ラトビア田園地方の大工工房で木工ワークショップ体験をし、アヴアティニ・ハーブ農園へ

公開日: : 最終更新日:2017/09/16 北欧の田園を旅しよう2017


CAITOプロジェクト主催のプレストリップ2日めは、ラトビアの首都リガのホテルを朝出発し、北東方向の田園地方へと向かいました。

ラトビアはバルト三国の真ん中、北のエストニアと南のリトアニアの間にはさまれた国。首都リガは人口約70万人、バルト三国でも最大の都市で、世界中から観光客が訪れます。現在は、2018年の独立100周年に向け、建設ラッシュの真っ最中です。

しかし、首都リガを離れ、地方へ足を延ばせば、のどかな田園風景が広がっています。

この日は、大工工房で木工ワークショップ体験、アヴアティニ薬用植物展示園(ハーブ農園)の見学、ウングルムイジャ領主館で昼食と施設見学をし、別の領主館に泊まるという行程で、ラトビアの田園地方をまわってきました。

日本では、首都リガ以外のラトビアの地方の知名度はまだ低いと思うので、どんなところなのかお伝えできたらと思います。


大工工房で木工ワークショップ体験

最初に訪れたのは、首都リガから都市間バスで59分ほどのところにあるガルカルネ村(Garkalne)の「Namdara darbnīca」(ラトビア語で「大工工房」の意味)。

ここでは、木の熟練工から昔の木工道具の使い方(木の切り方やカーブの作り方)を習うワークショップを体験することができます。

Namdara darbnīcaの大工工房

まずは建物の中に入って、この大工工房のこと、ラトビア人と木の関わりに関するお話を聞きました。

ラトビアの大工工房

ラトビアのは国土の半分以上が森林地帯で、「欧州連合の肺」とも言われています。良質な材木を産出する国としても高い評価を得ており、軽くて丈夫で柔軟性もあるアカマツは昔から造船によく使われてきたそうです。

ここに展示されているのは、ネズ(KADIKIS)、ハンノキ(ALKSNIS)、アカマツ(PRIEDE)、欧州トウヒ(EGLE)、トネリコ(OSIS)、ヤナギ(BLIGZNA)、カシワ(OZOLS)の材木。それぞれ、色も香りも少しずつ違います。

この工房で最もよく使う材木はネズ。アロマオイルで「ジュニパー」がありますが、ジュニパーはネズのことです。自ら枯れたネズは特に香りがよく、ピルツと呼ばれるラトビアの蒸し風呂でも使うそうですよ。日本で言う入浴用檜ボールみたいなものでしょうか。

パン入れ

こちらは冬菩提樹の木をくりぬいて作ったパンこね鉢。

樹皮で作った簡単なブーツ

樹皮で作った簡単なブーツ。白樺の樹皮を使って作られるそうです。

ラトビアの小物入れ

こちらも樹皮を使って作られた小物入れ。

ほかにもヤマナラシという柔らかい木で屋根を葺いたり、枯れたリンゴの木を薪にしたり、食器を作ったり。ラトビアの田舎に住む人々の生活は木とともにあるといっても過言ではありません。

ラトビアで木工体験

木のお話を聞いた後は、外に出て実際に木工ワークショップ体験です! 写真は、木工道具(斧)の使い方を説明をしてくれる工房スタッフのヤーニスさん。

木の熟練工より昔の木工道具の使い方(木の切り方やカーブの作り方)を習う

木の熟練工から昔の木工道具の使い方、木の切り方を習います。工房の人たちが切るとあっという間に木の輪切りができるのに、

木の熟練工より昔の木工道具の使い方(木の切り方やカーブの作り方)を習う

私がやるとなかなか刃が進んでいかないのはなぜ……? (腰が入ってない?)

木の熟練工より昔の木工道具の使い方(木の切り方やカーブの作り方)を習う

お次は「怠け者」という名前の道具を使って木の皮を削る作業。「怠け者」という名前は、座ってらくらく作業できる(必死に頑張らなくてもいい)ということからきているそうで、実際、工房のヤーニスさんの作業を見ていると、簡単そうに見えます。

大工工房での木工ワークショップ体験

しかし、いざ自分でやってみると、簡単ではありません。工房の方が手を添えてくれるとうまくできるんですが、一人でやろうとすると刃が滑らず……。助けてもらって、なんとか作品が完成!

ラトビアで木工体験

これはこんなふうな飾り物になります。(作品は記念に持ち帰り可能)

焚き火を焚いた小さな小屋の中でのピクニック

木工ワークショップ体験と昔のおもちゃで遊んだ後は、焚き火を焚いた小さな小屋の中でのピクニック。

ピクニック

ナムダラと呼ばれる”大工の力のお茶”は、生姜、シナモン、丁子、オレンジ、レモン、紅茶、砂糖を煮だしたほんのり薄甘い飲みもの。大工さんたちがよく飲むそうです。

ピクニックに用意されていたのは、コケモモとリンゴのパイ、マッシュルームパイ、キャラウェイの入ったミートパイ、ジャガイモ、ニシンのオープンサンドなど。どれも美味しかったし、のどかな環境で青空の下いただくのは気持ちよかったです。

ガルカルネ村(Garkalne)にある「Namdara darbnīca」(ラトビア語で「大工工房」の意味)。

大工工房(Namdara darbnīca)の木工体験は、15名以上の場合、食事なしで1人11ユーロ、食事ありで1人20ユーロとのこと。実際に個人旅行で行く場合、15名以上というのは現実的ではありませんが、少人数でも(1人あたりの単価が高くなりますが)体験は可能だそう。


【施設詳細】
名称 Namdara darbnīca
住所 2137 Garkalne, Latvia
公式サイト https://www.namdaradarbnica.com/

アヴアティニ・ハーブ農園

アヴアティニ薬用植物展示園

ガルカルネ村の大工工房を後にし、次に訪れたのは、リンバジ村にあるアヴアティニ・ハーブ園(Veselības augu brīvdabas ekspozīcija ‘Avotiņi’)、通称「緑の薬局(グリーン・ファーマシー)」です。ちなみに、「Avotiņi」とはラトビア語で「小さな泉」の意味。

この薬用植物展示園では、ラトビアにおける約300種類の植物を無農薬で育てています。

アヴアティニ薬用植物展示園

このハーブ農園(薬用植物展示園)は、オーナーのヤーニスさん(先ほどの大工工房の方と同名ですが、ラトビアではよくある名前だそう)が、家族の病気が化学的な薬物治療では治らなかったことをきっかけに、昔ながらの薬用植物によるケア(古の知恵)を実践するために設立した施設。

人類が化学な薬に頼るようになったのはせいぜい100年前からのことで、それ以前は、人々は自然の植物で怪我や病気の治療をしていたそうです。薬用植物を混ぜ合わせて食せば、人間の体には必要なものを必要なだけ摂取することができるのだとか。

ラトビアのアヴアティニ薬用植物展示園

「すべての植物は毒にも薬にもなるが、その違いは摂取量」とのことですが、ソクラテスを毒殺したという植物も普通に生えているので、やたらに触るのは控えたほうが安心。

アヴアティニ薬用植物展示園

特別に薬草植物の乾燥室も見せてもらいました。この薬草植物展示園で育てられた植物のほか、近くの湖畔などで採取された植物がここで乾燥、加工されています。

アヴアティニ薬用植物展示園のウェルカムスナック

薬用植物展示園と乾燥室を見せてもらったあとは、室内に移動しておしゃれなウェルカムスナックをいただきながら、オーナーのヤーニスさんのお話を聞きました。

薬用植物加工品

こちらでは、ここで製造加工された薬用植物の粉末を販売もしています。最初はハーブティーのように乾燥植物を煮出してお茶として飲むのかと思ったのですが、そうではなく、粉末化された乾燥植物をそのまま口に入れて、水で飲みこむのだそうです。

販売されている薬用植物の粉末は、いずれも単一種ではなく、症状にあわせたミックス。多様性が肝心で、人間はそのなかから勝手に必要なものを体に取り入れるそうです。

薬用植物は有機農業で育てられていること、月齢にあわせて最適なタイミングで採取すること(例えば地上にあるものは新月に、地中にあるものは満月の後に取る、など)、乾燥させるときは45度を超えないことも大切なポイントとのこと。

アヴアティニ薬用植物展示園 「緑のカクテル」の原材料となる薬用植物と果物

今回は、乾燥粉末ではなく、実際に目の前でアヴアティニ薬用植物展示園オリジナルの「緑のカクテル」を作っていただきました。

アヴアティニ薬用植物展示園の「緑のカクテル」

約60種類の植物や果物などが目の前でブレンダーに放り込まれていきます。「そ、そんなに入れて大丈夫?」と言いたくなるほどの勢い。

アヴアティニ薬用植物展示園の「緑のカクテル」

こちらが完成した「緑のカクテル」。ラトビア版の青汁ですね。

決しておいしいものではなく、小さなコップ1杯飲むのがやっとでしたが、飲んだあと不思議と体がぽかぽかしてきて(これは私だけでなく飲んだ方全員がそう言っていました)、なんらかの作用があるのは実感できました。

アヴアティニ薬用植物展示園の入場は1人2ユーロ。ガイディングツアーは12名から(要予約)。有機薬用植物、植物療法などに興味のある方にはきっと楽しい場所だと思います。

【施設詳細】
名称 Veselības augu brīvdabas ekspozīcija ‘Avotiņi’
住所 ”Avotiņi” Lāde Limbažu pag., Limbažu nov. LV-4001, Latvia
電話 +371 29479172
ウェブサイト http://www.celotajs.lv/en/e/veselibas_augu_ekspozicija

続きの記事→ ラトビア田園旅 18世紀に建てられた木造の荘園「ウングルムイジャ領主館」の館内見学と昼食

「北欧の田園を旅しよう!」カテゴリの記事をもっと見る
北欧の田園を旅しよう ラトビア・エストニア・フィンラン



提供:CAITOプロジェクト
※現地滞在費、飲食費、アクティビティ費、移動費等を提供していただきました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のシードル

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場でリンゴから作られるシードルを味わう

エストニアの冬はマイナス20度にもなることがあるほど厳しい寒さのため、ワインのためのブドウ作りは

記事を読む

クラーラ・マンニ・ホリディ&カンファレンスセンターのオーナー家族

エストニアの田舎暮らしが体験できるカントリーハウスに宿泊、白樺の枝を持って入るサウナも

エストニア初日、エストニア南西部パルヌ県でトルクセ湿原ハイキングとヌルカ農場訪問とトリ・ヨエスー

記事を読む

ラトビアの首都リガの旧市街北側

北欧の田園を旅しよう! ラトビア、エストニア、フィンランドの田舎の暮らしを体験する旅行

北欧と聞くと、おしゃれなデザインのインテリア雑貨や食器、洗練されたファッション、あるいはITの進

記事を読む

エストニア・トルクセ湿原(Tolkuse bog)のハイキング

ラトビアから国境を越え、エストニア南西部パルヌ県でトルクセ湿原ハイキングとヌルカ農場訪問

ラトビアのガウヤ国立公園内の森でキノコ狩りをして、カールリャムイジャ領主館に一泊した翌朝、ホテルをチ

記事を読む

カリオラリゾート calliola conference & event center Finland

海と自然と静けさが調和するフィンランドの群島にあるカリオラリゾートがすばらしかった!

フィンランドの沿岸地域と群島には、1000kmもの海岸線が広がっており、何万もの島々が存在します

記事を読む

管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス主婦。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。
旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター。

>> 詳細プロフィールはこちら

記事数 : 1,288 / コメント数: 2750

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑