チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット「クニェティツカホラ・キャッスル」

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット「クニェティツカホラ・キャッスル」

公開日: : 最終更新日:2018/12/15 チェコ旅行2018

チェコ・パルドヴィツェの絶景夕焼けスポット「クニェティツカホラ・キャッスル」

チェコのフラデツ・クラーロヴェーを観光した後は、20分ほど電車に乗って、同じく東ボヘミア地方にある町パルドゥビツェ(Pardubice)に移動しました。

パルドゥビツェは、チェコの東ボヘミア地方・パルドゥビツェ州の州都で、プラハの104キロ東に位置します。今回の旅ではこのパルドゥビツェに2泊し、市内と近隣の町(フルディム)を見てまわることになっていました。

ただ、この日は到着したのが夕方だったので、現地観光課の方におすすめの夕焼けスポットにつれていってもらい、いっしょに夕食を食べ、翌日は朝からフルディムの町へ移動したので、パルドゥビツェの記事は2回に分けてお届けします。

チェコのパルドゥツェってどんな町?

パルドゥビツェ(Pardubice)は広大なポラブスカー平野にある産業都市で、1340年頃に建設されたと言われています。首都プラハからは電車で1時間ほどと近く、日帰りでも十分アクセス可能です。

なお、ひとつ前の記事で紹介したフラデツ・クラーロヴェーや、この後紹介予定のフルディムへ行くには、基本的にパルドゥビツェで電車を乗り換えることになります。(Pardubice hl.n.が主要駅なので)

パルドゥビツェは毎年秋に開催されるヨーロッパで最もタフと言われる競馬レース「ヴェルカー・パルドゥビツカー」や、ジンジャーブレッド作りで有名な町でもあります。馬とジンジャーブレッドはパルドゥビツェのアイコンともいえる存在。

チェコ・パルドゥビツェのジンジャーブレッド

(翌日はジンジャーブレッドのデコレーション体験もしました! そちらもまた書きますね。)

パルドゥビツェのウォールアート

チェコ・パルドヴィツェのウォールアート

今回はパルドゥビツェの現地観光課の方が駅まで迎えに来てくださっていました。

この日は移動だけで、特に観光の予定はなかったのですが、「今日はお天気も良いし、もし疲れていなければ、夕焼けの絶景スポットに案内するよ。」と言ってくれたので、お言葉に甘えて連れて行ってもらうことに。

その場所までの道すがら、パルドゥビツェの景色を描いたウォールアートを見かけたので、車を降りて見物をしました。特に観光スポットとかではなく、普通に市民による壁画なのですが、パルドゥビツェ城、平原に広がる麦畑、ホップとビール、そして馬と、この町がどんな町か伝わってくるような絵でした。

絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

観光課の方が車で連れて行ってくれたのは、広い平原にぽつんと建つ「クニェティツカホラ・キャッスル(Kunětická hora castle)」。ホラ(hora)というのはチェコ語で山のこと。

実際は山というより丘に近い気がしますが、どこまでも平原の広がるこの土地では、ほかに山らしい山は見えません。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

てっぺんにはこぢんまりとしたお城の遺跡があります。丘の中腹には、生い茂る木々が西日を受けて輝いていました。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

車を停め、遊歩道を歩いて近くまで上がります。遊歩道はこのあたりの人たちの散策コースやジョギングコースにもなっているようです。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

遊歩道の脇にあった馬の牧草地。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

丘を上がっていくにつれ、視界が開けて、まっすぐな地平線が見えてきました。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

どこまでも広がる平原。観光課の方の話では、夏場にはこの山頂で野外コンサートのようなものも行われるのだとか。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

城壁の廃墟の上に座っていたカップルのシルエットが絵のようだったので、私も座ってみました。(ここ、カップルのデートに絶好のロケーションに違いない……。)

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

チェコは小さな国というイメージを持っている方は少なくないでしょうし、実際にチェコの面積は北海道よりも少し小さいくらいなのですが、こうして平野の真ん中に来てみると、山がちな日本とは違う光景を見みることができます。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

この場所はきっと何世紀もの間変わってなくて、昔このお城に住んでいた人も、同じ風景、同じ夕焼けを眺めていたのでしょう。

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット クニェティツカホラ・キャッスル

刻一刻と色合いを変える美しい西の空を眺め、ゆっくりと夕暮れを堪能できました。チェコ旅行中はお天気に恵まれ、何度もきれいな夕焼けを見ることができましたが、ここクニェティツカホラ・キャッスルで見た夕焼けは、特に印象深いです。

この後は食事を済ませてホテルへ戻り、就寝。翌日はパルドゥビツェの近くにある、フルディムという町に日帰り観光へ出かけます(続く)。

続き⇒チェコ・フルディム(Chrudim)のマリオネットミュージアム(人形博物館) バロック彫刻博物館

【関連記事】チェコのパルドヴィツェの観光おすすめスポット ジンジャーブレッド店とパルドゥビツェ城

チェコ旅行記2018 記事一覧を見る

チェコ旅行記2018



[Special Thanks!]
この旅はチェコ政府観光局に旅費宿泊費を負担していただいています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

チェコの温泉保養地ルハチョヴィツェを散策

チェコの温泉保養地ルハチョヴィツェを散策し、アレクサンドリア スパ&ウェルネスホテル宿泊

チェコ南東部にある建物がどれも同じような外観の独特な町・ズリーン(Zlin)から路線バスに乗り、

記事を読む

プラハのカレル橋

チェコ旅行の最後にプラハ半日観光! ムハ美術館や旧市街広場の見どころとカレル橋をまわる

ここまで長々とチェコ旅行記2018を書いてきましたが、このブログでの旅行記はこの記事が最後です。

記事を読む

ミクロフの聖なる丘の上で乾杯

チェコ・ミクロフの観光スポット「聖なる丘(Holy Hill)」の上で ナズドラヴィー(乾杯)!

チェコ南東部(南モラヴィア地方)にある国境の町ミクロフ(Mikulov)の代表的な観光スポットと

記事を読む

フラデツ・クラーロヴェーのラベ川沿いを散策

チェコのフラデツ・クラーロヴェーおすすめ観光ガイド! 多様な建築と豊かな自然が楽しめる町

チェコの温泉保養地ルハチョヴィツェに泊まった翌日は、朝早くにルハチョヴィツェを出発し、バスと電車

記事を読む

チェコ・フルディム(Chrudim)

チェコ・フルディム(Chrudim)のマリオネットミュージアム(人形博物館) バロック彫刻博物館

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット「クニェティツカホラ・キャッスル」 で美しい夕暮れを見て、

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,261 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑