珪藻殻の堆積物によって形成された地層。マイクロメートル単位の微細な孔が無数にある多孔質構造の特性をもっているため、足の裏の水分をすばやく吸い取り、時間がたつと自然に乾燥します。

言葉で説明するよりも、実際に目で見てもらったほうがわかりやすいと思うので、以下に「珪藻土バスマットの上に濡れた足を置いて、どかしてみたところ」を撮影した動画を掲載します。

(真ん中の横向き三角をクリックorタップすると再生します。)

この動画は30秒の動画ですが、再生すると20秒くらいの時点でほぼ濃い水染みがなくなっているのがわかるかと思います。

30秒経過後もうっすらと足形は残っていますが、この時点で表面はさらっと乾いています。うっすらとした足形はゆっくり時間をかけて見えなくなっていきます。

珪藻土バスマットの使用上の注意とお手入れ方法

soil 珪藻土バスマット

私が購入した珪藻土のバスマットは、珪藻土製品のトップブランド『soil』の製品。もちろん日本製で、素材には秋田県産の珪藻土と紙を使用しています。真っ白ではなく、ややグレーがかった色をしていますが、すべて自然素材の色味とのこと。

soilの珪藻土バスマットは、「soil」のロゴが入っている面を上にして、平らな場所で使用します。布製・ゴム製などのマットの上で使用するのはNGです。

Soil 珪藻土バスマット

自然に乾燥するので毎回乾かす必要はありませんが、ときどき風通しの良い場所で陰干しさせると、カビ発生の予防効果があります。夏場は7~10日、冬場は3~4日に一度の割合で陰干しさせるのがベターとのこと。

その際、反りの原因になってしまうため、天日乾燥は避けましょう。反った状態で使用すると割れる恐れがあります。

また、目詰まりをおこすため、界面活性剤を含む洗剤などで洗うのもNG。吸水力が落ちた場合は紙やすりなどでこすって薄く削ると回復するそうです。

私自身は、珪藻土バスマットを使い始めてまだ日が浅いので、紙やすりでこすったことはないのですが、愛用している友人に聞くと、やはり、吸水力が落ちてきたな~と感じると、紙やすりをかけると言っていました。

(2016年10月19日追記)
3か月ほど使用して、「最近、水気の吸いが悪くなってきたな~」と感じるようになってきたので、紙やすりをかけて陰干ししたところ、しっかり元のように水分を吸い取ってくれるようになりました。珪藻土バスマットのお手入れに使う紙やすりは、300番~400番のやや粗めのものがおすすめ。
(追記ここまで)

使用頻度にもよりますが、珪藻土バスマットの使用期間の目安は、およそ2年間。
半永久的に使えるモノというわけではないので、お間違えのないように。

個人的には、使用期間が約2年間であっても、毎日お風呂あがりに足裏がサラサラで気持ちがよいこと、家族が続けて入ってもびしょびしょしないこと、バスマットを毎日洗濯する必要がないことなどの利便性と快適さを考えると、「買ってよかった!」と思っています。

BONNEなら20%OFFで珪藻土バスマットが買えます

珪藻土バスマット

高品質で安心できる日本製の珪藻土バスマットは安くありませんが、少しでもお得に買いたい!というのが本音。私はこのsoil珪藻土バスマットを、当ブログでも何度か紹介しているソーシャルセレクトショップBONNE(ボンヌ)で買いました。

BONNEでは、新規会員登録するとすぐに使える1,000円分のポイントがもらえたり、全商品が20%OFFになるクーポンコードを出していたりするので、これを使うことでなかなか値下がりしにくい商品をお得に買うことができます! 

1,000円分のポイントがもらるのは新規会員登録のときだけですが、以下のクーポンコードを入力すると、20%OFFでお買い物ができます。

soilの珪藻土バスマットの通常価格は8,100円(税込)ですが、20%OFFクーポンを使えば1,620円引きになり、6,480円で買うことができます。もともとが安くないアイテムなので、20%OFFは大きいですよね!

【追記】BONNE(ボンヌ)で使える20%OFFクーポンコードをブログ用にご提供いただきました!

ーーーーーーーーーー
35908899
<20%OFFクーポン>
有効期限 2018年3月末まで
ーーーーーーーーーー

このクーポンコードを買い物カート画面で入力すると、合計金額から20%OFFになります。どこのショップでもほとんど割引がされないブルーノのアイテムが20%OFFで買えるのでかなりお得です!

(クーポンコードの利用は1人1回まで。クーポンとポイントの併用は不可。)

クーポンコードはお買い物カートの画面の「値引」の項目のプルダウンで「クーポンコード入力」を選択し、その下の枠に入力して、「適用」ボタンを押せば、20%OFFが反映されます。

なお、BONNEは税抜3,000円以上のお買い物で送料無料となるため、珪藻土バスマットは送料無料です。

商品ページ: soil 珪藻土バスマット
公式サイト: BONNE(ボンヌ)

なお、すぐにお買い物の予定がなくても、BONNEは新規会員登録するだけで1,000円分のポイントがもらえるので、とりあえず登録だけしておいてもいいと思います。
もちろん、登録・利用はいっさい無料です。

※今回はBONNEよりブロガー向けポイントをいただき、買い物に使用しました。