名古屋から往復4,100円! 奈良日帰り高速バスの旅。 粟 ならまち店ランチ

高速バス

昨日は日帰りで奈良県に行ってきました。一昨年、日帰りで京都に行ったときに高速バスを利用して、料金の安さと快適さが気に入ったので、今回も高速バス(名鉄バス&奈良交通)を利用しました。名古屋-奈良間の往復が4,100円(※片道の場合は2,550円。近鉄特急で往復しようと思うと2倍くらいかかるので、かなり割安感♪ 所要時間は約2時間半。
電車より時間はかかりますが、乗り換えもないし、背もたれを少し倒して眠ることもできるし、車内にはトイレもあったので(※便によるかもしれません)、とても快適でした。

名古屋~奈良間の高速バスは、毎日上下各5便を運行しています。 主なバス亭は、名鉄バスセンター(名古屋駅)→大和高原都祁→天理駅・天理(櫟本)→近鉄奈良駅→JR奈良駅。
今回、私は

【往路】07:50 名古屋(名鉄バスセンター)発 → 10:20 近鉄奈良駅到着
【復路】15:55 近鉄奈良駅発 → 18:25 名古屋(名鉄バスセンター)着

を利用しました。奈良滞在時間は約5時間半もあったので、日帰りでも十分楽しめました。
WEB予約は、ハイウェイバスドットコムから行い、事前にクレジットカード決済をしていたので、当日は窓口に行く必要もなく、直接バス乗り場へ向かうだけでOKでした。
(※自宅でプリントアウトしたWEB乗車券を持参して運転手さんに見せます。)

粟(アワ) ならまち店

粟 ならまち

奈良へは、仕事関係の人に会いにいったので、東大寺など観光らしい観光はしていないのですが、粟 ならまち店という素敵な古民家レストランに連れて行っていただきました。
ここは、近鉄奈良駅近くのならまちにある大和伝統野菜と大和牛の料理が楽しめるお店で、なかなか予約が取れない人気店らしいです。

粟 ならまち店 「収穫祭」ご膳 前菜

今回いただいたのは、粟「収穫祭」御膳というランチメニュー。清澄の里というところで育った色とりどりの伝統野菜を中心としたお料理のコースです。写真は前菜盛り合わせ。

大和野菜

スタッフさんがカゴに乗せた野菜を席まで持ってきて、この料理に使われている野菜はこれで・・・と野菜の名前や味・食感の特徴を説明してくれます。写真右上にある大きい生姜のような野菜は、菊芋(キクイモ)というそうです。
私は京都に住んでいたことがあるので、「京野菜」というのは知っていたのですが、奈良の野菜(「奈良野菜」ではなく「大和野菜」というそうです)は初めて知りました。

粟「収穫祭」御膳 牛肉

奈良のブランド牛である「大和牛」の3種盛。(しぐれ煮、ローストビーフ、ステーキ)
お肉は柔らかく、繊細な味付けで、少量ずつ違う味・食感を楽しめました♪

粟「収穫祭」御膳 野菜の煮物と天ぷら

こちらは、運ばれてきた途端に「わぁ、きれい!」と思わず声を上げてしまった大和野菜の炊き合わせ(煮物)と天ぷら。煮物は名産の「吉野葛」を使ってとろみをつけてありました。そして、黒米のご飯とお味噌汁とお漬物。うっとりしてしまうほどきれいで、ひとつひとつの野菜は、ほくっとしていたり、ねっとり甘かったり、ほろ苦かったりと、バラエティに富んでいて、目も心も大満足でした。

粟「収穫祭」御膳 デザート

デザートは、酒粕のスフレ+苺、そして、コーヒーまたは紅茶。
古民家の落ち着いた雰囲気の中、美しくおいしい料理の数々をいただきながら、話が弾み、すっかり長居してしまいましたが、ほんとうに居心地のよいお店でした。

【公式サイト】 粟 ならまち店

TEL 0742- 24- 5699 ご予約受付時間 10:00〜21:00

住所:奈良市勝南院町1番地
営業時間 11:30~15:00 (最終入店13:30 ラストオーダー14:00)
     17:30~22:00 (最終入店20:00 ラストオーダー21:00)
定休日 火曜日

(この記事に使用した写真はスマホで撮影したものなので、画質がイマイチ。こんなに美しいお料理に出あえると知っていたら、一眼レフを持ってきたのに…と少し後悔しました。)