タリン旧市街 トーンペアの丘でトーンペア城、のっぽのヘルマン塔、大聖堂、展望台をまわる

タリン旧市街 トーンペアの丘でトーンペア城、のっぽのヘルマン塔、大聖堂、展望台をまわる

公開日: : 最終更新日:2018/03/20 フィンランド&エストニア旅行2016

エストニア タリン旧市街 トーンペアからの景色

エストニアの首都タリンの旧市街は、タリン歴史地区(Historic Centre (Old Town) of Tallinn)と呼ばれ、ユネスコ世界遺産にも登録されている場所。

そのタリン旧市街は、ゴシック様式の旧市庁舎を中心として、曲がりくねった石畳の小路が連なる下町と、トーンペア城やアレキサンダーネヴス大聖堂などのあるトーンペアの丘の2つの地域からなっています。


タリン旧市街の2つの地域 トーンペアの丘と下町

タリン旧市街 下町とトームペアの丘

エストニア タリン旧市街の2つの地域はだいたいこんな感じ。

・ トーンペアの丘(上の地図で青い線で囲まれた部分)
・ 下町(上の地図で赤い線で囲まれた部分)

トーンペアの丘は、その名の通り小高い丘の上にあり、その昔貴族や支配階級が住んでいた地域。対して、下町は職人や商人など一般の人たちが住んでいた地域です。

昔は貴族や支配階級が下町を文字通り「見下ろして」いたのかもしれません。しかし、現在は2つの地域はどちらもエストニアの主要観光スポットとして、旅行者に人気の場所となっています。

2つの地域はピッケヤルグ(長い脚)とルヒケヤルグ(短い脚)と呼ばれるふたつの小路で結ばれ、多くの訪問者はどちらか一方の脚を通ってトーンペアへ上がり、もう一方の脚をと言って下町に戻ってくるとのこと。

今回はこの2つの地域のうち、トーンペアの丘を紹介します。

タリン旧市街の山の手 トーンペアの丘

タリン旧市街 トームペアの見どころ

トーンペアの丘は、ユネスコ世界遺産に登録されているタリン歴史地区の西側、小高い丘の上にある地域を指します。「TOOMPEA」と書くため、日本語では「トーンペア」と「トームペア」の2つの表記が混在している模様。

「下町」に対して「上の街(Upper Town)」と呼ばれることも。

トーンペアの丘の見どころとしては、

・ トーンペア城とのっぽのヘルマン塔
・ アレキサンダーネヴスキ大聖堂
・ 聖母マリア聖堂
・ ふたつの展望台

などがあります。(ほかに、今回私たちは立ち寄りませんでしたが、エストニアの飲文化の博物館、デンマーク王の庭園なども。)

以下、順番に写真つきで紹介していきますね!

トーンペア城とのっぽのヘルマン塔

トーンペア城

トーンペア城は、1227~1229年にドイツ騎士団が建てた石造りの要塞。それ以来ずっとエストニアの権力の中枢であり、現在は国会議事堂(リーギコグ)として使われています。

トーンペア城とのっぽのヘルマン塔

トーンペア城の南西にそびえ建つのは「のっぽのヘルマン塔」と呼ばれる背の高い塔。てっぺんにはエストニアの国旗がはためき、日の出と日没の時刻にはそれを知らせる鐘の音が鳴り響きます。

アレキサンダーネヴスキ大聖堂

アレキサンダーネヴスキ大聖堂

こちらの教会は、1900年にロシア正教の教会として設立されたアレキサンダーネヴスキ大聖堂。

中世のたたずまいの建造物の中、特徴あるロシア風玉ねぎ型ドームが象徴的なこの大聖堂は、ひときわ存在感を放っています。

アレキサンダーネヴスキ大聖堂

観光客であっても自由に中に入ることができます。(入場無料)
ただし、中は写真撮影は不可。帽子やフードなどのかぶりものは外して入りましょう。

中の広間は荘厳で、ロシア正教についてほとんど知らない私も、神聖な気分になりました。
トーンペアに行かれたら、ぜひアレキサンダーネヴスキ大聖堂に立ち寄ってみてください。

聖母マリア聖堂

聖母マリア聖堂

こちらは聖母マリア聖堂(聖母マリアのための教会)です。

このドーム型教会は、1233年に設立されたエストニアの主要なルーテル教会で、観光客向けの場所ではありませんが、博物館やコンサートホールとしても使われており、毎週日曜日には礼拝も行われているとのこと。

聖母マリア聖堂

私たちが訪れたときは扉が閉ざされており中には入れなかったのですが、開館時に入場料を支払って入ると、69メートルの高さにあるバロック建築の鐘楼からすばらしい眺めが堪能できるそうです。扉は小さく見えますが、中はかなり広いとガイドさんが教えてくれました。

ふたつの展望台

エストニア タリン旧市街 トーンペアからの景色

トーンペアの丘には、「Kohtu通り展望台」と「Patkuli展望台」の2つの展望台があり、どちらもタリン旧市街を遠くまで見渡せる素晴らしいロケーション。絶好の写真撮影スポットでもあります。

タリン旧市街 トーンペアの丘からの景色

この日はあいにくの曇り空でしたが、旧市街のたくさんの屋根や塔、その向こうまで見渡せる大パノラマが楽しめ、晴れた日にはおとぎの国に迷い込んだような気分になれることでしょう。

トーンペアの丘 まとめ

toompea2

以上、タリン旧市街、トーンペアの丘の主要な見どころを紹介しましたが、パステルカラーに彩られた建物が連なる街並みも可愛らしく、センスのよいウィンドウディスプレイがされたショップやお土産物屋さんものぞいてみたくなります。

toompea6

小高い丘の上にあり、冬場は冷たい風が吹くので、しっかり防寒をして、タリン旧市街 トーンペアの丘の街歩きと景色を楽しんでくださいね。

▼このカテゴリのほかの記事はこちらから
フィンランド&エストニア旅行記



[本記事はLinkトラベラーズの一員として、エストニア政府観光局主催のプレストリップに参加し、執筆しています。]



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotel ロビー

サヴォイ ブティック ホテル Savoy Boutique Hotelはタリン旧市街にある女性好みのホテル

エストニア旅行最後の夜は、タリン旧市街にある五つ星ホテル「サヴォイ ブティック ホテル(Sa

記事を読む

【読者プレゼント企画】フィンランド&エストニアのおみやげを5名の方にプレゼント(~12/23)

いつも当ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。 ここ数日フィンランド&エス

記事を読む

ヴィフラマナーハウス

ヴィフラマナーハウス 16世紀初めに建てられたエストニア ラヘマー国立公園内の荘園に泊まる

エストニアの首都タリンの東にある「ラヘマー国立公園内」は、広さ700平方メートルを超える広大

記事を読む

フィンランド ヘルシンキでもっとも古いカフェ Café Ekberg(エクべリ)

フィンランドの首都ヘルシンキでは、ホテル インディゴ ヘルシンキ ブールバード Hotel

記事を読む

エストニア タリン旧市街近く「ラディソン ブル ホテル タリン」 Radisson Bluに泊まった感想

エストニア旅行、最初の夜はタリン旧市街の近くにある「ラディソン ブル ホテル タリン」(Ra

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,252 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑