羽織りものにも、ひざ掛けにも。ウールスローケットがあるあたたかな暮らし|10月末まで送料無料 #PR

MoSTのウールスローケット

スローケット」とは、薄手で大判のブランケット(blanket/毛布)のこと。

ヨーロッパの家庭では、さりげなくソファの上や椅子の背もたれにかけてあり、体全体をすっぽり包んであたたまったり、ひざ掛けとして使ったりするのだとか。

大判なので、ベッドの布団の上からかけることもでき、インテリアの一つにもなります。

スローケットのある暮らし
出典:MoST JAPAN

スローケットは、お家の中で使うのはもちろん、テラスや公園でのピクニック、長時間のドライブやスポーツ観戦にもぴったり。ウール製のスローケットは暖かくて保湿性があるので実用的ですし、見た目にもぬくもりを感じます。

MoST ウールスローケット

さて、この夏、オランダ生まれのウールスローケットブランド「MoST(モスト)」が日本での販売を開始し、縁あってモニターとして商品をご提供いただきました。

実際に家の中や屋外で使ってみたので、感想・口コミを交えて紹介します。

これからの季節にぴったりのウールスローケット。記事最後にはこのウールスローケットが送料無料で買えるクーポンコードも掲載しているので、チェックしてみてください。

オランダNo.1 ウールスローケット MoST

MoST JAPAN

MoSTのウールスローケットの特長は以下の通り。

  • ニュージーランドの上質なウールを100%使用
  • 天然繊維ならではの暖かさと保温性がある
  • 優れた吸湿性と放湿性でオールシーズン使える
  • ふんわり軽く、サラリとした気持ちいい肌触り
  • デザイン性が高く、きれいなカラーラインナップ

実は、2021年7月末に日本の公式ECサイト(MoST JAPAN)ができる前、MoSTがクラウドファンディングを行っているのをたまたま見かけて、支援しようかどうしようか迷った経緯があります。

長く使える上質なものであることは理解できても、気軽に買える値段ではなかったこと、具体的に自分がどんなふうに使えるかイメージがわかなかったことが理由で、そのときは購入を見送ったのでした。

(でも、後から「やっぱり買えばよかったかな」と引っかかっていたので、今回モニターのお声かけをいただいて、運命を感じました!)

写真提供:MoST JAPAN

MoST JAPANで販売しているウールスローケットは、全7色(2021年9月現在)。サイズはすべて同じ(140cm×180cm)で、カラーだけが異なります。

ROTAN/ラタンラタンは日本語で「籐(トウ)木」。クリームがかったオフホワイトのカラー。
ONYX/オニキス鉱石のような配色。濃いグレーと薄いグレーのリバーシブル
RED MOON/レッドムーン地平線に浮かぶ赤い月をイメージした配色。赤と黄色のリバーシブル
MOON LIGHT/ムーン・ライト夜空に浮かぶ月をイメージした配色。黄色と濃いグレーのリバーシブル。
HUNTER /ハンター森を駆け巡るハンターと、ヨーロッパの自然をイメージした深い緑のカラー
GREY OWL/グレイ・オウルフクロウをイメージして作られた、表が薄いグレー、裏がチャコールの落ち着いた印象のカラー
CAROLIN/カロリーナ凛とした高貴な大人をイメージしたカラー。淡いブルーとグレーのリバーシブル。
MoSTカラー一覧
出典:MoST JAPAN

私はラタンカロリーナで迷って、最終的に何にでも合わせやすそうなオフカラーのラタンを選びました。(ラタンは男女ともに人気No.1カラーだそう)

→ MoST JAPANで商品一覧を見る!

MoSTのウールスローケットを実際に使ってみた感想

MoST ウールスローケット

こちらが届いたMoSTのウールスローケット(ROTAN/ラタン)。140cm×180cmという大判サイズで、しかもふっくらしているので、畳むとそれなりに厚みがあります。

よくある薄手のウール製ストールやマフラーとは、全然違うものだと思ってください。(とはいえ、寝具の毛布ほど分厚くも重くもないです。)

かさばるので、「肌寒いときのためかばんに忍ばせて持っていく」ことは難しいですが、830gと軽く、肩にかけたり膝にかけたりしても重さを感じることはありません。

MoST ウールスローケット

ラタンは真っ白ではなく、ちょっとクリームがかったオフホワイトです。ちくちくせず、やわらかく、ふんわりした肌触りが気持ちよいので、顔をうずめたくなります。

(私はずっと包まれていたくなるほど気持ちよいと感じるのですが、もしかしたらウールのセーターが苦手な人は、素肌だと刺激を感じるかもしれません。うちの長女がそう。)

MoST ウールスローケット

ソファに置いておいて、肩からすっぽり羽織ったり、ひざ掛けにしたり…

ふっくらしたウールスローケットと体の間にあたたかい空気の層ができるようで、保温性はもちろん、包まれている感覚で落ち着きます。

これは、ウールは吸放湿性が高く、湿度によって繊維が呼吸をするように伸び縮みして、快適な衣服内環境をつくってくれるためだとか。

MoST ウールスローケット

とても軽いので、ずっと肩に掛けていても肩が張ることはないです。家でひとりで過ごすとき、少し肌寒いくらいなら、エアコンを付けるよりも、これを掛けるほうが空気も乾燥しなくて良いかも…。

大判なので、昼寝したいときも、広げて体の上からかければ毛布代わりになります。

MoST ウールスローケット

秋風が冷たくなってきたら、コート代わりに羽織って出かけるのも良さそうです。無地でシンプルな織り目だけのMoSTのウールスローケットは、ファッションを選びません。

MoST ウールスローケット

内側にあったかい空気がこもるから、秋のキャンプや屋外のスポーツ観戦、冬の星空鑑賞にもに良さそう。ドライブをよくするなら、車に積んでおくのもいいですね。

スローケットの大きさ

140cm×180cmのウールスローケットは広げるとこのくらいの大きさ(私の身長162cm)。

MoST ウールスローケット

「ROTAN/ラタンのオフホワイトってどのくらいクリーム色がかってるの?」というギモンには、わが家の白黒猫との対比を見ていただくとわかりやすいかと。真っ白!ではないのですが、あたたかみのあるやさしい色です。

地平線に浮かぶ赤い月をイメージした配色「RED MOON/レッドムーン」や、淡いブルーとグレーのリバーシブル「CAROLIN/カロリーナ」もおしゃれですよね。

写真提供:MoST JAPAN

ウールスローケットのお手入れは、風通しの良い場所で直射日光を避け陰干しをするだけ。汚れが気になってきたら、ドライクリーニング、もしくは家庭での洗濯もできます。

>> ウールスローケットのお手入れ方法

MoSTのウールスローケットは決して安いものではありません。しかし、これから先ずっとこのあたたかさと心地よさに包まれることを思えば、十分価格に見合った価値があると、実際に触ってみて感じました。

これからのシーズン、お部屋でも外でも、羽織ったり、膝にかけたり、多目的な使い方ができるウールスローケット。インテリア性と実用性を兼ね備えているので、あったかくて心地よい暮らしに役立ってくれそうです。

使う人の性別や年代を問わないので、なかなか会えない大切な人へ、「あたたかく、心地よく過ごしてね」の気持ちを込めて、プレゼントしても喜ばれるのではないでしょうか。

公式サイト MoST JAPAN

送料無料で買えるクーポンコード(2021年10月末まで)

MoST ウールスローケット

MoSTのウールスローケットの値段は1枚19,250円(税込)。別途、送料1,100円がかかります。(※2枚買うと送料無料)

「1枚欲しいけれど、送料入れると2万円超えちゃうな…」と躊躇している方に朗報です。

今回、このブログのレビューを読んでくださった限定で、通常1,100円の送料が無料になるクーポンコードを用意してもらえました。

MoST JAPANのサイトで好きな商品を選んで購入手続きに進み、クーポンコードの欄に「送料無料」と入力して「適用する」をクリックしてください。

すると、送料無料割引きが適用され、商品代金のみで決済ができます。

このように「無料配送」と表示されていればOKです。

なお、スマホからの場合は、「注文概要・クーポン入力」というところをタップすると、クーポンコードの入力欄が出るので、そこで同様の操作を行ってください。

スマホからの申し込み画面

この送料無料クーポンコードは2021年10月31日まで使用可能です。

通常1,100円かかる送料が無料になるので、ウールスローケットを購入するときはこの送料無料クーポンコードを使うのをお忘れなく。

支払い方法はクレジットカードまたは銀行振込(前払い)です。

MoST ウールスローケット

ちなみに、このブログレビューは深夜にウールスローケットを膝にかけた状態でパソコンに向かって書いています。

やわらかくて、あたたかいものに肌が触れていると、なんだか穏やかなやさしい気持ちになれるのは、猫を膝にのせているときの感覚に近いのかも? うちの猫たちはスローケットみたいに軽くはありませんけど。

やわらかい、あったかい、触れていると気持ちいい…こういう肌感覚って、けっこう人間にとって大事なものなのかもしれませんね。このところウールスローケットに毎日触れていて、そんなふうに感じました。

公式サイト MoST JAPAN

本記事はMoST JAPANよりモニターとして商品をご提供いただき、実際に使用して執筆しました。