ヘルシンキから一泊で行きたいフィンランド最南端のまちハンコは、夏のリゾートにおすすめ

ヘルシンキから一泊で行きたいフィンランド最南端のまちハンコは、夏のリゾートにおすすめ

公開日: : 最終更新日:2018/05/12 北欧の田園を旅しよう2017

フィンランド最南端のまちハンコ

フィンランドの首都ヘルシンキから、車でシウンティオフィスカルスに立ち寄りつつ、フィンランド南部ウーシマー県にあるフィンランド最南端のまち、ハンコ(Hanko)までやってきました。

ヘルシンキ→シウンティオ→フィスカルス→ハンコの位置関係とルートはこんな感じ。

シウンティオ、フィスカルスあたりまでならヘルシンキから日帰りでも行けるのですが、ハンコまで行くとなると一泊したほうがいいかな、という距離です。


給水塔から見るフィンランド最南端のまちハンコ

フィンランド・ハンコの給水塔

ハンコは、19世紀ロシアの自治領だったときに発達したまち。当時作られたハンコカジノと呼ばれる保養施設には、フィンランド初の健康目的のスパが併設され、たくさんの人々が訪れて長期滞在を楽しんだといいます。

その後、ソ連に占拠された2年ほどの期間を経て、1943年に再建。現在のハンコは人口1万人に満たない小さなまちですが、美しい7つの海岸や、緑の木々に囲まれた小径、点在するヴィラなどがあり、夏のリゾート地として人気。

写真は、ハンコのランドマークである給水塔です。

フィンランド・ハンコの給水塔

こちらの給水塔にはエレベーターがついており、上まで上がることができます。

フィンランド・ハンコの給水塔に上る

高さ48mの給水塔からの眺めは最高! バルト海の向こうにエストニアとスウェーデンが見えます。

フィンランド・ハンコの給水塔からの景色

自分のいるところが、バルト海を取り囲む陸地の先端なのだな、ということが実感できる眺め。

ハンコのまち歩き

ガイドさんとともにハンコの街歩き

給水塔を降りた後は、現地ガイドさんのお話を聞きながら、ハンコのまちを散策。

こちらの公園の花壇には白と青(青紫?)のお花が植えられていますが、これはフィンランド独立100周年を記念した、国旗カラーの花壇なのだそう。

マインストン ミッドランドストン

海岸に設置されていた相合傘のようなかたちのものは、マインストン、あるいはミッドサマーストンと呼ばれるスウェーデンの飾り。フィンランド語の名前はないそうです。

ハンコカジノ

ハンコカジノと呼ばれる保養施設。現在は保養施設としての営業はしていません。

ハンコのヴィラ

その昔、保養のために長期滞在する人の多かったハンコには、海の近くの大通り沿いに約80軒のヴィラが並んでいます。現在は4つのヴィラが宿泊施設として使われているそう。

ハンコのブティックホテル「ホテルレガッタ」

ハンコのブティックホテル「ホテルレガッタ」

今回私たちは、ハンコの中心地にある「ホテルレガッタ」に泊まりました。客室数48のこじんまりとしたブティックホテルです。

もともとはフィンランドの著名な建築家Lars Sonckが1898年に設計した建物でしたが、これを2013年にリノベーションし、ホテルとしての営業を始めたとのこと。

ハンコのブティックホテル「ホテルレガッタ」

私が泊まったコンフォートルームは、やや狭めですが、シンプルなインテリアで落ち着くお部屋でした。シングルベッドが2つ並べて置かれているので、くっつけたままでも、離しても使えます。(カップルでもお友達同士でもOK)

ホテルレガッタ Hotel Regatta

ライティングデスク、チェア、卓上ライト、薄型液晶テレビが設置されており、バスルームはトイレと洗面台、シャワーブースのみ(バスタブはありません)。

レガッタスパ Regatta Spa Hanko, Finland

ホテルレガッタの宿泊者は、歩いてすぐのところにある、2017年4月にオープンしたばかりの施設「レガッタスパ」を利用することができます。

間近に海を眺めながら入ることができるスパは、まるでプールと海がつながっているような贅沢なロケーション。私たちは今回施設見学のみでしたが、こんなところでゆっくりできたら気持ちいいだろうな~とうっとりしちゃいました。

なお、こちらのスパは6月~8月の夏期にはホテルレガッタの宿泊者と株主のみが利用できますが、9月~5月は宿泊者以外も利用可能で、1回の利用料は、ホテルレガッタの宿泊者は15ユーロ、宿泊者以外は20ユーロとのこと。

【施設詳細】
名称 Hotel Regatta
住所 Torikatu 2 Hanko Finland 10900
電話 +358 19 248 6491
公式サイト https://www.hotelregatta.fi/en

ハンコのレストラン・オリゴ

ハンコのレストラン・オリゴ Restaurant Origo in Hanko, Finland

ハンコは、夏のリゾート地という性質上、夏期のみ営業するレストランやカフェ、ショップも少なくありません。

今回私たちが訪れた「レストランオリゴ(Restaurant Origo)は、ハンコで通年営業している数少ないレストランのひとつ。東港のすぐ近くにある、1897年に作られた古い倉庫を改築し、2001年から営業を続けているレストランです。

レストラン・オリゴ Restaurant Origo in Hanko, Finland

こちらのレストランでは、シーフードブッフェ(夏期のみ)やビーフペッパーステーキが人気ですが、ジビエメニューも食べることができます。

今回のディナーは、ジンジャーパンプキンスープ、野鴨のロースト、シーバックソーンのピュレがかかったプティング。

私は初めて野鴨を食べたのですが、中心部分にほんのり赤みが残る野鴨の肉は、血の匂いを感じる野趣あふれる味わいで、好き嫌いが分かれそうな印象。正直私は苦手でしたが、レバーや生肉が好きな人は口に合うのではないかと思います。

でも、古い倉庫を改装した店内はどこか隠れ家のような雰囲気があってすてきでしたし、地元の人も多く賑わっている印象を受けました。通年営業なので、ハンコで食事をするなら候補のひとつにどうぞ。

【施設詳細】
名称 RESTAURANT ORIGO
住所 Satamakatu 7, 10900 Hanko, Finland
電話  +358(0) – 19 248 5023
営業時間 通年12:00 – 22:00
公式サイト http://www.restaurant-origo.com/?lang=en

ハンコの港

レストランオリゴ正面の港。この写真は21時ころに撮影したものですが、フィンランドの夏は、白夜の影響で夜21時を過ぎても真っ暗にはならないので、ゆっくりディナーを楽しんだ後も景色を眺めながらホテルに帰ることができます。

ホテルレガッタ Hotel Regatta in Hanko, Finland

レストランオリゴからホテルレガッタまでは徒歩数分の距離でした。

ハンコのネイチャーウォーク

ハンコのネイチャーウォーク

ホテルレガッタで一泊した翌朝は、現地ガイドさんといっしょにハンコの森でネイチャーウォーキング! 紺色のワンピースに白のジャケットは、フィンランドの国旗の色を意識されているのかも。

ハンコのネイチャーウォーク

フィンランドでは、看板や標識などは、フィンランド語とスウェーデン語が併記されていることが多いです。(英語併記はあったり、なかったり。)

こちらの看板には「恋人の小径(愛の小径?)」と書かれているそうです。

緑いっぱいの森の小径を歩いていきます。すごく静かで、なんだか不思議な心地よさ。

ハンコのネイチャーウォーク

枝を覆う苔も美しく、いかにも北欧の森といった雰囲気です

岩場でヨガ

森を抜けたところにある岩場で、深呼吸をしたり、軽く体を動かしたりしました。こんなところで朝ヨガとかしたら気持ちいいだろうな~!

フィンランドでも「マインドフルネス」の考え方が広まりつつあるそうですが、ハンコのように森と海が近く、静かで自然豊かな環境の中なら、「いまここにある自分」に意識を向けやすいのかもしれません。

ハンコのネイチャーウォーク

忙しいと目に入りにくい道端の小さな花の美しさに気づくことができたり。ストレスが多い生活を送っている方に、フィンランドのネイチャーウォーキング、おすすめですよ。

ベリーのジェリーをのせたパンとブラックカラントのシロップのお湯割り

ハンコの森でネイチャーウォーキングを楽しんでリフレッシュしたあとは、ハンコカジノの裏手にある現地のリフォーム会社さんのオフィスに立ち寄り、ベリーのジェリーをのせたパンとブラックカラントのシロップのお湯割りをいただきました。

フィンランドって、ちょっとしたおやつも、いちいち盛り付けがかわいくてフォトジェニック! 写真好きな方はあちこちでシャッターを切りたくなってしまうこと請け合いです。

フィンランド ハンコ

今回紹介したフィンランドの最南端のまちハンコは、ヘルシンキからは電車なら乗り換えを含めて片道約1時間40分、バスなら片道2時間の距離。

がんばれば日帰りもできなくはないですが、公共交通機関は本数も少ないので、せっかくならハンコで一泊して、自然豊かな環境でのんびり過ごしてみることをおすすめします。

そしてやっぱり、ハンコを訪れるなら夏が良さそうです。

続きの記事はこちら→ フィンランド南岸部のタンミサーリ旧市街を散策し、中世と現代が混在するラーセポリ城址へ

「北欧の田園を旅しよう!」カテゴリの記事をもっと見る
北欧の田園を旅しよう ラトビア・エストニア・フィンランド



提供:CAITOプロジェクト
※現地滞在費、飲食費、アクティビティ費、移動費等を提供していただきました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

ラトビアの首都リガの旧市街北側

北欧の田園を旅しよう! ラトビア、エストニア、フィンランドの田舎の暮らしを体験する旅行

▼北欧の田園地方の旅行記まとめ「北欧の田園を旅しよう!」カテゴリの記事一覧 北欧と聞くと、おし

記事を読む

カリオラリゾート calliola conference & event center Finland

海と自然と静けさが調和するフィンランドの群島にあるカリオラリゾートがすばらしかった!

フィンランドの沿岸地域と群島には、1000kmもの海岸線が広がっており、何万もの島々が存在します

記事を読む

ラトビアで木工体験

ラトビア田園地方の大工工房で木工ワークショップ体験をし、アヴアティニ・ハーブ農園へ

CAITOプロジェクト主催のプレストリップ2日めは、ラトビアの首都リガのホテルを朝出発し、北東方向の

記事を読む

エストニアの農場 マリアファーム

築100年の古い農家の建物で西エストニアの郷土料理が食べられる観光農場 マリアファーム

サンタクロースを訪ねて、エストニアのサンタの煙突村を訪問をした後は、すぐに近くにある観光農場「マ

記事を読む

ウングルムイジャ領主館 Ungurmuiža Manor  テラス

ラトビア田園旅 18世紀に建てられた木造の荘園「ウングルムイジャ領主館」の館内見学と昼食

ラトビアの田園地方には、数多くの歴史的な木造建築が今なお残っています。 今回訪れたのは、ラトビ

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,267 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑