チェコのユネスコ世界遺産 クロムニェジーシュの庭園群と大司教の城クロムニェジーシュ城

チェコのユネスコ世界遺産 クロムニェジーシュの庭園群と大司教の城クロムニェジーシュ城

公開日: : 最終更新日:2017/06/04 チェコ旅行2017

チェコのユネスコ世界遺産 クロムニェジーシュの庭園群

チェコ南東部にあるクロムニェジーシュ(Kroměříž)は、13世紀にオロモウツの司教都市として創建された町で、チェコで最も美しい都市の一つと言われています。

ユネスコ世界遺産にも登録されている庭園群と大司教の城(クロムニェジーシュ城)は、クロムニェジーシュを訪れたら必ず見ておきたい観光スポット。

今回、クロムニェジーシュの庭園群と大司教のお城に実際に見学してきたので、写真つきで詳しく紹介します。


クロムニェジーシュってどんな町?

クロムニェジーシュ(Kroměříž)は、チェコ第5の都市、オロモウツから南に車で1時間弱のところにあります。前述の通り、もともとはオロモウツの司教都市として作られた町なので、オロモウツと合わせて観光するのがおすすめ。

クロムニェジーシュの見どころは、何と言ってもユネスコ世界遺産にも登録されている庭園群と大司教の城(クロムニェジーシュ城)。これらは隣接しているわけではなく、少し離れているので(徒歩で15~20分程度)、ひとつずつ紹介していきますね。

世界遺産 クロムニェジーシュの庭園群

チェコのユネスコ世界遺産 クロムニェジーシュの庭園群

こちらがクロムニェジーシュの庭園群のエントランス。ここで入園料(ガイドなしツアーの場合大人1人70コルナ(約350円))を支払って入ります。

チェコのユネスコ世界遺産 クロムニェジーシュの庭園群

私たちが訪れたのは5月中旬で、花満開のシーズンには少し早かったのですが、エントランスをくぐってすぐの植え込みには色とりどりの花々が咲いていました。

クロムニェジーシュの庭園群は、17世紀にオロモウツの司教カレル・リヒテンシュタイン=カステルコルンの命によって造られたフランス式の庭園(初期バロックスタイル)で、広さは16ヘクタールもあります。

緑一色の庭園の中を散策。庭園に花を植えるのは5月末とのことだったので、一足早かったようです。

コロナーダ(屋根付きの廊下のようなもの)の長さはなんと244メートル!

「端と端で話をしても聞こえる」と説明され、同行したブロガーさんが向こうまで走っていきましたが、確かに声は聞こえているようでした。

コロナーダにはヘラクレスなどギリシャ神話やローマ神話の神々の像が飾られています。

実はこのコロナーダの上はビューイングテラス(鑑賞テラス)になっています。

(本体はそうした目的で作られたわけではなかったそうですが、現在はらせん階段を設置して、上れるようになっています。)

ビューイングテラスからの眺め。視界が開けていて気持ちがいいです!

丸い屋根の建物・ロトゥンダに向かって放射状に木が植えられているのがよく見えます。

5月末頃からはこの模様の内側に赤・黄・紫・ピンク・オレンジ・・・と色とりどりの花が植えられ、それは見事な景色が楽しめるとのこと。

それでは、コロナーダを降りて、ロトゥンダのほうへ歩いてみましょう。

ロトゥンダ

ロトゥンダ内部の写真。天井の絵がとても優美です。ロトゥンダというのはこの建物独自の名称ではなく、こういうかたちをした建物全般を呼ぶ言葉だとか。

フーコーの振り子

このロトゥンダの中には、地球の自転を証明したフーコーの振り子が飾られています。

クロムニェジーシュの庭園の噴水

ロトゥンダの裏手には噴水のある池があり、とてものどかな雰囲気。

ロマンティックな小径にあるベンチは恋人たちのためのもの?

敷地内の温室をのぞいてみると、これから庭園に植えられるのであろうカラフルな花がいっぱいでした。クロムニェジーシュの庭園群を訪れるなら、5月末~10月くらいの花いっぱいの時期が特におすすめです。

【施設情報】
名称 Archbishop’s Chateau and Gardens Kroměříž
住所 Sněmovní náměstí 1 767 01 Kroměříž, Czech Republic
電話 +420 573 502 011
開園時間 季節により異なる
入園料 ガイドなしツアーの場合大人1人70コルナ(約350円)
公式サイト www.zamek-kromeriz.cz

クロムニェジーシュの庭園群を見た後は、この庭園群とともに世界遺産に登録されている大司教の城 クロムニェジーシュ城へと移動します。歩いても行くことができますが、この日は車で移動しました(約5分)。

大司教の城 クロムニェジーシュ城

大司教の城 クロムニェジーシュ城

クロムニェジーシュ城はかつてオロモウツ大司教区の夏の拠点として使用されていた城。

大司教の城 クロムニェジーシュ城

13世紀にゴシック様式の城が建てられ、15世紀にルネサンス様式に建て替えられたのち、30年戦争でスゥェーデン軍に壊されたため、17世紀後半にバロック様式で建てなおされ、今の外観になりました。

しかし、1752年に大火事が起こり、塔と城の内部は消失。そのため、城自体は300年の歴史があるものの、内装部分は200年の歴史しかないとのこと。(200年でも十分すごい!)

(※庭園群と城は1998年にユネスコの世界遺産に登録されています。)

大司教の城 クロムニェジーシュ城

さっそく、城の内部に入ってみましょう。

クロムニェジーシュ城 ハンティングルーム

こちらはハンティングルーム(狩猟の間)。喫煙やゲームをする部屋です。

一歩足を踏み入れた瞬間、「なにこれ…!」と思わず声を出してしまいました。昆虫の標本のように鹿の頭が飾られていたからです。

実際には鹿の剥製は、角の部分だけが本物で、それ以外は石膏でできています。

室内には218個のハンティングトロフィーが飾られています。1885年のものが最も新しいトロフィーで、その他は19世紀のもの。壁に飾られている武器は本物です。

部屋の真ん中に置かれたビリヤード台は、ロシア皇帝アレクサンドル三世が訪れたときに作られたもので、ボールは象牙製。

こちらはローズサロンと呼ばれる、ゲストを迎えるための部屋。

ロココ様式の鏡が飾られており、部屋のシャンデリアはボヘミアグラス製の豪華なもので、この城の中でもっとも美しいシャンデリアと言われています。

通産69人の大司教がこの城に住んだそうですが、その中でもテオドルコーン大司教という人物は家具をたくさん購入した人で、この部屋の家具も彼が設置したとのこと。

皇帝の間は、アレクサンドル3世とフランツ・ヨーゼフ1世が会談をした部屋。

部屋にはアレクサンドル3世から送られた花瓶が飾られています。この花瓶はひとつの鉱物で作られているとても貴重なものだそう。


部屋に置かれている机はPietra duraと呼ばれるイタリアの象嵌技術を使って作られたもので、大理石に半貴石がはめ込まれています。ものすごく精緻で美しいです。

歴代69人の大司教のうち11人分の絵が飾ってある部屋。中央に重要人物であるテオドルコーン大司教の絵があります。

王座の部屋(大司教謁見の間)は、教会からのゲストを迎える部屋。

18世紀後半、大火事の後に改修されており、98枚の絵画作品が飾られています。

議会ルーム(アッセンブリーホール/大ダイニングルーム)は、息をのむほどの広さ、豪華さ! ここで1848年にオーストリア帝国の議会開かれました。

24金があしらわれたロココ様式の内装で、奥行き30m、幅14m、 高さ16m。シャンデリアはなんと22個も設置されているそうです。

1770年に完成したと言われる天井画(フレスコ画ではなく、オイルペインティング)。

部屋の中央に立つ私。対比で部屋がどれほど広いか伝わるのではないでしょうか。

城の周囲には64ヘクタールの庭園があります。英国スタイルのより自然に近い形の庭園で、散歩をしている人や遊んでいる子どもたちの姿も多く見かけました。

かなり広いので、有料の乗り物(上写真)に乗ってまわるのがおすすめです。

途中で小さな植物園が、奇妙なかたちに曲がった木も見ることができますよ。

クロムニェジーシュ城

ユネスコ世界遺産であるクロムニェジーシュの庭園群と大司教の城クロムニェジーシュ城は、どちらもとても見ごたえのある素晴らしい場所でした。オロモウツから車で1時間弱の距離なので、チェコ旅行の際は、オロモウツ観光と合わせてどうぞ。

【施設情報】
名称 Archbishop’s Chateau and Gardens Kroměříž
住所 Na kopečku 1487 767 01 Kroměříž , Czech Republic
電話 +420 573 336 922

>> チェコ旅行の記事をもっと見る!

チェコ旅行記

スポンサーリンク


Special Thanks!

今回のチェコ旅行は、チェコ政府観光局にご招待いただき、旅費、食費、宿泊費、アクティビティ代金を負担していただいています。

また、海外インターネット GLOBAL WiFiさんに旅行中のモバイルルーターを無償でお借りしています。おかげで旅先の発見をその場でSNSに投稿することができます。

クラッシュバゲージ公式オンラインショップより、スーツケースを今回のチェコ旅行用にモニターさせていただいています。→ クラッシュバゲージの口コミレビュー

このような貴重な機会をいただき、感謝しています。ありがとうございます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

チェコ各地で食べたチェコ料理まとめ

チェコ料理っておいしいの? 日本人の口に合う? チェコで食べたチェコ料理まとめ

先日書き上げたチェコ旅行記、このブログでは全18記事で終了のはずだったのですが、チェコの食べ物の

記事を読む

エミレーツ航空 無料Wi-Fi

エミレーツ航空なら飛行機の無料Wi-Fiでインターネットができる! 機内Wi-Fi利用方法の紹介

今回のチェコ旅行は、エミレーツ航空の飛行機で、関空からアラブ首長国連邦のドバイ国際空港で乗り継ぎをし

記事を読む

チェコ オロモウツ 聖三位一体柱

チェコ・オロモウツの歴史地区を観光 世界遺産の聖三位一体柱、バロック様式の噴水、天文時計

オロモウツ(OLOMOUC)は、人口約10万500人のチェコ5番目に大きい都市。 世界遺産であ

記事を読む

チェコ

チェコ旅行に行ってきます。チェコってどんな国なの? #チェコへ行こう #visitCzech

チェコ政府観光局にご招待いただき、ブロガー8人でチェコに旅行中です。 現在、エミレーツ航空機の

記事を読む

モーゼルガラス工場と博物館でボヘミアガラスの魅力に触れる。チェコ・カルロヴィヴァリ

チェコといえば、ボヘミアグラス(クリスタルガラス)が有名。 チェコ最大の温泉リゾート地・カルロ

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,270 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑