築100年の古い農家の建物で西エストニアの郷土料理が食べられる観光農場 マリアファーム

築100年の古い農家の建物で西エストニアの郷土料理が食べられる観光農場 マリアファーム

公開日: : 最終更新日:2017/09/19 北欧の田園を旅しよう2017

エストニアの農場 マリアファーム

サンタクロースを訪ねて、エストニアのサンタの煙突村を訪問をした後は、すぐに近くにある観光農場「マリアファーム」に行きました。私たちを出迎えてくれたのは、民族衣装に身を包んだオーナーご夫妻。

こちらは2010年にオープンした施設で、築100年を超える農家の建物の中で食事をしたり、外遊びや馬と触れ合う体験を楽しんだり、エストニアサウナに入ったり、敷地内に宿泊したりと、カントリーライフを満喫することができます。

観光農場「マリアファーム」のオーナー婦人

奥さまの帽子の刺繍が、なんとも色鮮やかでかわいい! これは奥さまのお母さんの手作りなのだとか。エストニアには150種類以上もの民族衣装があり、これは西エストニアの民族衣装のひとつとのこと。


マリアファームの農家風ランチ

築100年を超える農家の建物でランチが食べられるマリアファーム

今回こちらでは宿泊はせず、ランチだけをしてきたのですが、古い農家の建物でいただく食事は雰囲気たっぷりで、素朴な農家風料理もおいしかったので、紹介します。

エストニアの農場 マリアファーム

壁にかけられた刺繍もひとつひとつ柄が違っていて素敵。

エストニアの農場 マリアファーム

こちらの広い部屋は、もとは麦を脱穀するための部屋だったそうで、上に麦の穂をかけて梁のようなものが残っています。

オープンサンド

最初に出てきたのはニシンのオープンサンド。自家製のどっしりした黒パンの上に、肉厚のニシンフライが乗っていて、食べ応えたっぷり。ニシンはエストニアでよく食べられる魚のひとつです。

じゃがいも

大きな鉢にたっぷりと盛られたじゃがいも。ホクホクで美味しい!

エストニア風ミートローフ

メインは上にチーズのかかったミートローフのような「ピック・ポイス」という料理。「ピック・ポイス」とはエストニア語で「背の高い男の子」の意味だそうです。

ビーツと玉ねぎ

ビーツと玉ねぎの和えもの。ビーツ(ビートルート)もエストニアでよく食べられます。

西エストニアの郷土料理

エストニアに限らず、ヨーロッパの食事はたいてい日本人女性には量が多いのですが、こんなふうに大皿ででてきて、好きな量だけ取り分けられるスタイルはありがたいです。

古い農家の建物の雰囲気や、民族衣装を着ているオーナーご夫妻の雰囲気とあいまって、なんだかタイムスリップして昔のエストニアの農家で食事をいただいている気分に。

デザート

デザートは、クランベリージュース・ライ麦粉・砂糖を混ぜたもの。エストニアの伝統的なおやつである「マンナヴァフト」をアレンジした、「ルッキヴァフト」というものだそうで、好みでミルクをかけていただきます。

デザート

もったりとしていて、ちょっと粉っぽいフルー○ェのような食感。すごくおいしいわけではないのですが、素朴な甘さで、胃が疲れているときに食べたいかも、と思いました。

エストニア マリアファーム

マリアファームの宿泊施設

エストニア マリアファーム 宿泊施設

食事をした建物は築100年の古い農家を改築したものですが、マリアファームには2010年に建てられた現代的な宿泊施設も整っています。

エストニア マリアファーム 宿泊施設

今回は泊まってはいないのですが、お部屋の中を見せてもらいました。すっきりしていて清潔感があり、ファミリーやお友達グループで泊まるのによさそうです。

エストニア マリアファーム 宿泊施設

このタイプの宿泊棟が敷地内に8つあり、それぞれ「ライムツリー(Lime tree)」、「メープル(Maple)」、「ホース・チェストナッツ(Horse Chestnut)」、「オーク(Oak)」、「ヘーゼル(Hazel)」、「バード・チェリー(Bird Cherry)」、「バーチ(Birch)」、「ローマン・ツリー(Roman tree)」と名付けられています。

エストニア マリアファーム

サンタの煙突村もすぐ近くですし、マリアファームでも馬とのふれあいや田舎風サウナを楽しめるので、ゆっくりエストニアの田舎暮らしを体験してみたい方によさそうです。

【施設詳細】
名称 Maria Talu / Maria Farm
住所 Maria talu-Maria, Kõpu küla, Tõstamaa vald, Pärnu maakond
公式サイト http://www.maria.ee/index.php/en/

続きの記事はこちら→ エストニア最大のアルパカファームで、ふわふわのかわいいアルパカと触れ合ってきた!

「北欧の田園を旅しよう!」カテゴリの記事をもっと見る
北欧の田園を旅しよう ラトビア・エストニア・フィンラン



提供:CAITOプロジェクト
※現地滞在費、飲食費、アクティビティ費、移動費等を提供していただきました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

ラトビアの首都リガの旧市街北側

北欧の田園を旅しよう! ラトビア、エストニア、フィンランドの田舎の暮らしを体験する旅行

▼北欧の田園地方の旅行記まとめ「北欧の田園を旅しよう!」カテゴリの記事一覧 北欧と聞くと、おし

記事を読む

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場のシードル

エストニアのトリ・ヨエスー・サイダー&ワイン農場でリンゴから作られるシードルを味わう

エストニアの冬はマイナス20度にもなることがあるほど厳しい寒さのため、ワインのためのブドウ作りは

記事を読む

フィンランド ラーセポリ城址

フィンランド南岸部のタンミサーリ旧市街を散策し、中世と現代が混在するラーセポリ城址へ

フィンランドの田園をめぐる旅、2日目。フィンランド最南端のまちハンコに一泊した翌日は、ヘルシンキ

記事を読む

ウングルムイジャ領主館 Ungurmuiža Manor  テラス

ラトビア田園旅 18世紀に建てられた木造の荘園「ウングルムイジャ領主館」の館内見学と昼食

ラトビアの田園地方には、数多くの歴史的な木造建築が今なお残っています。 今回訪れたのは、ラトビ

記事を読む

クラーラ・マンニ・ホリディ&カンファレンスセンターのオーナー家族

エストニアの田舎暮らしが体験できるカントリーハウスに宿泊、白樺の枝を持って入るサウナも

エストニア初日、エストニア南西部パルヌ県でトルクセ湿原ハイキングとヌルカ農場訪問とトリ・ヨエスー

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、OMIYA!ライター。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

記事数 : 1,220 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑