チェコは自転車大国! チェコ鉄道駅のレンタサイクルで自転車を借り、サイクリングを楽しむ方法

チェコは自転車大国! チェコ鉄道駅のレンタサイクルで自転車を借り、サイクリングを楽しむ方法

公開日: : 最終更新日:2018/12/15 チェコ旅行2018

チェコ 自転車 レンタサイクル

チェコは自転車大国。老若男女問わず、たくさんの人がサイクリングをしています。多くの道では自転車専用の道が整備され、日常の移動手段になっているだけでなく、楽しみとしてサイクリングをする人が多いようです。

美しい自然が多く、多くの世界遺産や文化遺産が点在する風景を楽しめるチェコは、風を感じながらサイクリングをするのにぴったり。タクシーで移動するのとは違い、気の向いたところで休憩したり、お茶したりできるのも自転車の魅力です。

自転車 チェコ サイクリング

とはいえ、「外国でレンタサイクルをする(自転車をレンタルする)のって、どうすればいいの?」と、ハードルが高く感じるかもしれません。今回私は実際にチェコで自転車を借りてサイクリングを楽しんできたので、レンタサイクルのやり方を紹介します。

チェコ国鉄の駅のレンタサイクルを利用しよう!

チェコ鉄道でレンタサイクル(自転車を借りる)

旅行者がチェコでサイクリングを楽しみたいと思ったら、チェコ全土をカバーしているチェコ鉄道 České dráhy(ČD)の駅で自転車を借りるのがおすすめ。

・チェコ鉄道のレンタサイクルサービス(英語)→ČD Bike bicycle rentals

チェコ鉄道のレンタサイクル施設は、通常4月1日から10月31日まで営業しています。一部の施設に限り、通年営業しているところもあるとのこと。

レンタサイクルのやり方(自転車の借り方)

サイクリング in ブジェツラフ(チェコ)

基本的には、チェコ鉄道の駅のうち、レンタサイクル施設のあるところへ行き、窓口で自転車を借りたい旨を伝えればOKです。予約なしでも在庫があればその場で借りられます(予約して取り置いてもらうことができるのかは不明)。

私は最初、駅に隣接して(駅の外側に)レンタサイクルの建物か何かがあると思っていて、きょろきょろ探したのですが、見当たらず……。

サイクリング in ブジェツラフ(チェコ)

インフォメーションカウンターに聞きにいったところ、なんと、そこがレンタサイクルの受付所でした。(CD Bikeと張り紙が!)

自転車を借りるには、パスポートなどの身分証明書を提示し(グループの場合は1名が提示すればOK)、返却などのルールが書かれた誓約書にサインをし、デポジットとレンタル料を支払います。ちなみに、どちらも現金払いのみです(カード不可)。

ちなみにデポジットは1名1,000コルナ(約5,000円)、2名~5名までのグループが2,000コルナ(約10,000円)で、レンタサイクル代は5時間で108コルナ(約540円)でした。借りる時間によって料金は多少変わりますが、そう高くはありません。

(デポジット=預り金のこと。問題なく自転車を時間内に返却すれば、全額戻ってきます。しかし金額がけっこうするので、多めに現金を用意しておく必要あり。)

チェコ鉄道駅でレンタサイクル(自転車を借りる)

自転車が置かれているのは駅のホームの倉庫のようなところでした。そりゃ、いくら駅前をきょろきょろしても見つからないわけです。

チェコ鉄道駅でレンタサイクル(自転車を借りる)

こちらがレンタサイクル用の自転車。けっこう本格的なサイクリング仕様です!

駅により品揃えが異なるかもしれませんが、この駅では1タイプ1サイズのみでした。身長162cmの私がサドルを一番下にしてようやく足が地面に着くくらいだったので、背の低い方だとちょっと厳しいかもしれません。

チェコ鉄道駅でレンタサイクル(自転車を借りる)

行ってらっしゃーい、と手を振ってくれるスタッフのおじさん。しかしココ、本当に倉庫みたいですね。返却の際は、自分でこの場所に自転車を戻す必要があります。

なお、すべてのチェコ鉄道の駅にレンタサイクル施設があるわけではありません。

自分の利用する予定の駅にレンタサイクルがあるかどうかは、チェコ国鉄の駅情報ページで駅名を入力し、「Display」をクリックすると、その駅の情報(設備やサービス)がずらっと表示されます。

チェコ国鉄駅のレンタサイクル情報

上画像のような自転車アイコンとBicycle Rentals(自転車レンタル)の記載があれば、その駅はレンタサイクルのサービスを提供している駅だということになります。営業時間も確認しておきましょう。

チェコ鉄道の駅のロッカー

もう一点、サイクリングをするときは、スーツケースやバックパックなどの大きな荷物があると邪魔になるので、駅で預けることになると思います。駅にロッカー(Self-Service Storage Lockers)や預かり所(Left Luggage Storage)があるかも確認しておくのがおすすめです。

(余談ですが、私たちがレンタサイクルをした駅ではスーツケースを預けられるはずだったのですが、まさかの工事中で預かり所が営業しておらず、なんとか駅員さんに頼み込んで、倉庫に置かせてもらいました。^^;)

サイクリング in ブジェツラフ(チェコ南東部)

サイクリング in ブジェツラフ(チェコ)

今回はオーストリア・スロヴァキア国境に近い南モラヴィア地方の町、ブジェツラフ(Břeclav)でサイクリングを楽しんできました。

地図上の太い線が国境を表しています。本当に三か国の接する国境に近いですね。

ブジェツラフからは、世界遺産として登録されているレドニツェ城ヴァルチツェ城へも自転車で行けます。サイクリング好きにはたまりませんね。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

自転車にまたがって、レッツゴー! 風を切って緑の小径をサイクリングするのは、とっても気持ちが良いです。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

森を抜けてしばらく走ると・・・

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

広い草原に出ました。ここはポハンスコ(Pohansko)という、チェコでも最も重要な遺跡のひとつがある場所で、9世紀ころの住居跡を見ることができます。

チェコ ポハンスコ

静岡県出身の私はこれを見て登呂遺跡を思い出してしまいました。(伝わるかな?)

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

草原の反対側に、不思議なかたちの木を発見!

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

自転車を止めて近づいてみました。いっしょにサイクリングをしたUKOARAちゃん(@Yu_koara)がこれは”宿り木(ヤドリギ)”だと教えてくれました。ヨーロッパの森などで見かけるけれど、こんなかたちをしたものはなかなか見ないとのこと。

ヤドリギの下で

クリスマスイブにヤドリギの下でキスをする……というお話はクリスマスキャロルで読んだことがありましたが、まさかこれが宿り木だとは! サイクリングのおかげで珍しいものをみることができました。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

そのまま進むと、再構築されたポハンスコ・ハンティング・ロッジ(Pohansko hunting lodge)に辿り着きました。ここにはその昔ハンティングのためのシャトーがあったようです。

(※余談ですが、英語でお城はCastleまたはChateauと言いますが、Catsleは要塞の役割を持つ軍事的なお城、Chateauは邸宅としてのお城を指すそうです。)

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

私たち以外にもサイクリストたちを何人か見かけました。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

このロッジでは、セラミック、馬術機器、武器、宝石などのモラヴィア王国の工芸品を見ることができるそうですが、残念ながらこの日は月曜日で、休館していました。見てみたかったなあ!

チェコ ポハンスコ

ロッジが休館なのでカフェも売店もトイレも閉まっていたのですが、庭木の手入れをしていた人に声をかけると、売店を開けてくれ、アイスクリームを買うことができました。サイクリングの後のアイス、とっても美味しかったです。^^

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

その後は来た道を戻り、ブジェツラフ駅周辺へ。森や草原でのサイクリングもいいけれど、街中でも自転車があれば、行動範囲がぐっと広がります。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

自転車を止め、街中のおしゃれなカフェで少し休憩。

チェコ ブジェツラフのカフェ

美味しいキウイ&ヨーグルトスムージーをいただきました。マイペースに気の向いたところに立ち寄れるのもサイクリングの良いところ。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

噴水のある公園でパシャリ。すっかりローカル気分です。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

たっぷりサイクリングを楽しんだあとは、自転車を借りた駅へ返しに戻りました。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

スタッフさんが自転車に破損などがないかを確認し、問題なければ返却完了です。インフォメーションカウンターに行って、デポジットを返却してもらいます。

チェコ鉄道駅で自転車を借りてサイクリング

5時間ほどではありましたが、レンタサイクルをしたことで、自転車がなければいけないであろう場所に行けて、風を感じたり、不思議な形の木を見つけたり、気ままに休憩したりしながら、自然に触れる体験ができました。

チェコへ旅行する機会があれば、鉄道駅でレンタサイクルをし、ローカルに混じってサイクリングを楽しんでみるのも良いかもしれません。

(あ、チェコは右側通行で日本とは逆なので、その点だけはご注意を。)

チェコ鉄道のサイクリングマップ

【追記】サイクリングをする場所によってはWi-Fiが弱くなってしまう可能性があるので、紙のサイクリングマップがあるとベターだと思います。

レンタサイクルをする駅でサイクリングマップをもらえるといいなと思っていたのですが、今回利用した駅のカウンターにはマップはありませんでした。

上写真のような広域マップはあるものの、これを頼りにサイクリングは難しそう。

(このブジェツラフ駅の場合は、駅から2kmほどのところにツーリストインフォメーションがあるらしく、「そこへ行けばもらえるかも」と駅員さんが言っていました。しかし、時間が惜しかったので、Googleマップを頼りにサイクリングをしました。)

駅によってはサイクリングマップがあるかもしれませんので、駅員さんに聞いてみてください。

チェコ旅行記2018 記事一覧を見る

チェコ旅行記2018



[Special Thanks!]
この旅はチェコ政府観光局に旅費宿泊費を負担していただいています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


関連記事

フラデツ・クラーロヴェーのラベ川沿いを散策

チェコのフラデツ・クラーロヴェーおすすめ観光ガイド! 多様な建築と豊かな自然が楽しめる町

チェコの温泉保養地ルハチョヴィツェに泊まった翌日は、朝早くにルハチョヴィツェを出発し、バスと電車

記事を読む

チェコ・フルディム(Chrudim)

チェコ・フルディム(Chrudim)のマリオネットミュージアム(人形博物館) バロック彫刻博物館

チェコ・パルドゥビツェの絶景夕焼けスポット「クニェティツカホラ・キャッスル」 で美しい夕暮れを見て、

記事を読む

チェコの温泉保養地ルハチョヴィツェを散策

チェコの温泉保養地ルハチョヴィツェを散策し、アレクサンドリア スパ&ウェルネスホテル宿泊

チェコ南東部にある建物がどれも同じような外観の独特な町・ズリーン(Zlin)から路線バスに乗り、

記事を読む

ミクロフのワインの祭典「 葡萄収穫祭」でブルチャークを飲む

ミクロフでワインの祭典「ぶどう収穫祭」参加! 発酵途中のワイン「ブルチャーク」のお味は?

今回のチェコ旅行はチェコ南東部にある国境の町ミクロフ(Mikulov)からスタート。ミクロフはチ

記事を読む

プラハのカレル橋

チェコ旅行の最後にプラハ半日観光! ムハ美術館や旧市街広場の見どころとカレル橋をまわる

ここまで長々とチェコ旅行記2018を書いてきましたが、このブログでの旅行記はこの記事が最後です。

記事を読む



管理人ayanイラスト画像 こんにちは、ayanです。
1976年生まれの愛知県在住フリーランス、ブロガー、旅ライター。夫 娘2人 猫3匹と暮らしています。旅、英語、コーヒーが好き。

ヒトコト: 読んで役立つ、楽しめる、得する情報発信を心がけています! 暮らしの中に楽しみを見つけ、好奇心をもってワクワクする日々を過ごせるよう、アンテナを立てています。

レビューズ公認ブロガー、GOTRIP!旅ライター、リトレンゴ公式ライター、チェコ親善アンバサダー2018。

ライターとしての執筆実績はこちら

詳細プロフィールはこちら

ブログ運営ポリシー

記事数 : 1,248 / コメント数: 2593

▼更新情報を配信しています。
  Google+ follow us in feedly

わらしべ暮らしのブログFacebookページ

海外旅行記Pick Up!

チェコ旅行記2018

北欧の田園を旅しよう

チェコ旅行記

フィンランド&エストニア旅行記

ニュージーランド旅行記

オキシクリーン「オキシクリーン」でクッションフロア(床)の黒ずみがピカピカに!
オキシクリーンはで茶渋や水筒の内側も綺麗に。クッションフロアの黒ずみや床掃除にも。
頬のしみ・そばかす頬のしみ・そばかすをレーザーで取りたくて皮膚科に行ったのですが・・・
頬のしみ・そばかすを消したくて皮膚科を訪ねたとき、皮膚科医が私にすすめた方法とは。
ホームビジットホームステイ受け入れより気軽なホームビジット。いつものご飯を一緒に
ホームビジットは、ホームステイ受け入れより気軽に楽しめる身近な国際交流です。
海外WiFiレンタル イモトのWiFi海外旅行、ネットはどうすればいい? 海外WiFiレンタルならイモトのWiFi
海外WiFiレンタルのやり方を解説。海外でも普段通りにスマホやPCでネットにつなげます。
PAGE TOP ↑