エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場でリンゴから作られるシードルを味わう

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場でリンゴから作られるシードルを味わう

公開日: : 最終更新日:2018/03/20 北欧の田園を旅しよう2017

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm)

エストニアの冬はマイナス20度にもなることがあるほど厳しい寒さのため、ワインのためのブドウ作りはほとんど行われていません。代わりによく作られているのが、リンゴなどの果実やベリーのお酒。

現地ではアルコール入りの果実酒のことを「サイダー」と呼びますが、日本でサイダーというとノンアルコールの炭酸飲料を指すので、ここでは一般的な「シードル」という言葉を使うことにします。



今回訪れたのは、エストニア西部、ソーマー国立公園(Soomaa National Park)に隣接する、トリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm)。

今回はこの農場で催行されている約2時間のサイダー・ツアー(シードル・ツアー)に参加し、シードルづくりのお話しを伺ってきました。


トリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のサイダーツアー

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm)

現在のオーナーのカルモさんとその奥さま。

ここでは、水分が多く特別な成分構成を持つ土のおかげで昔から野生のリンゴがよく育ち、カルモさんのひいおばあちゃんの時代から自家製シードルを作っていたとか。

当時は自宅用と近所の人たちに売る程度の量だったそうですが、現在は20ヘクタールもの敷地を有し、有機栽培で栽培量も増やして、より現代的な方法でたくさんのシードルを作っています。

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm)

こちらは今年の春に植えたというリンゴの若木。収穫できるのは3~4年先だとか。

ぶどう

チャレンジ精神旺盛なカルモさんは、リンゴから作るシードルのみならず、エストニアでは難しいといわれているワインづくりのための混合種のブドウ栽培にも取り組み始めているところだとか。(現在はまだ実験中でワインの製品化はされていない模様。)

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm)

たわわに実るビニールハウスのブドウ。こちらはレゲントという品種だそうです。電気を使ってビニールハウスをあたためることはしないそうですが、やはり覆いがないと、雪や霜にやられてしまうのかもしれませんね。

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm) 倉庫

年代を感じさせるトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場の倉庫。

自家製リンゴジュース

ブドウ畑とリンゴ畑の見学をしながらお話を伺ったあとは、テラスに移動して、自家製のリンゴジュースとシードルを試飲できます。このリンゴジュース、フレッシュで自然な甘みが詰まっていて、とても美味しかったです!

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のシードル

エトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場オリジナルのシードルもいただきました。

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のシードル

2016年に作られたこちらのシードルは、ほどよくドライで、リンゴのみずみずしさが感じられる透明感のある味わい。日本に流通している大量生産の輸入シードルとは違う、リンゴらしさを感じられるシードルでした。

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のシードル

違う銘柄(2015年のシードル)も試飲。こちらも飲みやすく、特に女性に好まれそうな味わいだと感じました。ビールが苦手な方でも、このシードルならジュース感覚で飲みやすいかもしれません。とはいえ、アルコール5.9パーセントなので、しっかり酔います。

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のシードル

試飲したシードルが気に入れば、おみやげに買って帰ることもできますよ。

野生のリンゴ

庭で育つ古い野生のリンゴの木。リンゴは赤く色づくことなく、黄緑色のまま収穫され、シードルに加工されます。

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のシードル

トリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のサイダー・ツアーは、エストニアのエコツーリズム・プロダクトに関するEHE(Genuine and Interesting Estonia)の品質ラベルを受けており、今回のような取材だけでなく、一般グループのツアーも受け入れているとのこと。

畑を見学して、生産者から栽培や製品づくりに関する話を聞き、リンゴの木陰で自家製シードルを味わうのは、北欧田園旅ならではのお楽しみといえるかもしれません。

【施設概要】
名称 トリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場(Tori Jõesuu Cider and Wine Farm)
住所 Tuka Talu, Tori 86802, Estonia
公式サイト http://siidritalu.ee/en/

続きの記事はこちら→ エストニアの田舎暮らしが体験できるカントリーハウスに宿泊、白樺の枝を持って入るサウナも

「北欧の田園を旅しよう!」カテゴリの記事をもっと見る
北欧の田園を旅しよう ラトビア・エストニア・フィンラン



提供:CAITOプロジェクト
※現地滞在費、飲食費、アクティビティ費、移動費等を提供していただきました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

フィンランド シウンティオ川でカヤック体験

フィンランドの首都ヘルシンキから車で約30分 美しいシウンティオ川でカヌー&カヤック体験

フィンランドのヘルシンキに到着し、最初に向かったのは、ヘルシンキから西へ車で30分ほどのところに

記事を読む

ウングルムイジャ領主館 Ungurmuiža Manor  テラス

ラトビア田園旅 18世紀に建てられた木造の荘園「ウングルムイジャ領主館」の館内見学と昼食

ラトビアの田園地方には、数多くの歴史的な木造建築が今なお残っています。 今回訪れたのは、ラトビ

記事を読む

まるでホテル! 巨大フェリー「タリンクシリア・メガスター」でエストニアからフィンランドへ

ラトビア、エストニアと移動してきた北欧の田園旅、5日目は最後の国であるフィンランドを目指すべく、

記事を読む

ラトビアで木工体験

ラトビア田園地方の大工工房で木工ワークショップ体験をし、アヴアティニ・ハーブ農園へ

CAITOプロジェクト主催のプレストリップ2日めは、ラトビアの首都リガのホテルを朝出発し、北東方向の

記事を読む

サンタクロースとおばあちゃん

サンタクロースを訪ねて、エストニアのサンタの煙突村へ。楽しいサンタさんと遊んできたよ!

昨年12月、エストニアのタリン旧市街のクリスマスマーケットでサンタさんに会った私。 エストニア

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,268 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑